640
【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのはメリル・ストリープとヒュー・グラントが夫婦を演じる実話の映画化『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(2016年12月1日公開)です。

本作は以前、当サイト「Pouch」で紹介したフランス映画『偉大なるマルグリット』と同じ実話をもとにしています。ヒロインは実在したN.Y社交界のオンチ歌手、フローレンス・フォスター・ジェンキンスで、彼女自身についても記事で取り上げています。

この映画では、とにかくメリル・ストリープのオンチ歌唱が凄い! では実話をもとにした物語からいってみましょう。

【物語】

フローレンス(メリル・ストリープ)はN.Y.社交界のマダム。音楽が大好きな彼女は音楽家を支援するためのクラブを創設して数々の公演も行っています。

640-4

やがて彼女の音楽好きは「自分も大観衆の前で歌いたい」という欲望へと発展していきます。そんな彼女をかいがいしく世話するのは、夫のシンクレア(ヒュー・グラント)。

640-5

彼女の願望を実現するために、著名な音楽家と新人ピアニストのコズメ(サイモン・ヘルバーグ)による声楽レッスンが始まりますが、その声を聴いてコズメは耳を疑います。フローレンスは壊滅的なオンチだったのです!

640-1

【真実を告げないのは愛があるから】

最初に「おお~!」と驚くのは、やはりメリル・ストリープの歌でしょう。彼女は歌唱力がある女優ですが、フローレンスとしてすっごいドヘタ歌唱を披露するのです。もともと下手ならいいけど、歌唱力のあるメリルが、こんなヘンテコな声を出すのはけっこう大変だったのではないかと思われます。その歌声を聴いて、誰もが「ふふ」とかニヤニヤしてしまうかもしれません。

しかし相手が資産家でなくとも、オンチな人に「オンチだね」ってなかなか言えるもんじゃありません。だって絶対に傷つけちゃうから。でも普通は自分で気づくじゃないですか「自分、歌うまくない」って。

でもフローレンスは気付かないんですよ。で、みんながほめるから自分の歌声に自信を深めていくのですね。もちろん夫のシンクレアも真実は語りません。彼女を絶対に傷つけたくないから。誰かが真実を告げようとすると、口止め料まで払ったりして徹底的に阻止します。

その裏にはフローレンスの秘密が関係しており、彼女にオンチであると告げることは、音楽を奪うことであり、それは彼女を破滅させてしまう大変なことなのです。

640-2

夫にどっぷり甘えっぱなしの乙女のようなフローレンスと、彼女を命懸けで守る騎士のようなシンクレアを演じるメリルとヒューは本当に素晴らしくてお似合いです。最初にこの二人が夫婦役と聞いたときは「ムリムリ!」と思ったけど、すみません! この二人以外に誰が演じるの? という相性の良さ、胸が熱くなる夫婦愛を見せてくれます。

640-3

【フランス版と見比べてもきっと楽しい!】

2016年2月に日本公開された、フローレンスを題材にしたフランス映画『偉大なるマルグリット』との大きな違いは、ヒロインの夫のキャラクターです。フランス版の夫は、妻のオンチ歌唱にうんざりして、協力しません。ゆえにオンチのヒロインは実に孤独で、彼女は夫の愛を取り戻したくて、孤独を癒したくて、歌にのめり込んでいきます。

ヒロインがオンチの富豪夫人で、大きなリサイタルを開こうとするというベースは一緒ですが、キャラクターの違いが映画のカラーをガラリと変えるものだなと、ある意味おもしろい。フランス版は少々ブラックで、アメリカ版の本作は夫婦愛のぬくもりに満ちています。フローレンス・フォスター・ジェンキンスに対する監督の解釈の違いが映画に大きく反映されています。

ちなみに、実際のフローレンスは歌声を酷評され続けたにもかかわず、映画と同様、1944年にカーネギーホール(N.Y.)でコンサートを開催し、満席で大盛況! おまけにレコードもリリースしており、なんとデヴィッド・ボウイの愛聴盤だったとか。恐るべしマダム・フローレンス! ご本人は、映画のフローレンスよりも強くたくましく我が道を行くマダムだったのかもしれません。

執筆=斎藤 香(c)Pouch

640-6

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
(2016年12月1日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダほか
(C)2016 Pathe Productions Limited. All Rights Reserved

▼『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』予告編