黒猫 (Aoi Kuroneko)

ライター

神奈川県横浜市出身、フランクフルト育ち。大学卒業後、英会話スクールの講師を経て、現在はフリーの翻訳家、ライターとして奮闘中。Pouchでは主に翻訳記事を担当。趣味は読書、ちまちました雑貨集め、パン作り。猫をこよなく愛する。よく食べる。くまもんに似ている。好きな男性のタイプは目が細い人。

「黒猫葵」担当の記事

【いたずらっ子姉妹】パパが撮るイタズラ好きのあの娘ちゃんたちの新作登場! …ってさらに過激さを増しているではないか!!

以前Pouchでもご紹介した、フォトグラファーのジェイソン・リーさん(パパ)が撮る、“娘ちゃんたちの、ちょっぴり変わったポートレート”。イタズラ好きの8歳のクリスティンちゃんと5歳のケイラちゃんが、マリオとルイージに扮したり、チョコレートソースで歯を磨いていたり……。

海外サイト「Bored Panda」より新作が掲載されていたので、ご紹介します! 今回の新作はさらにイタズラが過激になっているように思えます。いや。絶対なってるぞこりゃ。

→ 続きを読む

ウェディングドレスを “再利用” だとぉ!? ポジティブ全開男が思い出の品を好きにした結果…こうなった20選

たかが白い布ですが、されど白い布!! 

書店に行くたびゼクシィが気になるお年頃の乙女たちにとって、永遠の憧れアイテムのひとつといえば、ウェディングドレス!
いったいいつになったら着られるんだろう……と、まぁ私的な話は置いといて、と。

でも仮に結婚生活が不幸に終わってしまえば、これほど見たくないものはないはず。

そこで本日は海外サイト「MY EX-WIFE’S WEDDING DRESS」より、元奥さんのウェディングドレスをいろいろなものに再利用しちゃった男性をご紹介します! 

え?? 再利用ってどういうこと!?

→ 続きを読む

「ごはんがあと半分しかないから早く帰ってこい」「ねずみどこに置いたと思う? 当ててみて!」もしも我が家のにゃんこからメールが来たらきっとこんな感じ8連発

言葉を話さなくたって、目線や声色だけで、人間を思いのままに操る生き物、第1位といえば……ネコ! 愛する飼いネコの気持ちなんか十分くみ取れます。言葉なんかいりませんよね!

でも、もしも。

もしうちのネコとメールが出来たら、きっとこんな感じなのかも! 

そこで本日は、ネコを愛でるサイト「Catster」に掲載されたスマホでのネコと飼い主のほっこりなやりとりをご紹介します。飼い主、ネコのミトン、ときどきイヌのフィルが登場します。

→ 続きを読む

驚きを隠せないジッパー!? 思わずにんまりする「顔じゃないのに顔に見えちゃった」画像13連発

小さいころ、寝る前にふと天井を見たら……木目がひとの顔に見えてぎょっとしたことある人、挙手! あれは本当に眠れなくなりますよね! お化けなんじゃないか、幽霊が転写されたんじゃないかといろいろ考えていました。

一度顔に見えたら、もうそれは顔にしか見えない。とまぁ最強の顔認識機能をもつわれわれ人間ですが、今回はツイッタ―で話題沸騰中な顔じゃないものが顔に見えちゃった愛らしい画像をご紹介しちゃいます! ホラーじゃないので安心してね! 

→ 続きを読む

愛する妻のためにおっさんが立ち上がった! 裸にピンクのチュチュ姿で撮影したおバカなセルフ・ポートレートに隠された願いとは

愛する人が、病気になったらあなたはどうしますか。

アメリカ在住のフォトグラファーであるボブ・カーリーさんと妻のリンダさん。どこにでもいそうなこの仲睦まじい夫婦に起こった悲劇。リンダさんが乳がんの告知を受けたのです。

そこで夫が辛い治療に耐える妻を元気づけようと起こした行動とは……なんと裸にピンクのチュチュだけを身にまとい、セルフ・ポートレートを撮り始めたのでした!

→ 続きを読む

我が家に “ネコがやって来てから変わったコト” あるある20 / キーボードが占領される、PC画面が見えないetc…

毛の生えた癒しのかたまり、ネコ。

ネコを飼っているみなさんは、その愛すべき“もふもふクリーチャー”が家族の一員になった日のこと、覚えていますか? そしてその日以降、「黒い服が着れなくなった」「プライバシーがなくなった」など、生活ががらりと変わった方も多いのでは。

今回は海外サイト「BuzzFeed」に掲載された記事をもとに、選りすぐりの我が家にネコがやって来てから変わった20のことをお届けいたします!

→ 続きを読む

おうち飲みでやってみて! ジャムやスパイスで文字を描く “食材タイポグラフィ” が素敵

タイポグラフィってご存知ですか? 印刷物を読みやすくしたり美しくみせるために、活字書体の配置やデザインを整えるなどデザイン全般のことを指すんですよ〜。

本日は海外サイト「buzz feed」に掲載されたちょっと変わったタイポグラフィアートをご紹介します。材料はなんと食べ物。キッチンカウンターがアート空間に早変わりです! 

→ 続きを読む

「ストレスは悪いもの?」「ストレスの特効薬はない?」ストレスに関する10の神話

電車を乗り逃して、感じる。クリスマス前に彼氏が見つからなくて、感じる。そう、現代社会に生きるわたしたちにとって「ストレスを感じる」ということはあまりにも日常茶飯事。

誰にとってもありふれていて、そして誰にとってもやっかいなものだから、この「ストレス」というものについて、さまざまな誤解が世にはびこっているようです。

今回は「え!? そうなの??」と思わず誰かに伝えたくなる、正しいようで間違っていたストレスに関する勘違いを海外サイト「e HOW」より10つご紹介いたします!

→ 続きを読む

実在する “おとぎ話” の世界! 道路がない街「水郷の村」

水郷の村として知る人ぞ知るオランダのアーファーアイセル州ヒートホールン。なんと道路や歩道があるはずのとこがすべて水路になっている!? 

つまり、家が一軒一軒、島のようになっているんです。この村は全長7キロの小さな村で、19世紀前半ごろまで燃料として使われた泥炭の産地だったそう。

村の一部では採掘の跡が湖としてそのまま残り、また輸送のために水路が整備されていたとか。まるでおとぎ話に紛れ込んでしまったような風景! 親指姫やラプンツェルが住んでいてもおかしくない!! 

→ 続きを読む

ザ・目の錯覚GIF画像!! そんなバカな! 駅のホーム通過している電車が逆走するGIF画像

突然ですが、こんな経験ありませんか? 

イヤホンで音楽を聞きながらホームで電車を待っていて、視界に電車が入ってきたので乗ろうと少し電車側に近寄ったら、まさかの通過電車!! ぎゃひー! びっくりした! おかあちゃん、東京の電車はホームをものすごい速さで走り抜けるとです。 

挙句の果てには、電車に警笛を「ファーーーン!!」と鳴らされる。または、駅員さんにマイクでめっちゃ怒られる始末。とほほ。ごめんなさい。

さて、そんな経験を持つあなたに、満を持して捧げたいのが海外サイト「just DWL」で見つけた通過電車が目の錯覚で逆走を始めちゃったGIF画像です。

→ 続きを読む

おデブちゃんに朗報!! スクワット30回やれば切符がゲットできるハイテク券売機がロシアに登場!!

空前のむち子ブームのご時世。最近「ぽちゃかわ」なパートナーがいる人はストレスが少ないという記事を読んでほっと胸をなでおろしたわたし。でも女子的にはほっそり体型に憧れるし、もう少し痩せても罰は当たらないのにと思っているあなた(とわたし)に朗報です!

ロシアの地下鉄ヴィスタヴォチナヤ駅に登場したのは画期的な券売機。このハイテクマシーンの前で2分以内に30回スクワットをすると30ルーブル分の片道切符が手に入るのだ!!  

エクササイズもできるし、切符代は浮くし、こりゃあ一石二鳥だね!

→ 続きを読む

【珍事件】ふわふわもこもこの「ラマ」と真夜中の大冒険!! フランスの酔っぱらいは次元が違うぜシル・ヴ・プレ

フランスのボルドーで、5人の若者が酔った勢いでサーカス団から「ラマ」を連れ去るという珍事件が発生。ふわふわのもこもこのラマと若者たちの珍道中画像がツイッターやフェイスブックに投稿され、話題を呼んでいます。

→ 続きを読む

あまりにも無惨…でもちょっと微笑ましい? 理想と現実のギャップを見せつけられる比較画像8枚

フォトショップ加工前加工後よりも恐ろしきもの。それは脳が暴走して作りだした映画のワンシーンみたいな理想と、痛々しい現実のギャップです。

嗚呼、悲しきかな。現実。ひとはそれを映画の見過ぎと揶揄し、思い上がりだと嘲笑し、お姫様になったつもりかと罵る。当人は思うわけです。「思っていたのと違う」「こんなはずじゃなかった」「確かにわたしはお姫様ではなかった」と。

というわけで、誰しも経験したことがある理想と現実の比較画像。ご覧ください。

愛犬とまどろむ休日の朝
→ 続きを読む

その発想はなかった! くだらないけどある意味天才のニオイがする「世界を変えない発明品」7選

電話や飛行機など、人類は数々の大発明をして世界を変えてきましたが、偉大な発明の影に隠れてしまった「微妙な発明」もたくさんあります。

むむむ、その発想はなかった。けど……それほんとに必要? 今回はあえて、世界を変えなかった発明に光を当てたいと思います。ドラえもんが持っていたら四次元ポケットの肥やしになりそう! 優しい目、広い心でどうぞご覧ください!

→ 続きを読む

あまりのニャンコの冷酷さに背筋が凍る! 秀逸すぎるイヌネコ比較画像

彼氏はイヌ派、わたしはネコ派。

デートのときは彼氏の好みに合わせて「ワンワンかわゆい〜!」なんて話を合わせたりしているけれど、家に帰れば愛ネコのお腹に顔をもふもふして「やっぱネコってばサイコー!!」と絶叫。ふう、正直疲れマスこういうの。でもね、私がネコ派だとバレたらこの恋愛どうなっちゃうやら。それくらい、イヌ派かネコ派には大きな隔たりがあるんですよね。

今回は海外サイト「Izismile」に掲載された秀逸すぎる犬ネコたちのリアクションをシーン別で紹介します!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 40
  4. 41
  5. 42
  6. 43
  7. 44
  8. 45
  9. 46
  10. 47