纐纈タルコ (こうけつたるこ / Koketsu TARCO)

ライター

北海道札幌市出身。複数の出版社勤務を経てフリーのライターに。得意ジャンルはサブカル、音楽、飲食(とくに酒)、海外そして北海道関連情報。食べ物は虫でなければ、アルコールはメチルでなければなんでも歓迎――などということを平気でいつも言っているからもらい手がないと最近気づいた。好みのタイプはシブヤ系と昔呼ばれていた殿方ならばどれでも歓迎。いやそうでなくても歓迎。

「纐纈タルコ」担当の記事

【お買初め2017】カップル必見! 「珪藻土バスマット」はさらさら快適…だけじゃなく「愛を冷まさない」効果があるんだ!!

2016年、買ってよかったもの。個人的には、ダントツで「珪藻土(けいそうど)バスマット」です。

コレ、お風呂場の出口に、布のバスマットのかわりに置くもの。厚めのボードの形をしています。

吸水性・速乾性に長けてる、つまり水分をあっという間に吸収してくれるから、お風呂から出たときに足元がすっきりドライ。布のバスマットだと、下手するとべちゃべちゃになっちゃうけど、珪藻土バスマットなら表面はずっと乾いたままでサラサラ! これがとっても快適なんです。

……それだけだったら、単なる便利グッズでしかない。でもねでもねでもね、コレのほんっとにスゴいところは、「愛を冷まさない」っていうウルトラ偉大な効果があるっていうところなんだ!!

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】お正月に食べた美味しいものを教えて!

お正月のなにが楽しみかって、やっぱりみんなで食べる「美味しいもの」! 1年のうちこのときだけはと豪華なモノを食べてみたり、実家でその土地伝統の正月料理を味わったり。おもちもたくさん食べるから、正月あけからダイエットしなくちゃ、と思うのが毎年の習わしだったりして(そしてすぐに挫折するのもね)。

さて今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から「お正月、これが「美味しかった」♪」というQ&Aをご紹介します。正月にどんな美味しいものを食べましたか?という質問に、なかなか意外な、あるいは地方色ゆたかな答えが集まりました。

【今回の質問】

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】思い出してみよう、遠いクリスマス……子供のころ、サンタさんはあなたのところにどんなふうに来ましたか?

大人になって、すっかり恋人とか金目のプレゼントとかを連想するようになってしまった、「12月24日」。けれど、子供のころには、この日はまったく違う意味をもっていたものです。そう、この日、いい子にして寝ているとサンタさんが来てくれるんだ!

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて!goo」から「子供のころの枕もとのクリスマスプレゼント」についてのQ&Aをご紹介します。「幼いころ、サンタはあなたのところにどんなふうに来ましたか?」という質問とその回答、みなさんもむかしのこと……サンタさんを待つ、あのワクワクしながら眠りについていく気持ちを思い出しながら、読んでみてください。

【今回の質問】

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】どんなアイデアがあるの? クリスマスをひとりでもさみしく感じずに過ごす方法を教えて!!

もういくつ寝ると、クリスマス……彼氏ナシ女子にとっては針のムシロみたいなあの日が今年もやってくる。あたしゃ仏教徒だし!っていう言い訳にも疲れてきた昨今、みなさんはどのようにこの恐ろしい日を迎えますか? 記者はそうですね、ラーメン二郎にでもチャレンジすっかな! 浮かれた街にニンニクブレスをお見舞いだ!

さてそんなわけで、今回は日本最大級のQ&Aサイト「教えて!goo」から「クリスマスのさみしくない過ごしかた」についてのQ&Aをご紹介します。質問主さんはクリスマス直前になっても彼女がいないという20代の男性。いったいどんな回答が集まったのでしょうか……?

【今回の質問】

→ 続きを読む

アツいひとめぼれ……がアブねえええ! 恋に落ちすぎて危険すぎることになってるシーンを描いた秀逸すぎるアートワーク

みなさんは、「ひとめぼれ」ってしたことありますか? 記者は数年前、家からちょっと離れたところのコンビニ店員さんが気になってしまい、毎回好物の肉系おにぎりを隠すように野菜スナックを置いて買っていました。ほどなくしてそのお店で自分が「チャーシューべじっぷす」などと呼ばれていることに気がつき、その彼と二度と会えなくなりました。青春の思い出です。

さて、今回紹介するのは3枚の写真です。見目麗しい男女が1組ずつ、出会い頭にひとめぼれ。熱い視線を送り合うすてきな……いやいやいや超あぶないことになってるよ! 志村志村のレベルじゃないよ! 

→ 続きを読む

女の子とキスをしたいならこうしなさい……男子にキスの作法を教える約100年前の広告がレトロでとっても可愛らしい!

