neko

この世には、 “運命の出会い” としか言いようのない出会いというものが存在します。インスタグラムユーザーFuku20160815さんの身に起こった出会いは、まさしくそれ!

2016年8月15日の終戦記念日、福岡県を旅行後、Fuku20160815さんは帰路のサービスエリアで捨てられた白猫を発見。迷ったものの引き取ることを決意、家がある愛知県まで、12時間も運転して連れて帰ったというのだからスンゴイ。

【妊婦さんだった白猫ちゃん】

しかし驚くのは、この点ばかりではありません。病院へと連れて行ったところ、なんと白猫ちゃん、妊娠しているというではありませんか。

医師は「堕胎も選択の1つ」と告げたのだそうですが、最終的には出産させることを決意。無事に5匹の子猫がこの世に誕生して、結果的には6つの命を救ったことになったんですって。縁って、どこに転がっているかわからないものですね……!
neko3

【命名「ふく」ちゃん!】

「予想推定8ヶ月。メス。オッドアイの白猫は、幸福をもってくる。鍵しっぽは、幸せを引っかけてくる。白猫は縁起がいい。パーフェクトにあてはまる(笑)」(インスタグラムより抜粋)

こうして “ふく” と名付けられた白猫ちゃんは、愛情をめいっぱい注がれて、子猫たちと一緒に元気に暮らしている様子。インスタグラムで猫たちの可愛らしい姿が更新されるたびに、幸せと感動で胸がいっぱいになります。
neko5

【飼い主さんに話をうかがってみた】

それにしてもFuku20160815さんの決断は相当、思い切ったものでしたよね。頭ではわかっていても普通はなかなか、行動に起こすまでにはいかないもの。当時の気持ち、本音を知るべく、実際にお話をうかがってみました。

Q1 保護しようと決心したきっかけはなんですか?

「きっかけは、特にないです。直感というか、タイミングというか。なぜかどうしても、置いて帰ることができなかったんですよね」
「保護っていう言葉を使うと、すごくいいことをしたように聞こえるかもしれないしみなさんそう言って下さるんですけど、私としては『保護しよう!』って感じではなくて。やっぱり運命だったのかな? 旅行の帰り道だったことなど、色んなことが重なった結果だと思っています」

Q2. 突然のことで不安になりませんでしたか?

「なりました。特に不安だったのは、保護して愛知県に連れて帰った日の次の日。 “家の中に猫がいる” という今までになかったことが日常として目の前にやってきて、わりと自由に暮らしてきたのもあり、戸惑いを感じました。妊娠がわかった日も、不安でいっぱいになりましたね」

しかしFuku20160815さんは、ふくちゃんがスヤスヤ眠っている姿を見た瞬間に「この気持ちよさそうな寝顔を守ってあげたい」と思ったのだそう。妊娠で不安が増したときにも、寝顔を見たらすぐ、「元気な子供を産んでほしい」と思えたんですって。

【子猫たちは両親や友人と手分けして飼う予定なんだって】

最後に、産まれてきた子猫ちゃんたちを今後どうするのか尋ねてみたところ、「里親募集はせずに、自分と両親と友人とで飼うことになりそうです」という答えが返ってきました。

nekoo2

「里親に出すのは生後2ヶ月を過ぎたくらいに、と思っているので、ふくファミリー全員で過ごす日々もあと少しです」、とFuku20160815さん。

しかしながら飼い主となる人全員が、ごくごく近しい間柄。これならファミリー全員集合する日も、たまには作ってあげられそうですねぇ。

【お互いが幸せになれた出会い】

ドラマチックな出会いを経て、幸せな日々をつかんだふくちゃん、ふくちゃんのベイビー、そしてFuku20160815さん。これからもインスタグラムで愛らしい姿を観るのを、楽しみにしています!

参照元:Instagram @fuku20160815
Photo:Fuku20160815, used with permission
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼インスタをみると当時の様子がよく伝わってきます
サービスエリアで捨てられていた時

