推理小説やスパイ映画などによく出てくる、隠し扉。ただの壁だと思っていたところをポンと押した瞬間、あるいは本棚に並べられた本をグッと押し込んだ瞬間に、秘密の入り口が現れる……。あなたもきっと、目にしたことがあるのではないでしょうか?

本日紹介するのは、一見すると、インテリア要素の強い上質な家具。しかしその実態は、 “隠し引き出し” がいたるところに施された秘密のテーブル!

アメリカ・サンディエゴで工房を営むクレイグさんが手がけた「オートメーション・テーブル」は、デザインコンペティション「Veneer Tech Craftsman ‘s Challenge 2016」で賞も獲得している、世界に認められた逸品なんです。

【テーブルが動いたーっ!】

画像だけ見ると、ただのテーブル。ところが、YouTubeとinstagramに公開された動画を見ると、テーブルの特長がよーくわかります。

長方形型のテーブルの上にグッと体重をかけると、なんと上部がぐいーんとせり上がってきて、各所に隠れていた引き出しが次々に開きます。

【引き出しがいーっぱい出てきたーっ!】

驚くのは、ここから。テーブルのかどにはまだ隠れたままの引き出しを開くためのキーのようなものが入っており、これを引き出しの場所に当てていくと……あら不思議! 平面だと思い込んでいた部分がオープンしちゃった! ひょっとするとキーと引き出しには、磁石が内蔵されているのかも?

【へそくりの隠し場所としても◎】

テーブルの中には、引き出しのみならずパズルも隠されていて、遊び心満載。日本の寄せ木細工を連想させるこのテーブルならば、へそくりを隠しておいてもバレる心配がなさそうです。

18世紀に活躍したドイツのキャビネット職人、デイビット・ロエンゲンの作品からインスピレーションを得ているというだけあって、そのビジュアルはクラシックで優美。機能性と美しさを兼ね備えた「オートメーション・テーブル」が家に1つあったら、泥棒が入っても、大事な物を盗られないで済むかもしれませんね!?

参照元:Craig ThibodeauYouTubeInstagram
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼ワクワクしますねぇ♪

Here's the other end of the video from yesterday's piece showing more of the details from my Automaton Table. This one shows the spinning parquetry puzzle hidden in the top and the whole table closing back up at the end. There are some other hidden drawers and little details in the full video for anyone that's interested. You can see it on my YouTube page, search for CTFineFurniture and it will show up. Still super excited to have won the Grand Prize in the Craftsman's Challenge from Veneer Tech with this piece. The people at Veneer Tech are pretty awesome, they run this contest with no entry fees and have cash prizes for the grand prize and category winners. It's great publicity for them and us so kind of a win win situation. The video is by my friend Chad at @camerakungfu.

A post shared by Craig Thibodeau (@ctfinefurniture) on