1

数日前にツイッターに登場、今なお注目を集めているハッシュタグ「#男のためじゃない」。

こちらで挙げられているのは読んでそのまま、男性のためにしているわけではないのに「男のためにしてるんでしょ?」と言われがちな事例や、意見なんか聞いてないのに「男ウケ悪いよ」とダメ出しされた事例ばかりです。

メイクするのも化粧するのもセクシーな洋服を着るのも習い事するのも、他ならぬ自分のため。男性のためでは、決してない。

女性である私たちが常日頃抱えている不満が思いっきりぶちまけられているタイムラインを眺めていると気分爽快、「いいね」ボタンを押す手が止まらない。首を大きくブンブン、縦に振らずにはいられないーっ!

【男のためにやってるんじゃないの!】

「髪を切れば『失恋か?』 普段と違う服を着れば『今日はデートか』 暑いからと薄着になれば『誘惑しないでよ〜』 メイクがばっちりだと『ナチュラルの方が男は好きだよ』 いいか、何度でも言うぞ。私が私のためを思って私の体を改造しているんだ、うるせぇ黙ってろ!」

「私『料理が趣味なんだ。最近作ったのは〜』 友『え!男が好きなのは冷蔵庫の残り物でパパッと〜』 趣味なので時間やお金をかけて楽しんでいるんです」

「料理すると『いいお嫁さんになれるね!』って、なんで結婚前提なの?」

「『実は男は肉付きの良い女が好きなんだ』だからなんだあっちいけ。私の体型は男のためじゃない」

「ブラジリアンワックスでVIO脱毛してるのを知った瞬間『俺は生えてる方がいい』と彼氏ですらないモブ男が ”好み” オーダーしてくる確率、100%」

「男『ガウチョって男ウケ悪いよ』 私『通気性良いし楽だから』 好きな服装させろ」

「飲み会で40代男上司に趣味を訊かれて:自家製の梅干しを漬ける→男のため 鰹節でダシを取る→男のため 北斗の拳ファンだ→男の影響ガー 合気道を習う→男の影響ガー ロシア語を学習→さてはロシアに男ガー ……お前の話の引き出しの貧しさに泣けたわ」

【共感する女性もいっぱい】

こちらは寄せられたツイートの、ほんの一部。「あまりにもそうそう! あるあるある! と共感の渦に巻かれた状態になりテンション上がってRTしまくる」「あー頷きすぎて首むち打ちなるー」といった声も、多く見受けられました。

ホントにね、「男のためじゃない」もそうですが、同時に「そもそもお前のためじゃない」とツッコミたくなるものばかりですよねぇ。いつも思うけれど、どうして無意識に「オレが基準」になっちゃうんでしょ?

【見ていて元気が出るハッシュタグです】

私も上記にあるようなことを言われた経験があります。むしろ、こういったことを言われたことがないというほうが稀なケースなのではないでしょうか。

だからこそ、ハッシュタグ「#男のためじゃない」の登場は頼もしいかぎり! 読んでいるだけでスカッとすることウケアイなので、うっぷんが溜まっているという女性のみなさんは、読んでみたらいいと思うよーっ♪

参照元:Twitter #男のためじゃない
執筆=田端あんじ / 画像=Pouch (c)Pouch

▼「ネイルは男のためにやってないの…」
1
▼「……」
3
▼「自分のためよ!」ズバーンッ!!
2