お盆休みにお墓参りに行かれた方も少なくないでしょうが、本日紹介するのは月額500円で利用できるサービス「スマ墓」です。

株式会社良心石材が始めた「スマ墓」は、故人の遺骨を15年間預かってくれ、なおかつ遺族の好きな場所をお墓に設定できるサービスなのだそう。

場所は日本国内だけでなく、世界中どこでも可能。よく遊びに行った場所や思い出の旅行先などのGPS情報を登録しておくと、その場所に訪れた際に、スマートフォンを通じて、拡張現実(AR)によって再現された故人の姿と共にメッセージ告げてくれる仕組みとなっているんですって。

【お墓の資金が溜まるまで預けることもできます】

写真や動画は、あらかじめ設定しておくことが必要。申込者が存命の場合は、自分自身の手で様々なメッセージを残すことができます。

このサービスのありがたいところは、お墓を建てたくても、懐事情のせいですぐには建てられない人の助けになってくれる点です。また、じわじわと増加しつつある、お墓を必要としない人、あるいはお墓がなくて自宅にお骨を置いておくしかない人にとっても便利なサービスかもしれません。

お骨は最大で15年間預かって保管してくれるらしく、いつでも返却可能。お墓を建てる資金が貯まったら受け取りに行けるので、それまで安心して “仮のお墓” として利用できるんです。なお15年以降は、合葬されるのだそうですよ。

【ひとまず預けておける場所があると安心かも】

また、遺族がお墓を急に用意しなければならない精神的、経済的な負担を減らすために、生前に申し込んでおくと、死後1年目は月額500円が無料になるとのこと。

大切な人が亡くなったという事実を受け止めるだけでも精一杯なのに、お墓や、それに伴うお金について考えなければならないというのは、なかなか大変なことです。しかしこのサービスがあれば、焦ることなく、心が落ち着くまで待つことができるのではないでしょうか。

いやはやそれにしても、すごい時代になったものです。お墓参りも、ここまで来たのか……!!!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch