【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、話題作『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017年4月7日公開)です。原作は、士郎正宗の漫画『攻殻機動隊』で、これをアニメ化したのが押井守監督作『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』。押井監督のアニメは多くのアニメーターや映画業界人に衝撃を与えた作品ゆえに、ハリウッド実写版がどのようになるのかは、ファンは期待に胸を躍らせたり「大丈夫か?」と不安になったりしたでしょう。

「原作やアニメ知らないと、わかんないんじゃないの?」という皆さん、この映画はマニア向けではなく良い意味で一般向け、ザ・エンターテインメントな作りになっています。というか女性に見てほしいSFアクション映画なのです。

【物語】

悲惨な事故から奇跡的に生還した少佐(スカーレット・ヨハンソン)ですが、脳以外は全身義体となっています。彼女は公安9課の仲間を率いて、人の脳をハッキングして自在に操作するサイバーテロリストを追いかけています。

壮絶なバトルに耐える肉体を持った少佐ですが、ときどき自分の記憶に不安がよぎります。本当の自分なのか、体だけでなく脳も操作されているのでは? と。 やがて彼女は真実を知ることに……。

【奇妙な感覚をも楽しむハリウッド版】

おそらく原作やアニメに思い入れがある人は「そもそもなぜヒロインがスカーレット・ヨハンソン?」と思うのでしょう。少佐の本名は日本名ですからね。

しかし、舞台は近未来で、脳以外は義体なので、表向きは男女の性さえもあまり問題ではないんじゃないかなあと。女性の義体を与えられただけで、脳はもともと男性というサイボーグも存在するかもしれないし、それもありだと思える混沌とした世界なんですよ。人種の違い、肌の色の違いってなんだ? と。

もちろん脳のルーツをたどれば、どこの国で生まれ育ったのかに言及していくことになりますし、家族の存在も関係していきますが、日本人のようだけど、スカーレットが演じているということが、この映画の奇妙な味わいにもなっています。少佐の脳も、彼女自身が信じる記憶は真実なのかと、少佐が悩み始めて物語は加速していくのです。

【ビギナーにはたまらん魅力がつまってる!】

原作やアニメは、人間の存在というものを深堀した哲学的な側面もあるようですが、ハリウッド版は、多くの人に見てもらうエンターテインメントの側面を重要視しています。ヴィジュアルはエキゾチックな近未来感満載だし、アクションも激しく浮遊感がハンパありません。本作は3D上映もあります。自分は2Dで見たのですが、おそらく少佐がビルの屋上からフワっと飛ぶシーンなど、3Dで見ると圧巻でしょう。

誰でも大いに楽しめるエンターテインメントに仕上げたのがハリウッド版『ゴースト・イン・ザ・シェル』。全米では「本来の魅力が薄められた」と辛口映画評もあるようですが、逆に自分はわかりやすくてホッとしました。そして映画を見て、強く惹かれ「アニメ版も見なくては」と。本作は『ゴースト・イン・ザ・シェル』ビギナーには、良いきっかけになる映画なんですよ。

【演技+壮絶アクション、無敵の女優スカヨハ】


アニメ版の押井守監督はスカーレット・ヨハンソン主演を聞いて、とても喜び「肉体の存在感が圧倒的で、固い表情で歩いているだけで、ちゃんとドラマが伝わってくる。存在感とカリスマ性が強烈なんだ」と語っています。さすが見抜いてらっしゃる。

彼女の凄さは静の演技、動の演技、それぞれ完璧にこなせる実力者であることが大きいです。例えば『真珠の耳飾りの少女』ではフェルメールの絵のモデルになった少女を演じ、『アベンジャーズ』では、ブラック・ウィドウで本作に負けないアクションを披露しています。つまり、複雑な内面を持ちつつ、常に闘うことを余儀なくされている少佐を演じるのにスカーレットは適役だったのです。また彼女はモデルのようなスリムな体型ではなく、肉感的なところも魅力。だから義体だけど人間味を感じさせ、感情移入しやすいのかもしれません。

ネタバレになるので、詳細は避けますが、ちょっとラブなエピソードもあるので、本当に女性にオススメです。スカーレットはかっこいいし、女性同士で見て盛り上がれるのではないでしょうか。

執筆=斎藤 香(c)Pouch

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
(2017年4月7日より、新宿バルト9ほか全国ロードショー)
監督:ルパート・サンダーズ
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・カルメン・ピット、ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュほか
(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.





▼映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』 予告編