アメリカ・フロリダ州に住む3歳の少女スカウト・ラーソン(Scout Larson)ちゃんは、フォロワー数4万超を誇るインスタグラマー。自ら有名人や有名キャラクターに扮した写真をインスタグラムに投稿し、注目を集めています。

スカウトちゃんが変身しているのは、女優のメリル・ストリープさんにエマ・ワトソンさん。歌手のアデルさん、人権運動家のマララ・ユスフザイさん、さらにはディズニー映画『モアナと伝説の海』のモアナなど、さまざまです。

一見バラバラに見えるチョイスですが共通項がしっかりあって、それは彼女たちが皆、 “強い女性” であることです。

【きっかけは「祖母の乳がん」】

海外サイト「People」によれば、「#scoutstolemystyle」と名付けられたこの写真プロジェクトの発案者は、スカウトちゃんの母であるアシュリーさん。

スカウトちゃんの祖母にあたる57歳のダイアン(Diane Willoughby)さんが乳がんと診断されたことを機に、プロジェクトをスタートさせたのだそうです。

【「女性は強い存在だ」と教えるためにプロジェクトをスタート】

4カ月もの間、6回にもおよぶ激しい化学療法を行い、2度に渡って乳房切除手術を受けた というダイアンさん。海外サイト「Bored Panda」にアシュリーさんが寄せたメッセージによると、治療の影響で祖母の髪が抜け落ち始めたとき、スカウトちゃんはとても心配していたのだとか。

娘の様子を見てアシュリーさんは、「女性はファイターだ。本来とても強く、激しさを心に持つ存在なのだということを教えなければ!」と決意。

その後写真プロジェクトを思いつき、候補となる “強い女性たち” を選出。祖母の好きな女性タレントやスカウトちゃんの好きなディズニープリンセスもラインナップして、リストの中からスカウトちゃんと一緒にどの写真をマネするか選んだのですって。

【おばあちゃんは無事に回復!】

母と娘が写真プロジェクトに取り組む間、乳がんと戦い続けた祖母は、見事がんを克服。祖母と娘のため、撮影した写真は写真集にする予定なのだと、アシュリーさんは「People」に話しています。

インスタグラムには「がんを克服した。さあ、パーティーしよう!」と書かれたTシャツを着た祖母と、その姿をマネするスカウトちゃんのショットも掲載されているのですが、希望に満ち溢れていて、本当に良い写真なんです。

強い女性の姿を1番近くで目の当たりにしてきたスカウトちゃんはきっと、強く優しい女性へと成長することでしょうね!

参照元:Instagram@hello.scoutPeopleBored Panda
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼親子3代のコラボレーション! 祖母の好きな女性コメディアン、エレン・デジェネレスさんをモデルに☆

▼マララ・ユスフザイさん

▼『ウォーキング・デッド』のマギー(女優のローレン・コーハンさん)

▼画家のフリーダ・カーロ

Nothing says #girlpower quite like Frida Kahlo. #scoutstolemystyle

A post shared by Scout Penelope (@hello.scout) on

▼ビル・マーレイさんを模倣したショットも!