キス。それはいつの時代だって、ロマンスの源泉。恋愛スタートの合図だったり、危険なゲームのスパイスだったり、愛情の確認だったりする、すてきな一瞬の華。

あ、ちなみにそういうのにちょっと縁がない記者は、風呂あがりなどにたっぷりしたみずからの二の腕に唇をよせてシミュレーションをしています。みなさんはどうですか?

今回ご紹介するのは、今から100年以上前に作られた、あるガムの広告です。なんと、テーマは「キス」。恋愛に不慣れな男子に向けて、イラストと文章で「女性とキスをする方法」をレクチャーする内容になっています。

→ 続きを読む

雰囲気だけでもデキる人になる! 会議で「うわコイツ頭キレるな」って見られるための(しょうもない)ウラ技ベスト10

突然ですが、会議っていうものはどうしてあんなにもダルいんでしょうね。レジュメという名の台本をたんたんと読み上げる部長さん、誰からも出てこない意見、寝かかる若手。だがしかし、一瞬でも舟をこごうものなら、「○○くんはやる気があるのか!」と怒号が飛んできます。「レジュメ読み上げるだけならPDFにしてメールで配れこの×××野郎!」という言葉をそっと胸にしまいこむわたしたちは、立派な企業戦士。

どうせそんなに中身がないのであれば、会議は「賢そうに見える度」を競う場なのだ、と考えてみてはいかがでしょうか! 賢そうに見せていけばきっといつか、賢くなれる! 

今回は海外サイト「medium.com」から、会議で自分を賢く見せる10のウラ技をご紹介します。来週の会議からぜひ実践を! 冬のボーナスが増えちゃうかもしれませんよ。

→ 続きを読む

世界最強の動物はまぎれもなく「オカン」! 世界から集められた破壊力満点の「オカンメール」をどうぞご覧あれ

札幌市にお住まいの、お母様。離れて暮らすあなたのことをいつも案じていますが、電話をかけるたびに「あそこの家はもうお子さん中学」「今年の夏もひとり?」「少しは運動でもしてやせたら」などを無限ループにして言うのはやめてください。たぶんこの記事読んでないと思うけど、お願いです。いや、本気で!

そんな感じで、「オカン」という生き物は、なぜか子供に対していらない(とこちらは思う)大きなお世話をしてくれたり、はたまたデジタルに関してまったくわけのわからない行動をとってくれたりするものです。

オカンの最強ぶりは、なにも日本だけのものじゃない。今回は、世界から集められた「最強すぎたオカンメール」をご紹介します。「あるある!」と思えてしまうこの不思議な感じも味わってちょうだい!

→ 続きを読む

【Yes! 激安メディア】Pouchの原稿料は記事ひとつ100円!? 大手ではなく傘下でもないWebメディアのお仕事とプライドと焼き鳥のお話

(以下、:ライター兼 家政婦・纐纈タルコ F:ライター・Felix清香)

F:タルコさん、急に呼び出してすみませんー。
:やー、なんもだー。どうしたのさー
F:実はPouchの原稿料が下がるっていう話を聞いたんです。心配で心配で。
:えー誰から? よくわかんないけど、まずトリたのむね。大将、とりあえずビールとネギマ、塩とタレ2本ずつ。
F:悠長にネギマ食べてる場合じゃないですよ! 某有名人が「たしかな情報筋によると、Pouchの原稿料は100円だそうだ」って言っていたらしいんですよっ!
:ほえ?(ネギマの串からネギだけを食べる)
F:タルコさん、気ぬけすぎ! 今はそんなビックリ激安バーゲン価格じゃないですよね。これから下がるってことかな……? 記事ひとつ書いて100円とか、ありえない~! あとタルコさんの食べ方がせこい!
:記事ひとつ書いて100円かあ。ふつうに死ぬよね。うちは違うよたぶん……あっでも、さっき編集長が「今月の原稿料! はいっ!」ってアメ玉3つくれたな……しかもハバネロ味だったな……
F:えええええー! 100円どころかアメ玉? こりゃ飲むっきゃない! 大将、私、焼酎とつくね4本!
:あー落ち着いてね、このつき出しあげるから。(ここのやつ干からびてておいしくないんだわ)

→ 続きを読む

仏滅とか友引ってなんなの? 調べてみたらけっこう意外な結果に……仏滅=「縁起のイイ日」の可能性が!

突然ですがみなさん、好きですか仏滅。え、嫌い? じゃあ友引はいかがでしょう。あ、やっぱお嫌い。そうですかそうですよね。

「仏滅に婚姻届出してきました」だの「友引にじいちゃんの法要やるんで万障繰り合わせて」とか言うとパンク野郎、あるいは頭のアレな子扱いされる確率が高い気がします。現実主義がわりと浸透した現代日本なのにですよ、けっこう不思議じゃありません?

