soup1
毎日寒いのに、それに輪をかけるように給料日前はフトコロが寒い……! 

そんなときにぴったりのメニューが、スペイン名物のガーリックスープ「ソパ・デ・アホ(Sopa de Ajo)」。ニンニク、卵、パン、コンソメスープがあればできる、簡単に作れてお腹にたまる経済的なスープです。でもなにより、美食の国・スペインの名物スープだけあって、とってもとってもおいしいんですよ!

パンはふわふわのものよりも、賞味期限が迫ったもの、少々硬くなったものを使うのがスペイン流。冷蔵庫や冷凍庫に眠っているパンでも十分おいしく作れますよ。お腹を空かせたアミーゴス、今夜の夕食にいかが?

それでは早速、はじめましょう。

【材料】(1人分)

soup2
ニンニク・・・1〜2片
オリーブオイル・・・大さじ2
パン・・・6枚切り1枚、またはバゲット1/6本
水・・・300cc
固形または顆粒状コンソメ・・・1/2コ(小さじ1)
粉末パプリカ・・・小さじ1
卵・・・1コ
塩・・・少々
パセリ・・・あれば

【作り方】

1. 鍋にスライスしたニンニクとオリーブオイルを入れて弱火にかける。ニンニクの香りが出てきたら、1.5cm角にカットしたパンを加えて炒める。

soup3

2. パンがオイルに染み込んだら、粉末パプリカを加えて軽く炒め、お湯で溶かして作ったコンソメスープと塩少々を加える。

soup4

中央に卵を割り入れてフタをする。卵が半熟状になるまで2分ほど煮たらできあがり!

soup

【半熟卵をくずせばリッチな気分に♪】

soup5
ニンニクたっぷりのスープを吸ったパンのおいしいこと、おいしいこと……! 半熟卵をくずしながらいただくと、さらにぜいたくな気分になります。

なお、「ニンニクのスープ」だけあって、食べると口の中にニンニク臭が充満します。誰かに会う予定がある日に食べるのはちょっとキケンかも。

今回はベーシックなレシピをご紹介しましたが、刻んだハムやチョリソーを入れてもおいしくなりますよ。フトコロに余裕のあるときに、ぜひお試しください。

調理・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

▼スペイン人のおばさんが紹介するYouTube動画も合わせてどうぞ!