1603tainan00
2月6日に台湾南部(高雄市)を震源とする大地震が発生し、約1カ月。倒壊したマンションの様子が日本でも報道され、心を痛めた方も多いと思います。地震発生直後から、SNS上では台南を気づかう声が駆けめぐっていました。

そんな中、Twitter上で生まれたハッシュタグ「#台南はいいぞ」をご存知ですか? 台南を愛する人々が、支援の思いを「旅への誘致」というアクションに変えたツイートの数々。見ているだけで今すぐ行きたくなる、台南の魅力が溢れまくっているのです!

【台南を愛する人たちの合言葉】

あの地震が発生したあと、台南に関するツイートが次々に投稿されていたことは、皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか。東日本の震災の折は、全力で日本を支援してくれた台湾

ひとりでも多くの方の無事を祈る声はもちろん、今度はこちらがお返しする番だと、かなり早い段階から募金などの情報も出回っていたように思います。

でも「“#台南はいいぞ”」というタグが生まれるや否や――悲壮感でいっぱいだった台南関連のツイートが、一変しました。このタグが、台湾の中でも特に台南を愛する人々の心に火をつけたのです。

これでもかこれでもかと、台南の良さをアピールする写真やイラストをTwitter上に投稿していく台南ラバーたち。多くを語らず、ただひたすら撒き餌のように次々と……その魅力的なことといったら! これが食いつかずにおれましょうか。

絶品の小吃(B級グルメ)や果物、樹木と一体化した古い家屋や、日本統治時代の建築物。細い路地に、ノスタルジックな映画館。趣のあるカフェや、キッチュな小物まで。

その色も佇まいも、台北のそれとは一風違います。こんなん見たら、今すぐ行きたくなるやないか〜〜〜〜っっ!

【次は台南に行きたいなん!】

実はあの地震の日、記者(私)は台湾にいました。といっても、滞在していたのは台北です。地震発生時、台北のホテルはほとんど揺れず、むしろ日本の友人や家族からの安否を気遣うLINEで被害状況を知り、ニュースを見て呆然としました。

1603tainan01
数年前から台湾の魅力にハマり、毎年のように台湾を訪れている記者。まだ台北にしか行ったことがなく「いつかは台南に」と思っていたのです。

帰国してからも、ずっとソワソワしながら台南の情報をTwitter上で追っていました。そんな中で「#台南はいいぞ」タグに出会い、台南のために、何ができるか。何をするかが、スパーンと決まったのです。

いつかじゃなくて、次は台南だ!!」そうして写真撮りまくって一緒に参加するのだ、「#台南はいいぞ」タグに!! 

3月も半ばを過ぎると、台湾では早くもマンゴーが出回り始めます。暖かく暑すぎず、ベストシーズンかも知れません。春先に旅の計画を練っている方は、ぜひ「#台南はいいぞ」タグをのぞいてみてください。

きっと言わずにいられませんよ。台南行きたいな〜んっ!

参照元: Twitter(#台南はいいぞ
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

▼台南グルメの写真がいっぱい!

▼マンゴーの名産地もとい聖地、玉井もすぐ近く☆

▼不思議な懐かしさを感じる建物や街角

▼ド迫力のまるごとメロン&いちごアイス

▼実は帆布も有名なんだとか。可愛い!

▼台南愛が溢れ出まくっているイラストも必見