イヴォンヌ

ライター

ポーチでは外国ネタ(主に恋愛)を担当。子どもの頃からインターナショナルな環境で育ったこともあり、これまでにご縁のあった殿方の出身国は、マレーシア、フランス、イタリア、イスラエル、アラブ首長国連邦、中国、フィリピン、ドイツ、アメリカ、北インドなど、バラエティー豊富。個人的にはイスラエル人男性の端正な容姿&ロマンチックさと、中華系男性の古風な男らしさが好き。ユニークな視点でみなさんの国際恋愛のお力添えができればと思っています。よろしくね♡

「イヴォンヌ麗」担当の記事

イギリス人の夫をもって感じた「国際結婚あるある」15連発【3月14日は国際結婚の日】

本日・3月14日といえば、やっぱりホワイトデー。でもじつはこの日、「国際結婚の日」でもあるんですって。

国際結婚に関する日本最初の法律が定められたのが1873年3月14日、ということでこれを記念したものなのだそうです。

今から144年も前の1873年(明治6年)、時代はまだ江戸から替わったばかり。太陽暦が導入され、キリスト教が公認された年ということですから、当時の国際カップルは文化や価値観の違いへの戸惑いや、周囲の無理解など、そうとうな苦難を乗り越えていたのではないかと思います。

私自身も国際結婚をしているのですが、夫や彼の両親に対して価値観の違いを感じることも少なからずあります。時代が進んでも、国際結婚はまだまだ大変!

そこで、イギリス人の夫と暮らす私が日々感じていることを、「国際結婚あるある」でまとめてみました。ちなみに自分の場合は、結婚2年目・夫婦2人の海外暮らしです。

→ 続きを読む

【彼氏と別れたらどうする? 】SNSにアップした思い出の写真にラブラブな書き込み…別れたときのソーシャルメディア対処法

どんな形にせよ、心穏やかにはいかない失恋。恥ずかしいラブラブエピソードを書きまくったフェイスブックにツイッター、今となっては見たくない写真をアップしまくったインスタグラムとどう向き合っていますか?

みなさん、ご無沙汰。恋バナが大好きなイヴォンヌです。

リアルタイムで情報共有ができる便利なソーシャルメディア(SNS)。でもひとたび失恋すると、楽しかった思い出が一瞬にして「見たくない過去」に変わってしまう。

失恋はできることなら避けたいけれど、恋愛に別れはつきものだから仕方ありません。花火大会や夏祭りでハピネス全開なカップルを尻目に、自暴自棄になっているそこのアナタ。「別れたときのソーシャルメディア対処法」を考えてみましたので、ぜひ参考にしてみてね!

→ 続きを読む

両手で実験して分かった! 薬指に結婚指輪をはめるロマンチックな理由とは?

永遠の愛を約束する結婚指輪。「結婚したら、どんなペアリングにしようかな♪」と妄想にふけったことはあっても、「結婚指輪を薬指にはめる理由」について考えたことのある人は少ないのでは?

現在、海外のフェースブックユーザーの間では薬指に結婚指輪をはめる理由を解説したユーチューブ動画が話題になっています。中国に伝わる言い伝えに基づいたものだそうですが、その理由というのが大変ロマンチック! 彼と一緒に動画を観ていた私(記者)は、思わず目を合わせてニッコリしてしまいました。(リア充発言、ごめんあそばせ!)

できれば大切な人と一緒に試すのが一番ですが、ひとりでももちろんOK。今すぐ簡単に実験できるので、試してみましょう!

→ 続きを読む

【女子力UPマニュアル】ピザーラの「女子力UPピザ」は本当に女子力がアップするのか? ピザを注文して女子会をしてみた☆

「女子会」「女子旅」「レディースプラン」などなど、世間はつくづく女子をターゲットにしているなぁと感じる今日この頃。ちょっとしたオマケが付いていたり、10%割引だったり、そんな小さな特典がうれしいんですよね、私たち女性って。

そんな女心をあざ笑うかのように登場したのがピザーラの「女子力UPピザ」。ネットで話題になっているアレです。なんでも女性誌「MORE(モア)」に同社のピザが特集されたとかで、女性に人気の食材を使ったヘルシーさが謳い文句。確かにトマトやアボカドって美容にいいものね。

→ 続きを読む

なんで好きなのか分からない! 腑に落ちない恋愛をしたら 「相手の匂い」が原因かも

みなさん恋してますか〜? つい先日、地球の大移動を終えたイヴォンヌです。え、イヴォンヌって誰、ですって? 

ポーチでは外国人レシピを担当しているということもあり、イヴォンヌがこれまでお付き合いしてきたのは海外出身の殿方がほとんど。出会いは身近なもので、職場が一緒だった、パーティーで知り合った、という至って普通のシチュエーションです。

もしも外国人とお付き合いしてみたいと思ったら、海外に出てみるのがオススメよ。日本の女の子は海外ではかなりモテますから、選ばなければすぐに恋人ができるはず!

現在、イヴォンヌにはヨーロッパ出身の彼がいます。でも、なぜ彼が好きなのかよく分かりません。でも好きで好きで仕方がない。前置きが長くなってしまいましたが、「彼(彼女)のことが好きなのに、なぜ好きなのか分からない」という人のために、腑に落ちない恋愛について書いてみたいと思います。

→ 続きを読む

これを守れば長続き! 年下男性とのお付き合いで気をつけたい5つのポイント

みなさん、恋を楽しんでいますか? 「付き合うならピュアな年下美男子」がモットーのイヴォンヌです。

ここ最近、年下の彼&年上の彼女カップルが増えているわよね。かくいうイヴォンヌも、この7年間お付き合いをしてきたのは年下ばかり。社会人経験の浅い年下男性はピュアでとてもキュート! ハリのある肌や中年化していないカラダも魅力のひとつかも。おっと、下心があるわけじゃないわよ。

そんないいこと尽くめの年下男性とお付き合いをする上で、気をつけておきたいポイントをまとめてみました。年下の彼がいる人も年下の彼が欲しいと思っている人も、ぜひ実践してみてね!

→ 続きを読む

異性との人間関係を良好に続ける方法! 好きではない人からのお誘いを “エレガント” に断れ

みなさん、こんにちは。男性からのお誘いにいつも頭を悩ませているイヴォンヌです。

イベントの多い年末年始は、食事や飲み会はもちろんデートに誘われる回数も増えるんじゃないかしら? でも好きな人からのお誘いとは限らないわよね。そんなとき、みんなだったら上手に交わすことができる? 

今後の関係を保ちつつも、やんわり断るのはなかなか難しいところ。「無視する」「連絡を絶つ」のではなく、エレガントな交わし方を身につけたいものです。大学時代の友人や会社の上司など、パターン別・シチュエーション別のスマートな断り方をご紹介してみるわね。きっと役に立つはずよ!

→ 続きを読む

スパイスも自分で調合してみよう! インドの母直伝「海老とお豆のヘルシーマサラ」/外国人のご飯レシピ〜インド編〜

ナマステ! みなさん、お元気ですか? 近頃インドの家庭料理にハマっているイヴォンヌです。

おうちによってみそ汁の味が異なるように、インドも家庭によってマサラ(インドではカレーのことを「マサラ」と呼ぶんですって)の味は千差万別。ターメリックやクミンを始め、様々なスパイスを調合して作るマサラは難易度が高そうだけれど、材料さえ揃えば10分で出来てしまうわ。

インドでは、あらかじめスパイスが調合されたスパイスミックスを使用する家庭も増えているというけれど、せっかくだから自分で調合してみましょう! 驚くほど香り高く、プロの味に近づくこと間違いなし。さぁ、始めるわよ。

→ 続きを読む

失恋したときに心が軽くなる10の行動

みなさん、こんにちは! 何度も失恋を繰り返すうち、失恋直後にすべきことが具体的に分かるようになってきたイヴォンヌです。できることなら避けたい失恋だけれど、付き合った以上はお別れするか、ゴールインするかの2つしか道はありません。お別れしても友人として付き合っていけるのは、ほとぼりが冷めた頃でしょう。

望んだ別れでない限りは、失恋って辛く悲しいものです。あの手この手を使って、心が軽くなる方法を模索してしまうわね。というわけで「こうしたら気分が軽くなる」ということをリストアップしてみることにしたわよ。現在進行形で失恋を克服中というあなた、ひとりじゃないからね! 

→ 続きを読む

じゃが芋のホクホク感と旨味がたまらない! 驚くほど美味しい「フライドポテト」/外国人のご飯レシピ〜ベルギー&フランス編〜

ボンジュール! 揚げ物が好きではなかったのに、フライドポテトにハマってしまったイヴォンヌです。ジャガイモを水から茹でて作る自家製フライドポテトは、本当にトレビア〜ン! 揚げたてのポテトにパルメザンチーズをトッピングしただけなのに、驚くほど美味しいの。 お芋のホクホク感と甘みが感じられるわ。

このポテトには、ニンニクを効かせた香りのよい「アイオリソース」を合わせていただきましょう。でもアイオリをイチから作るのは面倒だから、マヨネーズを利用した手抜きレシピで。小腹がちょっと空いた時や、ディナー前にちょっと乾杯したい時などにぴったりのメニューよ!