ふくとの出会い① ・ この子にわたしが出会ったのが8月15日。 お盆でたくさんの人が入り乱れるサービスエリアで、堂々と歩きごはんを食べている人や、集まる人たちに、ニャーニャーと猛アピールの謎の猫。 ボロボロの首輪を一応しているし、迷い猫?捨て猫?飼い猫?と気になって気になって、店員さんに声をかけた。 ・ ・ とても優しい店員さんで、自分はわからないからと他の店員さんに聞いて回ってくれ、支配人を呼んでくれた。 10日前くらいに現れて、捨てられたのだろうと。 ・ どうしたのですか?欲しいのですか?の問いに、どうしてここにいるのかが気になったのと、今後この子はどうなるのかなと気になって、、、と答えると 欲しかったらどうぞ。ここにいても、揚げ物しかあげられないし、そのうち車にひかれてしまうかもしれないし。と、、、。 捨て猫なら、保護や里親募集。迷い猫なら飼い主を探すなど頭で考えながらも声をかけたのはいいものの、ここは福岡県! ・ ・ 私、愛知県の者なんです。。だから、んーと困ったなとモゴモゴ話すと そこはみなさんなぜかスルー笑 ・ 気がついたらたくさんの店員さんがでてきて、 「捨てられたんよー、いつもここにいてかわいそうだから、ネコ好きな人にかわいがってもらいー」と、次々猫に声をかけ出す笑 ・ んーと困ったと固まる私笑 ②へつづく。 (写真はサービスエリアでのふく。写真お借りしました) #オッドアイ#白猫#保護猫#ふくとの出会い

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

ふくとの出会い② ・ 色んなことが頭の中を駆け巡り、よし連れて帰ろう!と決心。 ・ みなさん、とっても協力的で 段ボールを用意してくれて、かわいそうだけどとりあえずねと言い聞かせ、段ボールにイン!笑 ・ ニャーニャー叫ぶ鳴き声と、段ボールの隙間から飛び出る白い手。完全にこれじゃあ、不審者か誘拐犯だよと思いながらも サービスエリアのみなさんに見送られ、福岡県を出発! 長距離の移動に加え、なんと私の車は軽自動車。それに、後部座席は段ボール1個も入らないくらい荷物でパンパン! 猫ちゃんごめんよー、と思いながらも高速をすぐ降りてホームセンターへ。 ・ 新しい首輪とリード、餌、おしっこのシートを購入して、あまりにも泣き喚くので 段ボールから出しての移動が決定したのでした。 ・ パニックになったらどうしよう。あばれまわったらどうしよう。と色んな不安を抱えながらも とにかく出発! はぁー困った困ったと言いながら、ふくとの長旅がスタートしたのでした。 ・ ③へつづく。 (写真はサービスエリアでのふく。写真お借りしました) #オッドアイ#白猫 #保護猫 #ふくとの出会い

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

▼12時間かけて運転して保護

ふくとの出会い③ ・ とりあえずあげた餌を貪り食うふくを横目に、捨てられたとサービスエリアでは言われたけれど、一応しているボロボロの首輪がひっかかり、携帯で迷い猫情報などをひたすら検索していました。 ・ するとTwitterで8月8日にサービスエリアでこの子を見かけた人がなんと1名! とゆうことは、少なくとも8日間はサービスエリアで野良生活をしていたんだなと心が痛みました。(①②この方の写真お借りしました) ・ それ以外の情報はなし。支配人には携帯番号と名前を念のため教え、もしも何か連絡があればと伝えたけれど、 ネットでサービスエリアが24時間稼働していて、人の出入りも多く、餌ももらいやすいとゆう理由から近年、サービスエリアに猫を捨てる人が増えているとゆう記事をみつけ、 そーであって欲しくないと願いながらも、人家なんて周りにないサービスエリアで突然現れたこの子は、迷い猫とゆう可能性は限りなく少なく、どんな思いでこの子は 鳴き叫んでいたんだろうと考えると胸が締め付けられる思いでした。 ・ そんなことを考えながらも、長旅はスタートしたわけで たくさんの長旅での起こりうる不安をかき消してくれたのがこの子の とびっきりのゴロゴロとふみふみ!わたしの膝でゴロゴロふみふみ。ゴロゴロふみふみ。 ・ えー!!! もうゴロゴロとふみふみですか!と驚きを隠せない笑 ゴロゴロとふみふみ、安売りしすぎじゃないですか??と笑 ・ そして、私のシートベルトにちゃっかり入りあっさり就寝。 え?そんなことってあるの??かわいすぎでしょ!! ・ 途中休憩で寄ったサービスエリアで、車でお留守番中こっそりおもらしを2回したふく。 うんうん、しょーがないよね。ゴロゴロしてるけど不安だよね。しょーがないしょーがない。 ・ 12時間の長旅の間、お利口具合に本当に終始驚きで早朝4時に名古屋につき、閉店間際のドンキホーテに猫用品を買いに駆け込んだのでした。 ・ そんなこんなで12時間かけて、福岡県から愛知県につれてこられたふく。 悪いようには決してしないからね。美味しいものをたべて、ゆっくり寝れて、安心できる生活を送ろうね。 長旅お疲れ様!ようこそ愛知県へ! ・ こんな経緯をへて私とふくとの生活がスタートしたのでした! #オッドアイ #保護猫 #白猫 #ふくとの出会い

