ニューヨークの10 Morton Streetにあるドーナツ店「The Doughnut Project」が、同じニューヨークの有名バー5店舗のカクテルをイメージした「カクテルドーナツ」を期間限定で発売しています。

「カクテルシリーズ」と銘打たれたこの企画は、5種類のカクテルからインスパイアされたドーナツが、毎週1種類ずつ、5週に渡って登場。2017年4月21日〜5月21日まで、金・土・日の週末3日間だけ販売されます。

このお店では、以前も「レストランシリーズ」と銘打って特製ドーナツを販売していたそうで、お店の高いチャレンジ精神がうかがえます。カクテル味のドーナツ……果たしてどんな仕上がりになっているんでしょ!?

【朝からイケる「カクテル」です】

期間中は朝から販売しているそうなので、ブランチタイムをカクテルタイムへと代えることができちゃう? 酒飲みにとっては魅惑的でしかない「カクテルドーナツ」のラインナップは次のとおりです。

4月21日〜23日:「ザ・ノマドバー・ドーナツ」
「The NoMad Bar」のカクテル「Start Me Up」をイメージ。バーボンにラム、イタリア産のリキュール・ストレガ、オレンジビター。はちみつにショウガ、レモンを材料として使用。

4月28日〜30日:「ザ・ベネット・ドーナツ」
「The Bennett」のカクテル「Everlasting Arms」をイメージ。サトウキビを原料とした蒸留酒・カサーシャを使っていて、中はバナナリキュールクリームが。最後にパイナップルメレンゲをトッピング。

5月5日〜7日:「デス&CO.ドーナツ」
「Death and Co.」のカクテル「Starfish & Coffee」をイメージ。ゴスリング社のラム、イタリアンヴルモットのプントエメス、水だしコーヒー、バニラ、トニックを使用。

5月12日〜14日:「ザ・ダッチ・ドーナツ」
「 The Dutch」のカクテル「Oh Snap!」をイメージ。テキーラ、メキシコの蒸留酒・メスカル、レモン、スナップエンドウ、よもぎの1種・タラゴンというハーブを使用。

5月19日〜21日:「メイスヴィル・ドーナツ」
「Maysville」のカクテル「Noreaster」をイメージ。オールドクロウのバーボンにジンジャービール、ライムとメープルを使用。

【材料にこだわりを感じます】

どれもこれも、そそられるう! 個人的には第3弾のラムとコーヒーを使用した「デス&CO.ドーナツ」が気になります。最終週のバーボン入りドーナツもぜひ、食べてみたいゾっ。

海外サイト「Thrillist」が「The Doughnut Project」オーナーの1人であるレスリー(Leslie Polizzotto)さんに行ったインタビューによれば、「オファーしたバーの反応は軒並み好意的」だったとのこと。

また、もう1人のオーナー、トロイ(Troy Neal)さんの話によると、「カクテルドーナツに使用しているフィリングやグレーズ、トッピングはすべて、実際のカクテルで使用されているものを使っている」のだそうです。

ちなみに、それぞれの価格は、約570円から約650円。肝心のアルコール度数は不明ですが、どんな味がするのかトライしてみたいですよね♪ いつか日本にも上陸してほしいっ!

参照元:The Doughnut Project [公式サイトInstagramFacebook]、ThrillistFacebook
執筆=田端あんじ(c)Pouch