1604mcuppud13
先日、Twitter ユーザー @zizithedoll のジジの落書き(仮)さんのツイートを見て、衝撃を受けた記者(私)。

レンジdeプリン」という名前のとおり、電子レンジでプリンを作る方法が4枚の写真と一緒に紹介されているのですが、まあその簡単なこと。

一人分のプリンって、電子レンジでこんなに簡単に作れるの? マグカップで!? しかもカラメルソースつきで??? そりゃあ、作ってみるしかないでしょう!!

【レンジdeプリン作るよ!】

レシピによると、材料はタマゴ・牛乳・砂糖。使う道具もマグカップとスプーンだけだし、レンチン時間も2分+2分。あまりの簡単さにおののきながらも作ってみるよ!

1604mcuppud01
のっけからなんですが、牛乳を切らしていて家に豆乳しかなかった☆ 

1604mcuppud02

【基本は混ぜてチンするだけ】

まずはカラメル作り、砂糖と水を混ぜてレンチン2分。取り出すと砂糖が色づいているので、そこに少量のお湯をくわえて混ぜ、カラメルソース完成。

1604mcuppud02b
続いて牛乳(ここでは豆乳)とタマゴを混ぜ、カラメルソースを作ったマグカップに注ぎ、またレンチン2分。ホントにこんな簡単なやり方で作れてしまうのかと、ソワソワしながらレンジの中のカップを見守ります。

1604mcuppud02c
1604mcuppud03

【レンチンで2分後】

取り出して見たところ、なんか表面がブクブクしてる……本当にちゃんとできてるんだろうか。

ドキドキしながらお皿に伏せます。うなれ、記者のリラックママグカップ(ローソンでもらったやつ)!
1604mcuppud04
1604mcuppud05

いざっ! カパッ! 出来立てのプリンから、もうもうと立ち上る湯気。
1604mcuppud06

おお。見事にプリンになってます!
1604mcuppud07

Twitterの写真に比べるとかなり見た目が悪いけど……これは多分、加熱しすぎちゃったからかな? やや少なめの時間から様子を見たほうが良さそうです。

それでも、ちゃんとプリンが作れたのはやっぱり嬉しい! さっそく口に入れると、うおあっつ熱ッッッ! 思い切りヤケドしちゃったので、皆様もいきなり食べる際はご注意くだされ……。
1604mcuppud08

【ちゃんと牛乳で作った&冷やしてみた】

簡単につくれたことに気を良くして、今度は牛乳を買ってきました。最初に作ったものはタマゴの味が少し気になったので、今回はアレンジもくわえてみます

まず、混ざりきっていない白身を除くために、卵液を一度こしました。さらに、バニラエッセンスとラム酒を少し足します。あとは時間を少し短めにしてチン!
1604mcuppud09

1604mcuppud10

レンジから取り出してみると、最初に作ったときとプリンの表面が全然違います。これは上手くいったのでは……?

今度はちゃんと冷やして食べる所存なので、粗熱をとって冷蔵庫へ。
1604mcuppud12

【冷やした後】

1時間ほど冷やしてできあがったプリンは、つるんとなめらかで見るからにおいしそう! これだ、これが作りたかったやつだ! 
1604mcuppud13

口に入れるとフワンと広がるバニラとラム酒の香り、そしてふるふるのなめらかな食感。あああ、んまいっっ! ちょっと一工夫で、まったく初回と別のものが出来上がったよ……この手間は、かけるべし!
1604mcuppud14

正直、簡単にしかもおいしくできすぎて、ビックリしてしまいました。毎日食べたい味だし、実際にそれが電子レンジで作れるし、もう最高と言うしかない。ありがとう「レンジdeプリン」レシピ!

【作るときに気になったこと】

本当にお手軽にプリンが作れてしまう嬉しいレシピですが、少し気になったことを。まず、当たり前ですが、マグカップがめちゃめちゃ熱くなります

火を使わないのでキッズでも作れるかな? と思いましたが、やはりヤケドの心配はあると思いました。お子様と作る場合は、レンジからカップを取り出す際に、十分ご注意くださいませ。

また、熱々のカップに冷たい卵液を流し込むことになるので、温度差がかなりあります。容器が割れないように、電子レンジ対応の耐熱カップをお使いくださいね。

【作る時のポイント】

何度か実際に作ってみて、記者がポイントだと感じたのは「卵液をこす」こと。これだけで、仕上がりのなめらかさが段違いになるのでオススメです。

思い立ったらパパっと作れる手軽さが魅力のレシピですが、アレンジをする楽しみもありそう。コーヒープリンや紅茶プリンも作れるのかな……とワクワクしているので、記者もまたいろいろ試してみたいと思います!

参考元:Twitter @zizithedoll
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch

▼オリジナルレシピはこちら! 感謝!