岩手県大船渡市にあるクレープ屋さんのクレープが、Twitter上で話題になっています。まるで芸術品のように美しいクレープだというのですが、それってどんなクレープなんだろう?

Twitterユーザーからは、「とってもかわいい」や「食べに行きたい」などの声があがっています。

【岩手県で食べられる「椿クレープ」が美しい!】

注目を集めているのは、JR三陸鉄道南リアス線の盛(さかり)駅にあるクレープカフェ「ちっちゃなクレープ屋さん」が販売している「椿クレープ」。

クレープ生地とトッピングなどで、艶やかな椿の花を表現しているようです。同店のブログによると、椿が咲くころだけの期間限定クレープなのだとか。

【Twitterユーザーの声】

これについて、Twitterユーザーからは次のような声があがっています。

「椿クレープのお店は岩手県にあるのね!」
「次に大船渡へ行くときは絶対食べたいなぁ」
「椿クレープ食べたい……」
「椿クレープかわいいな……」
「大船渡に椿クレープたべにいきたいです」
「大船渡の椿クレープ、だと!?」
「とっても可愛い」

バラや桜をモチーフにしたスイーツってよく見かけるけれど、椿の花! 日本人に親しみのあるお花だし、なんだか粋な感じがします。椿が咲くころ、岩手県に行くことがあればチェックしたいですネ♪

参照元:ちっちゃなクレープ屋さん、Twitter / 大船渡 椿クレープ
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch