フランスのフォトグラファーでストリートアーティストのフィリップ(Philippe Echaroux)さんが、2017年8月28日、YouTubeにとあるチャレンジ動画を投稿しました。

「ビッグマック・ポートレイト・チャレンジ」と名付けられた動画で、フィリップさんは照明器具を手作りしています。

材料として使ったのは “ビッグマック” が入っていた箱

そのほかにセットのドリンクについてきたストローミニサイズの懐中電灯があればOK。この照明を使った写真を観ると、アラ不思議。顔にライトがぱあっと当たって、プロ仕様な仕上がりになっているではありませんか~!

【作り方はめちゃ簡単!】

まずは買ってきたビッグマックを平らげて、空の状態にしましょう。

New Stupid Photographic Challenge Coming soon !!! @mcdonalds @mcdonalds_fr

A post shared by Philippe Echaroux (@philippe_echaroux) on

ビッグマックが入っていた箱の中に懐中電灯をセットして、フタが閉まらないようストローをついたて代わりに取り付けます。これで手作り照明の完成です。詳しい作り方は動画で確認してください。ライトを箱の内側に向かってつけると、箱の内側が真っ白なので、反射していい感じの光に。うまいことハイライト効果が出るみたい☆

【良くも悪くも、見えすぎるくらいよく見えます】

そもそもフィリップさんは写真のプロ、上手に撮れるのは当たり前のことかもしれません。しかし完成した写真を観るかぎりでは、ビッグマックライトが “イイ仕事” をしていることは間違いないんです。スマートフォンで撮影したとは思えないクオリティーに、きっとあなたを息を飲むはず。

ただしライトがイイ仕事をしすぎるせいで、人によってはお肌の状態が丸わかり。シミもシワもそばかすも、包み隠さずくっきりハッキリ写しているため、場合によっては敬遠してしまう人もいそうですが、ね……。

参照元:YouTubeInstagram @philippe_echaroux
参考リンク:Philippe Echaroux
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼これなら不器用なわたしにも作れそう!

▼手作り照明で撮影した写真はこちら