o

2016年11月9日に放送された、日本テレビ系ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子(以下、地味にスゴイ!)』第6話。

番組の最後の最後で、菅田将暉さんが演じる折原幸人のまさかの告白シーンが登場。石原さとみさん演じる主人公・悦子はもちろん、視聴者の女性全員の心をズキューン!!! と射抜いてしまったようなのです。

【デートをキャンセルし仕事を頑張る悦子】

『地味にスゴイ!』は恋愛が中心のドラマではなく、仕事に焦点を当てたドラマ。公式サイトには「仕事って、本気でやれば、超・おもしろい」と謳われています。

この第6話でも、仕事の話が中心。安藤政信さん演じる、作家として力を発揮しきれず、今はバイク便をやっている男・桐谷の作品を、校閲部が一丸となって徹夜で校閲。悦子はひとめ惚れした相手・幸人にデートに誘われていたにもかかわらず、なんとか作品を完成させたいと必死で仕事に打ち込みます。

【えっ このタイミングで言っちゃうの!?】

そんな悦子を見ていた幸人は、ラストのほんの数分間、エンドロールが流れ始めた直後に突然、愛の告白をするのです。

「えっちゃんはやっぱり、思ってたとおりの人だった。今更だけど……オレ、えっちゃんのことが好きだよ。大好きだよ」

えっ、告白きたーっ!

【キュン死する人が続出】

ドキドキドキュンなこの展開、ツイッターには「ストレートな告白にキュン死」「爆発した」「破壊力ハンパじゃない」という声や、「ヤバい」「かっこよすぎ」「ねえまってむり」「こんなこと言われたいよ……」という声が。

また「告白シーン好きすぎて52476回は見てる」「あああああ〜〜わたしも幸人くんのことがだいすきだよ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!」という声も。ツイッターユーザーのみなさまも大興奮!

【男同士の熱いハグシーンにもキューン!】

ちなみに告白シーンの直前にあった、青木崇高さんが演じる校閲部・貝塚と、幸人の編集と作家の絆が描かれたシーンにキュンキュンきたという人も多数いたよう。

ハグされたことによって挙動不審になる幸人に萌え、熱いハートを持つ貝塚に胸を撃ち抜かれたという女子のコメントが、ツイッター上に溢れておりました。

今後どうなっていくのか、悦子はどんな返事をするのか非常に楽しみなところ! 大人になると、ここまで真っ向勝負な告白ってされないものですよね……ああ、ただただ悦子がうらやましいよおおお!!

参照元:『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』YouTubeTwitter検索「幸人 告白」
執筆=田端あんじ (c)Pouch