日本中、そして世界中を熱狂させ続けてきたリオオリンピックも、いよいよ終盤戦!

そのオリンピックで、2016年8月17日(水)にスタートしたのが女子ゴルフ。いま、女子ゴルフの出場選手の中に「“優雅に休暇を楽しむマダム” のような女性がいる!」と、ネットを中心に注目を集めています。

【美女すぎるしオシャンティーすぎるぅ】

つばの広い麦わら帽子のようなサンバイザーを優雅に被り、身にまとっているのはスタイリッシュかつ上品な、ミニ丈のワンピース。

🌻🌻🌻🌻🌻

A photo posted by Maria Verchenova (@mariaverchenova) on

洗練された装いがよく似合うその女性は、ロシアのマリア・ベルチェノワ選手。美しい顔立ちといいスタイルの良さといい、いい意味で、ものすんごく目立っていますっ!

My first round not the best, but 3 to go. Love the course😍 #olimpics

A photo posted by Maria Verchenova (@mariaverchenova) on

Amazing morning today, warming up my short game before round 2. #olimpics #golfolímpico

A photo posted by Maria Verchenova (@mariaverchenova) on

【どうしても目で追ってしまいます】

第2ラウンド終了時のベルチェノワ選手の順位は31位。日本時間の今夜19時半からスタートする第3ラウンドで、どこまで順位を上げるかが気になるところ。でもプレイ内容もさることながら、輝くような美麗なたたずまいに、まずは目が行ってしまいそう。

そんな唯一無二の存在感、華やかな “セレブオーラ” を放つベルチェノワ選手。ツイッターにいろいろなコメントが投稿されています。

「リゾートでゴルフを楽しむマダムのような格好だわー」
「ユニフォームすごい可愛い」
「キャップじゃなくてハット被ってらっしゃる!」
「めっちゃ優雅だわ」
「バカンスみたい……」
「エレガントで素敵」
「スカートがロシア国旗の色合い」
「出で立ちはまるで貴婦人」

みなさまも、すっかり魅せられてしまったようですねぇ。その気持ち、わかる!

【親近感がわくプロフィール】

ここで、ベルチェノワ選手のFacebookページにいろいろ興味深い情報があるので、すこし紹介しますね。

1986年3月生まれの現在30歳、身長174cmのベルチェノワ選手。ゴルフは12歳の頃から始め、モスクワ大学ではスポーツを学んだんですって。

趣味はファッションのほか、歌うことや踊ること、ワークアウト、読書、友人たちと会うことが好きだそうです。ごくごく普通の女性とおんなじで、なんだか親近感が湧いちゃいますよね♪

【ロシア女子ゴルファーのパイオニア】

親しみやすい一方で、「ロシア初の女子プロゴルファー」、「レディース・ヨーロピアン・ツアーにフル参戦した初のロシア人」といった、 ロシア人ゴルファーとしてのパイオニアの一面を持ち合わせています。知れば知るほど、目が離せなくなります!

【活躍をテレビでチェック☆】

注目の第3ラウンドは、本日19時からフジテレビ系列局で、その後は深夜1時20分からNHK BS1でライブ中継されます。気になった方はぜひとも、ご覧になってみてくださいね。

参照元:マリア・ベルチェノワ選手 [公式サイトFacebookInstagram]、Twitter検索「ゴルフ ロシア」
執筆=田端あんじ (c)Pouch