日本でも好きな人が多い「アボカド」。アボカドを使った料理の専門店なども人気を呼んでいますが、いま海外で話題となっているのが「アボカドバーガー」なる食べ物。

名前だけ聞くと、バンズの間にハンバーグとともにアボカドがはさんであるものを想像した人も多いのでは? 実はこれ、アボカドをバンズのようにして具をはさんだものなんです。これぞまさしく本当の「アボカドバーガー」といえましょう!

【どこで食べられるの?】

「アボカドバーガー」を出しているのはアメリカのニューヨーク、ブルックリンにある「Avocaderia」というお店。世界で最初のアボカド専門料理店とうたっており、トーストやサラダ、スムージーなどさまざまなメニューでアボカドを堪能できるようです。

【アボカド1個を半分に切ってバンズに!】

アボカドづくしの「Avocaderia」のメニューで、いまSNSなどで注目を集めているのが「アボバーガー(Avo Burger)」

まずなんといっても目を引くのはそのビジュアル! 普通のハンバーガーであれば白や茶色のバンズであるところが、鮮やかな緑色をしているんだもの。

アボカド1個を半分に切ったバンズの中にはベビーリーフやサーモン、クリームチーズなどが挟まっているようですが、こうした具材もアボカドとの相性抜群!

お皿には薄いピタパンを焼いた「ピタチップ」が添えられていて、サラダ感覚でヘルシーにいただけそうですね。

「アボバーガー」の画像を見たインスタユーザーからは「食べに行かなきゃ」「おいしそう」「冗談でなく、似たようなのを今日作ろうかな」「アボカドたっぷり」などの声があがっています。

【家で作ってみる?】

お店があるのはニューヨークなので気軽には行けませんが、このアイデアはいただき! アボカド好きな皆さんは、家で好きな具材をアボカドにはさんで、作ってみてはいかが? 色味も可愛らしいので写真を撮ってインスタなどにアップするのにもオススメです♡

参照元:avocaderiaInstagram @avocaderia
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼アボカドバーガー。アボカド好きにはたまらなーい!

The only type of buns that should be accepted today. 🥑 Happy #NationalAvocadoDay! #insiderfood

A post shared by INSIDER food (@thisisinsiderfood) on