動物をモチーフにしたぬいぐるみや抱き枕って、可愛いし癒されますよね♪ でもネットを中心に話題になっている “かに” モチーフのクッションは、可愛いというよりもむしろ、怖い。ツイッターには「カニクッションほしい」という声がいくつか寄せられていますが、造形があまりにもリアルなため、人によっては悲鳴を上げてしまうかもしれません。

Yahoo!ショッピングやAmazon.co.jpなど各種オンラインショップで販売されているリアルすぎる「かにクッション」のサイズは、65cm×90cmと超ビッグ。膝の上全体を占領してしまう大きさのかに……想像しただけで背筋が寒~くなっちゃいます。

【食べたくなっちゃうくらいにリアル】

リアルなかにの姿が裏面までしっかりプリントされている「かにクッション」。360度、どの方向から見ても “かに” そのもので、特にお腹の部分は超精巧。思わず割って食べたくなってしまうわ。

【2体だったら寂しくないね】

手足が自在に動く仕様なようで、ポーズをとるのはお手のもの。その日の気分に合わせて色んな格好にさせることができるし、2体合わせればそこに新たなるストーリーが生まれそうな予感がしますっ。

【手触りはいいようです】

かになのに、ふかふかしてそうなところもこの商品の大きな特徴。いやまあ、クッションですので硬いわけないんですけれども、なにせ、見た目が “かに” 。ど~しても、硬そうに見えてしまうんです。だけど実際に触れるとふっかふか……このギャップも、世の人々の心をギュッとつかんで離さないゆえんなのかもしれませんね!

【まだまだあるよ、リアルなクッション】

そんなリアル「かにクッション」の価格は販売サイトによって異なるようですが、だいたい約2500円から5000円ほど。

ちなみにリアルすぎる生物クッションは “かに” だけではないようで、ほかにもお魚やタコなどたくさんラインナップされているようです。また鮭の切り身や赤身肉、焼いたサンマにカットしたトマトなどなど、リアルすぎる食べ物クッションシリーズも売られているようなので、興味を持ったというみなさんはチェックしてみてはいかがでしょうか。

これほど商品があるってことは、やっぱり需要があるのね……。クッションの世界って、奥が深いわぁ。

参照元:Yahoo!ショッピングAmazon.co.jpTwitter検索「カニクッション」
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼友達を招いて驚かせちゃおう☆