そんなふうに思い立ったのは、こないだ一緒に飲んでたツレの男子に酔った勢いで「タルコさん仏滅顔っすよね」とか言われたせいなのですが。(なんだ仏滅顔って!! てか「酔った勢い」の方向がおかしいよ!!)

ともかく、カレンダーを見ると月に何度も「仏滅の日」がある。仏が滅んだ、つまり、ブッダ先生がお亡くなりになった日だよね。それゆえ結婚式なんかのお祝い事にはそぐわない、やたら縁起の悪い日ってことになってる。

でも月に数回なんて、いくらなんでも亡くなりすぎだよなあ。こりゃどういうことだろう? ちょっとばかり調べてみました。以下、そんなの知ってるよー、という方も、温かい目でお見守りくださいませ。

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】300人に聞きました! 異性に対して『これはムリ!』って思った瞬間

男の子と女の子が出会って、恋に落ちる。その瞬間はとってもドラマチックで、「一生このヒトと一緒にいた~い」なんて思うものです。でも、その熱が少し冷めてきたとき、見えなかったいろんな問題がブワーッと表面化することも、よくある話。あれ、彼って/彼女って、こんなクズだったっけ!?

そんなわけで今回紹介するのは、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、質問「異性に対し、『うわ、無理』と思ったこと」。2008年から永きに渡って回答を集めた質問です。いろんな恋のかたちと、いろんな無理のカタチ。ここでいくつか見てみましょう!

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】北海道ってホントはどんなところなの? 「北海道に対する偏見や誤解を教えて」に寄せられた回答でみるリアルな北海道の姿!! Part 2

むかし、ちょっとあこがれていた先輩に、「北海道でっかいどう、ってコピー考えたやつって天才だよな!」と熱弁を振るわれたことがあります。なんというか、穴を掘って埋まりたかったです。

さて、北海道ってみなさんにとってどのようなところですか? シベリア? ちゃうねんでー!

北海道はほんとはいったいどんなところなんだろう、というのを日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」の質問から読み解いていく試みの地平線、そのパート2でございます。前回の記事もチェックしてみてくださいまし。

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】北海道ってホントはどんなところなの? ひとつの質問によって浮き彫りになった「北海道のリアルすぎる姿」にびっくりしてみよう!

北海道といえば美しい自然、美しい食べ物、美しいゆるキャラたちなど、美しいもので有名です。政治家でさえ、鈴木ムネオさんなど美しい方ぞろいです。ああ北海道に生まれて本当によかった! と思う北海道出身の美しい記者でございます。多少盛っています。

けれどそんな北海道って、なぜか本州の人たちからはイマイチ誤解されてるところがありますよ! 正しい本道(※北海道民の北海道の呼び方)の姿を伝えて、いいかげん「日本のシベリア」扱いを返上しなければ! 

そんなわけで今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて!goo」から「北海道に対する偏見や誤解」というQ&Aをご紹介します

これで明日からみんなも北海道博士だよ!

→ 続きを読む

来年の参考に! 学生が先生にしかけたドッキリ系エイプリール・フールが秀逸すぎて全米で話題に

みなさん、今年のエイプリール・フールはいかがでしたでしょうか。わがPouch編集部の4月1日は、「ついに彼氏できたよ!」という報告が4人相次ぐという、どうにも想像力の足りない、かつ惨めな結果となりました。わたくし(記者)を含め、猛省中であります。

さてさて、あと11カ月で次のエイプリール・フールがやってきます。次回に向けて、ネタを練っておくのも悪くないですよ! ということで、アメリカの大学で生徒たちが先生にしかけたドッキリ系エイプリール・フールをご紹介いたします。誰も傷つかないけれど、ひっかけられた方の衝撃はデカい、という秀逸ぶりもあいまって、アメリカで話題となったものです。

→ 続きを読む

【にっぽんのQ&A】200人に聞きました! 怒ったときにうっかりブン投げてしまったもの、何ですか?

イライラしたとき、なにかを投げちゃうことってけっこうありますよね。ありがちなところでは枕とか、本とか、携帯電話とか……

今回ご紹介するのは、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」で2005年から続くロングランQ&A「怒った時にうっかりブン投げてしまったもの、何ですか?」から、ステキすぎる回答の数々をご紹介いたします。ちなみに、この質問をしたshikikunさんは「テレビのリモコンを粉砕してしまった」そうです。粉砕って!

→ 続きを読む

最低最悪!! ロマンもヘッタクレもない……のに「なぜかうまくいっちゃったくどき文句」ワーストセレクション

男女が深い仲になるための第一歩、それは「くどき文句」。女子としてはやっぱり、気の利いた、それでいてクサみのない素敵なコトバがほしいものです。

ところがねーこれがですよ、ロマンのロの字もないような文句で口説いてくるヤカラっつうのがいるんですよね実際! 下心全開だったりナルシスお花畑だったりと、あんたそれでうまくいくと思ってんのか! って説教したくなるような、サイテーすぎるくどき文句。みなさんは、いただいた経験ありませんか? ちなみに記者は「お前で我慢する」とかナメたことを言われて雨の夜道を800メートルぐらいダッシュして逃げたことがありますよ!

ところがねーこれがですよ! 言った本人さえ「うっわ言わなきゃよかった……」って後悔してるのに、なぜかうまくいっちゃうってこともあったりするみたいで。今回ご紹介するのは、サイト「BuzzFeed」から「Unbelievably Terrible Pickup Lines That Actually Worked信じらんないほどサイテーなのにうまくいっちゃったくどき文句」。Web掲示板「Reddit」にアップされた体験談をまとめたものです。

→ 続きを読む

もういろいろとダメだったでござる! こっちがツラくなるほど「えらい勢いで失敗しちゃってる画像」20+2

オンナはやっぱり内面の美よね! ということでグリーンスムージーづくりにチャレンジしたわたくし(記者)。どれどれ、うまくできたかな? と思ってミキサーを持ち上げた瞬間、どっぱっぱー! 下のスクリューをちゃんとしめていなかったせいで、500ml近いスムージーさんは台所の床にすべて広がりました。ああ終了。外面だけでなく内面美人までも、このわたくしからは遠いようです。真冬の雑巾がけはきびしいものがありました。

さて、人は失敗をする生き物です。いまこの瞬間にも、人々はさまざまな失敗をしています。そんな失敗の瞬間をとらえた、思わず「うわー……」って思っちゃうような写真の数々をサイト「AcidCow」が特集しているので、ご紹介します。

→ 続きを読む

超美人ハリウッドスターなのに超庶民っぽい!! アン・ハサウェイのどじっこ体験話がカワイすぎて悶絶モノ

記者の中で「朝起きたらこんな顔になってたらいいなランキング」で堂々の1位を占めるのが、アン・ハサウェイです。2005年の映画『プラダを着た悪魔』で大ブレイクして以来、『レイチェルの結婚』『レ・ミゼラブル』など数々の名作に主演し、アカデミー賞など映画関連の受賞も数知れず。まさしく、セレブ女優そのものです。

そんなアン・ハサウェイの、かわいらしすぎる&意外すぎるトーク映像を発見しました! あるスター俳優さんと初めて出会ったときのこと、なのですが、アンがやらかしたドジも、それを説明するアンの百面相も、カワイすぎてもう悶絶モノ!! こんな美人さんなのに、こんな有名人なのに、こんなにもわたしたちと似たような感覚なのね、とびっくりすること間違いナシです。

→ 続きを読む

ちゃんとできたらメダルがほしい! 次回オリンピック競技に採用してほしいぐらいハードな日常のあれこれ101

無事、閉幕したソチオリンピック2014。今回はまあーーいろいろありましたね。いろんな人が活躍したりしなかったり、いろんなホテルが壊れてたり、おとなりの国で革命が発生したり。そんな大変なあれこれの中でメダルをたくさん取ってきた日本チームは、心から誇れる存在だと思います!

さて、今後にそなえて、新たな競技のことも考えておきたい。重い石を氷上で投げて狙ったところに止めるとか、スキーをつけて100メートル以上飛ぶとか、オリンピック競技ってどれもこれも冷静に考えるとどえらく大変なアクティビティの連続。じゃあ大変なことなら競技にできるんじゃね? ってなわけで、今回はサイト「BuzzFeed」から「オリンピック競技にマジで加えてほしいアクティビティ101個」をご紹介します。まあ見事にどいつもこいつもしょうもないけど、うまくできないとか、めんどくさいとか、確かにしんどいことばっかりだ!

→ 続きを読む

寒い日に飲みたい! ジンジャーとスパイスたっぷりインド式「本格チャイ」の美味しいつくりかた

今日もいちにち寒かったー! そんな夜には、しょうがをたっぷり入れた、温かいチャイをいただくのはどうでしょう? 

本日は、ちょっとだけ本格的なインド式マサラ・チャイの作り方を紹介します。たっぷりのしょうがとスパイスで作るから、飲むと体がぽかぽかしてきますよ。

今回紹介するチャイの作り方は、記者がインド出身の友人から教わったレシピにもとづくもの。スパイスをそこまで利かせたくないな、という方は、少し加減してみてください。またスパイスはホールのものを使うと風味が豊かな上になんだか楽しいですが、パウダーでもじゅうぶん美味しくできます。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6