2017年7月24日、オーストラリアのライター、クレモンタイン・フォードさんは、ツイッターにインパクト抜群な写真を投稿しました。

「友人のエイミーが “インターネット” がテーマのパーティーに行ったの」

こちらのコメントとともに掲載されていたのは、男性器を模したかぶりものをしドリンクを飲むエイミーさんの姿。首からは、SNSを通じたメッセージのやりとりを描いたパネルをぶら下げています。これは一体……どういうことなんでしょ!?

【なるほど、そういうことか】

エイミーさんの仮装テーマは、「unsolicited dick pic(求められていないチン〇画像)」。

よく見ると、首からぶら下げたパネルも、男性から送られてきた卑猥なメッセージのスクリーンショットのようです。

ダイレクトメールやメッセンジャーなどで突然、男性器の写真を送りつけてくる男性ユーザーにチクリとくぎを刺すような仮装は、「たしかにネットの本質を貫いてる!」と話題に。「クールなお友達だね」「おもろい」「ボールも必要なのでは?」「天才」「真のMVPだよ」といった具合に、コメントもたくさん寄せられておりました。

【勇気と発想がすごい】

もちろんテーマがアレなだけに批判もあったようですが、この格好をしようと思いついた勇気がすごいですよね。

インターネット上で1度でもこういった体験をしたことがあるという人にとっては、胸がスッとするかも? 個人的にはトップスとボトムスの色のチョイスが絶妙だと感じました。全体として、統一感あるう!

参照元:Twitter @clementine_ford
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼よく思いついたよね