モグモグモグモグ。小さなお口を動かしてなにやら食べていたのは、セルビア生まれのウサギ、ピギ(Pigi)くん。体のちっちゃな「アンゴラドワーフ」という種類のミックスなのだそうです。

お食事中のピギくんの口から1滴、また1滴と滴り落ちていたのは、真っ赤ななにか。真っ白なモフモフボディーがどんどん、鮮やかな赤へと染まっていく光景は、ちょっぴりホラーなんですけども……!!

【吸血鬼かよ】

しかし心配はご無用。公開された動画のコメントによると、お口のなかに入っていたのはイチゴチェリー。食べるといつも、こんなふうに口のまわりを真っ赤に汚してしまうみたいです。

Instagramにはほかにも「イチゴのみを食べる動画」もアップされているのですが、その様子は吸血鬼さながら! でもこんなに可愛らしい吸血鬼なら、ありっちゃあり。むしろ歓迎しちゃうかも!?

【汚れることを、気にはしているみたいです】

一方でピギくん、口の周りを汚しっぱなしにしているわけではないようで、別の動画では両手で何度も口を拭う様子が公開されておりました。モフモフした短い手足をバタつかせながら、口のまわりをふきふきする様子がなんともかわいいです。

Cleaning or karate? 😄

A post shared by Bunny Pigi (@bunnypigi) on

だけど拭うことでますます、汚れが拡散されているような……。お行儀がいいのはわかったけれど、キレイにするのは飼い主さんにぜーんぶおまかせしちゃったほうがいいかもねぇ。

参照元:Instagram @bunnypigiYoutube
執筆=田端あんじ

▼猟奇的(?)なお食事シーンはこちら

▼口の周りが赤いとドキッとしますよね

Give me those strawberries!! 🍓😋

A post shared by Bunny Pigi (@bunnypigi) on

▼「口の周りが緑」の動画も発見