美しい女性と一緒にファンタジックな写真のモデルとなっていたのは、大きな大きなクマさん。「リアルだな、でもきっとCGだろうな」と誰もが思うことでしょうが、実はクマさんは本物だというのだからすごいッ!

ロシア・モスクワに暮らすオスのクマ、ステファンは、23年前に森の中で瀕死の怪我をしているところをハンターたちによって発見されたのだそう。

発見時のステファンは生後3カ月ほど。幼く、さらに負傷までしているコグマをたった1匹そのまま残しておけず、パンテレンコ夫妻が引き取ることを決意したのだそうです。

【動物タレントとしても活躍しているみたい】

パンテレンコ夫妻の夫・スヴェトラーナさんと妻・ユーリさんと共に暮らすうちに、クマのステファンは人間のように成長。

庭の草木に水をやったり、テレビを見たりするのが大好きなのだそうで、俳優(!)としても活躍しているとのこと。

【奇跡に近いこと】

公式サイトには「ステファンはスマートで親切、そして驚くほどに美しいクマです。しかしこういったケースは例外中の例外といえるでしょう」という記載があって、奇跡に近い事象だという見解を夫妻自身も持っているのだということがわかります。

【想像はしていたけど…食べる量がハンパない!】

海外サイト「daily mail」によれば、ステファンは全く攻撃的ではなく、夫妻は1度も噛まれたことがないとのこと。毎日、魚と野菜、卵を25キロ食べるのだそうで、その食費を想像するだけで震えてしまうわ……。

【クマだけど冬眠しないのね】

美しく、迫力のあるステファンの写真がたくさん投稿されている夫妻によるインスタグラムは、必見です。まるでディズニー映画のような光景にうっとり、かつて野生のクマだったとは思えない姿にびっくり。

雪の中で遊んでいる投稿もあって、ステファンはおそらく冬眠しないのでしょうが、動物も人間同様、環境だけでここまで変わるものなのですね!

参照元:medvedstepan.ru(公式サイト)Instagram @svetlanko69daily mail
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼まるで絵本の世界です