sakura1
まだまだ寒いけれど、これを乗り越えればポカポカ陽気の春がやって来ます。満開の桜の下でのお花見を想像すると、ほんのちょっぴりウキウキします!

本日、2017年2月23日に地ビールメーカーのサンクトガーレンから、心が華やぐ春の新作ビール「サンクトガーレン さくら」が発売されます。このビールは本物の桜を使っていて、ほんのり桜餅風味なんですって!

【長野・高遠の桜を使った地ビール】

「サンクトガーレン さくら」は、桜の名所として知られる長野県伊那市高遠の桜を使った地ビールです。

ビールの苦味のもとになるホップの量を抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付け。香料を一切使わずに、ほんのり桜餅風味のビールに仕上げているそうです。

また、通常のビールは大麦麦芽で作られるけれど、このビールには小麦麦芽を併せて使用していて、やわらかな口当たりを楽しめるのだとか。
sakura2

【伊那市長のリクエストで誕生】

「サンクトガーレン さくら」が開発されたのは、伊那市長のリクエストがきっかけだったようです。サンクトガーレンでは、秋冬限定で「アップルシナモンエール」という焼きリンゴビールを発売していて、これに伊那市のりんごを使っているみたい

それが縁になり、もう1つの名物である高遠の桜を使ったビールを開発して欲しいという要望があったんだって! 

販売期間は2月23日から4月初旬まで。桜餅風味のビールなんて飲んだことないけれど、とっても興味ある、ある! お花見をしつつ飲むのにぴったりかも?

参照元:プレスリリースサンクトガーレン
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

▼「サンクトガーレン さくら」のお値段は463円(税込)なり!
sakura3
sakura4