新緑や紅葉した葉っぱ、花びらや木の実を拾い集めて楽しんでいた子供のころ。みなさんにもきっと覚えがあるのでは?

あの弾んだ気持ちを思い出させてくれるアート作品を制作し、日々インスタグラムで公開しているのは、アメリカ・シアトルに暮らすボタニカルアーティストのブリジット・ベス・コリンズさんです。

コリンズさんが作っているのは自然のものを材料にした鳥や動物、季節のモチーフのほか、メキシコの女性画家フリーダ・カーロの姿を描いた作品や、グスタフ・クリムト作『マザー&チャイルド』のオマージュ的作品もあります。

【草花を可愛らしいアート作品に】

3人の息子たちと一緒に庭いじりをしたり、散歩をしたりするのが大好きだというコリンズさん。家族旅行の際などで出会った美しい草花を持ちかえってはアート作品へと変えてゆくのだそうで、できあがったものはどれも色とりどりで鮮やか!

【柔らかで優しいタッチが特徴です】

色とりどりで鮮やかといっても、派手な印象はなく、むしろとってもソフト。自然ならではな優しい色合いや画のタッチがそうさせるのでしょうが、全体的にほんわかとした雰囲気なので、お部屋にもすんなりと馴染みそうなんですよね♪

Lilac Breasted Roller

A post shared by Bridget Beth Collins (@flora.forager) on

🌨

A post shared by Bridget Beth Collins (@flora.forager) on

【購入することもできるよ】

イラストと草花がコラボレーションしている作品の数々は、絵本の世界のようにファンタジック。ほんのりとした温かみのあるコリンズさんの作品をもっと見たいというあなたは、彼女のインスタグラムや、公式サイト「Flora Forager」をチェックしてみてください。

ちなみに「Flora Forager」では作品を購入することもできるようです。プレゼントとしても、きっと喜ばれると思いますよぉ!

参照元:Flora ForagerInstagram @flora.forager
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼見ているだけで癒されます

❄️

A post shared by Bridget Beth Collins (@flora.forager) on

▼ピカチュウも発見!