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

▼命名:ふくちゃん

▼妊娠発覚した時

たくさんの、いいね!やコメント、フォロー本当にありがとうございます。 ・ 実家では以前4匹の猫を飼っていましたが、初めて自分で飼う猫が お腹に赤ちゃんがいるとゆう妊婦猫。 ・ 獣医さんに聞いた時は、正直戸惑いほんと固まりました汗。たった数日のふくとの生活で、心配性からか疲労困憊。 そこへ、まさかの妊娠。頭の中は、喜びや楽しみより先に不安のほうが大きくて、どうしよう。でした。 ・ 妊婦期間に出産、授乳期間に里親探し、そこから避妊手術。無事に産まれてくるのだろうか。出産の経験なんてないし、家で出産時あたふたしないだろうか。里親募集の経験もないし、私にできるだろうか。もし貰い手が見つけられなかったら、私は責任をもって子猫たちを育てられるだろうか。 ・ いろんな事が頭をめぐりました。 妊娠中の血液検査は正確ではないらしく、出産を終えないとできないと言われ、ふくの血液検査もまだできず、目立った病気はみられないけれど、そこも心配の一つでした。 ・ 獣医さんからは、この子だけを助けてあげることも選択肢の一つです。1週間以内に返事を下さいと言われました。 ・ 実家に寄り家族に報告し、雑談しながらも、ただただ不安で、どうしようばかりが頭をグルグルしていました。そして、赤ちゃんがいなかったら2.6キロくらいの少し小柄なふくなので、まるで子供が子供を産むような複雑な気持ちにもなりました。 ・ けれど、 ふくの気持ちを想像し、サービスエリアで必死に鳴き叫ぶあのふくの顔を思い出し、ゴロゴロふみふみする気持ちよさそうなふくの顔を見ていたら 不思議とふくに、元気な赤ちゃんを産もうね。と声をかけ覚悟が決まったのでした。 ・ 今は、不安が0ではもちろんないですが、誰もが経験できることでもなく、こんな経験をさせてもらえるふくに、ありがとうの気持ちでいっぱいで 毎日元気な赤ちゃんを産むんだよーと声をかけ 不安でありながらも楽しみに思っています。 ・ たくさんの方に応援していただき、見守ってもらえているふくは本当に幸せ者です。 いいね!をお返ししたりコメントをきちんとお返ししたりが、なかなかできずにいますが とても嬉しく思っています。ありがとうございます。 ・ まだはじまったばかりですが、これからもどうぞよろしくお願いします。 #オッドアイ#白猫#ふくちゃん#保護猫#妊婦猫

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

▼お腹が大きくなってきたよ

▼無事出産!!

2016.09.19 22時過ぎに破水?して 約2時間。 今のところですが、見たかんじ母子共に健康で無事元気な赤ちゃんを5匹産むことができました♡ ・ 産箱が左右2つ並べてあったのですが、途中3匹目と5匹目だけ右の産箱に移動して産むとゆう(赤ちゃん放置のまま)ドキドキハラハラで、どうなることかと目が離せませんでしたが、ふくも頑張って5匹産むことができ、ホッとしたところです。 撫でて撫でてーと産む時も側にいさせてくれたので、終始見守ることができ、とても貴重な経験ができました。 ・ たくさんの方に、見守り応援していただいて本当にふくもわたしも 感謝の気持ちでいっぱいです。 本当にありがとうございました! これからは、休む間もなくふくには育児を頑張ってもらわないといけません。 引き続き見守って頂けたら嬉しいです♡ ・ 本当にたくさんの応援ありがとうございました♡取り急ぎ報告でした♡ #保護猫 #白猫 #オッドアイ #妊婦猫 #ふくちゃん#ふくチビズ

A video posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

▼すくすく成長中のニャンコたち! 幸せにね!

ふくも大変 #ふくファミリー#ふくママ#授乳中

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

ごはんだよー #ふくファミリー #ふくごはん

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on

食べたら寝る #ふくファミリー #埋もれるふくママ

A photo posted by Fuku20160815 (@fuku20160815) on