男女問わず会社へお弁当を持参する人が、ここ10年ほどで急激に増えたような気がします。なかでも、自分でお弁当を作る男性のことは “お弁当男子” なーんて呼ぶみたい。

ビジネスパーソン向けメディア「typeメンバーズパーク」が20代から60代の男女139名に行った「お弁当男子に関する調査」によると、「あなたは日頃、自分で作ったお弁当を職場に持参していますか?」という質問に「はい」と答えた男性は15.6%

一見少ないように思えますが、「日常的ではないがしたことがある」と答えた人は31.0%いて、両方を合わせるとおよそ5割が「自作のお弁当を持参したことがある」みたいなんです。

【「お弁当男子いいね!」の声は多めです】

男性が持参するお弁当の特徴は年代によっても分かれるようで、20代男性は「1品勝負」、30代男性は「ひたすら冷凍食品を活用」といった具合に、個性豊かで興味深いっ。

そんなお弁当男子たちを、どう思っているのか尋ねたところ、62.6%が「良い!」と回答。「なんとも思わない」が32.4%、「う~ん、ちょっと……」が5.0%で、おおむね好意的に受け止められているようです。

【女性からの支持も高いみたい♪】

わたし個人としては、お弁当男子、好きです! 自分で作ると栄養バランスも取りやすいし、自分好みの味にできるし、そういった手間を惜しまないところに「丁寧な暮らしぶり」を感じるんですよね。

美味しそうなおかずを見つけたらレシピを教えてもらいたくなっちゃうし、会話も弾むというもの。「1品料理ドーン!」といった大胆なお弁当も親近感がわくし、「男子!」という感じがして微笑ましいので、それはそれでとっても好感度が高いと思うんです♪

アンケートに答えた女性たちからは「家事ができるのは好感度が高い」「手間をかけて作れるのはえらい」「自分の旦那さんも、お弁当男子になってくれたらいいなーと思う」といった声が集まっていました。

また、30代女性からは「料理は女性だけのものじゃないし、そういったことを毎日継続してできるのは素敵」という声も挙がっていて、わたしもそう思います! 継続するって、これが結構難しいからねぇ……。

【身近にいる「お弁当男子」に弁当作りのきっかけを聞いてみた】

しかし、です。「お弁当男子」をよく思わない男性もいるようで、Pouch編集部の男性スタッフには「こじらせている! 女性はコンビニ弁当を食べている男性に母性を感じ、心配すべきだ」という声もありました。なぜなの!!!!!

そんな逆境に負けず、「お弁当男子」の道を貫く男性スタッフの高橋ナオツさんに、お弁当作りのきっかけを聞いてみたところ、「暇だったから始めました。自分で作るとお昼が楽しみになり、すっかりハマりました」という答えが返ってまいりました。

また「インスタでアップしてリア充感アピールしようとしたけど、1週間同じメニューになったからあげるのをやめた」そう。これ、わかりますねえ!

夏はお弁当が痛むのではないか、としばらく持参していなかったようなのですが、そろそろ再開したいそうです。そんなお弁当男子を、わたしは強く応援したいと思いました……!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼Pouch お弁当男子の作品を見てあげて

#初めての自作弁当 #茹でて切っただけ #でも毎日はきつい #お母さんありがとう

A post shared by Takahashi Naoto (@takahashi.naotsu) on