「死ぬまでにやってみたい〇〇個のリスト」みたいなものを誰でも1度は考えると思います。「どこそこに海外旅行に行きたい」みたいな、実現しようと思えばできそうなことから「バケツいっぱいプリンを食べたい」みたいな馬鹿げたものまで願い事はいろいろでしょう。

しかし、オランダに住む、御年99歳(!)のアニーさんの願い事はかなり独特でした。アニーさんの願いは、なんと「警察に逮捕されて牢屋に入ること」だったのです……!

99歳といえばかなりのお年。そこまで長生きできたこと自体がすごいですし、失礼だけど、天国への階段が近づく頃です。できればその願いを叶えてあげたい……だけど、できるの⁉︎

【警察の協力で願いが叶った】

「警察に逮捕されて牢屋に入る」なんて突拍子もない願いごと、普通だったら「ダメです」のひと言で却下されて諦めるか、したくもない人殺しや強盗をして無理やり叶えるしかありません。

ところがどっこい、アニーさんの姪が地元のナイメーヘン=ズイド警察にかけあったところ、もうすぐアニーさんが100歳の誕生日を迎えることの前祝いとして、特別に許可がおりたそうです。すごい! そして、オランダの警察、懐が大きい! 長生きはするものですね。

【おばあちゃん、牢屋に入って大喜び】

ナイメーヘン=ズイドの警察がBuzzfeedの取材に答えたところによると、当日はパトカーでアニーさんを迎えにいったそう。夢の叶え方がなんとも本格的です。「我々は普通はこんなことはしませんが、例外です」……そりゃそうですよね。

そんなこんなでアニーさんは念願かなって独房の中へ。独房の中にいたのは、たった2分ほどだったそうですが、ナイメーヘン=ズイド警察のフェイスブックには、満面の笑みで手錠をかけられ、独房の中からうれしそうに手錠のついた両手を見せるアニーさんの姿が……。なんというか、その笑顔は最高としか言いようがありません。

【私もくだらないまま年を取りたい】

さて、もし自分がアニーさんだったとして、100歳の誕生日を迎える前に、こんな願い事を口にすることができるだろうか……と考えてしまいました。日々、くだらないことばかり考えていますが、さすがに馬鹿みたいと思われそうとか、おとなげないと思われそうで、自分だったら言えない気がしたのです。

年を取れば、自然と大人らしい思考になるものだと思っていたのですが「三つ子のたましい百まで」というくらいですし、意外と変わらないのかもしれません。牢屋に入って大喜びするアニーさんの姿と、自分の姿がなぜか重なり、私も自分の中のバカバカしいマインドを忘れないようにしたいな……などとこっそり思いました。

参照元:BuzzfeedFacebook
執筆=御花畑マリコ (c)Pouch