→ 続きを読む

わぁ、ロマンチック!  ロゼで作るバラ色「サングリア」/外国人の彼ご飯レシピ〜ヨーロッパ編〜

オラ、アミーゴス! みなさん、お酒はお好きですか〜? 後味爽やかなワインの誘惑にいつも負けてしまうイヴォンヌです。今回は、柑橘系フルーツとベリーたっぷりの甘酸っぱいサングリアレシピをご紹介するわね!

フルーツがふんだんに入ったサングリアは赤または白ワインベースのものが多いけれど、イヴォンヌのサングリアはピンク色のロゼを使います。赤や白に比べて美味しいと感じるロゼって少ないと思わない? 買ってきたロゼが失敗だったときにも重宝するレシピなのです。

材料を切って混ぜるだけだから、お酒好きの彼なら率先して作ってくれるはず! さぁ始めるわよ、アミーゴス!

→ 続きを読む

自分をもっと魅力的な女性に磨き上げる10の方法

みんさん、ごきげんよう。キッチン以外でもお仕事をしているイヴォンヌです。今日は「自分を魅力的な女性にする10の方法」をこっそり教えちゃいます。え、アンタ魅力的なの? ですって? お寿司のネタで言えば、中トロってとこかしら。ご想像にお任せしておくわ。

さて、本題へ参りましょう。ハッとするような顔立ちのよい女性でなくとも、身だしなみの整った女性って素敵よね。魅力的な女性、周囲の好感度が良い女性は「日々の小さなことに気を配れる人」。でも意外と、当たり前のことができていない人って多いみたい。

この「当たり前のこと」を守れたら、自分の美意識が高まるのはもちろん、自分の周囲の人たちにも好印象や良い影響を与えられるはず。また、これらのポイントを抑えておくとモテ度もアップ。え、根拠がない? そう言わないで、今日から実践してみてください。2〜3カ月後には、きっといい出会いが期待できるから!

自分でできる日々のちょっとした心がけから、周りを巻き込んだアプローチまで、自分を魅力的な女性にする10の方法をご紹介したいと思います。さぁ、みんなも頑張るのよ!!

→ 続きを読む

まるでクリームを食べているみたい、デザート風の朝食「ミューズリー」/外国人の彼ご飯レシピ〜スイス編〜

グーテンモーゲン! ご飯に納豆よりも、朝はどうしても甘いものが食べたくなってしまうイヴォンヌです。でも今の時期は朝からケーキはちょっと重たいから、フレーバーヨーグルトで目先の変化を毎日楽しむことにしているわ。みんなはどう? ヨーグルトを使った体に優しいスイスの朝食「ミューズリー」を紹介するわね。

ところで、ミューズリーって聞いたことある? オーツ麦にドライフルーツやナッツを混ぜたスイス生まれのシリアルのこと。初めて見た時は鳥のエサかと思ってしまったけれど、食べてみたら美味しかったの! 一晩寝かせることで生まれるしっとりクリーミーな食感は、スイス人でなくてもハマってしまうはず。簡単に作れるから、ぜひ試してみてね!

→ 続きを読む

かわいいピンク色のサラダを作ろう!! 「ビーツ入りポテトサラダ」/外国人の彼レシピ〜オーストラリア編〜

グッダイ・マイト! 最近、ビーツの美味しさに目覚めたイヴォンヌです。カラダにいいことづくめの根菜「ビートルート(ビーツ)」。日本ではあまり馴染のないお野菜かもしれないけれど、見かけたら積極的に取り入れたい食品のひとつ。というのも、美容と健康によい食べ物だから。

揚げ物やバーベキューが大好きなオーストラリア人の彼は、栄養素が不足しがち。西洋を中心にオーストラリアでも頻繁に食べられているビーツを使った、カラダに優しいお料理を作ってあげたらパクパク食べてくれるかも! 缶詰を使えば手軽に作れるので、彼と協力して手早く仕上げましょ。ほんのり可愛らしいピンク色の見た目もポイントのひとつです。

→ 続きを読む

濃厚な卵のソースがとろ〜り、カフェで大人気の「エッグズベネディクト」/ 外国人の彼ご飯レシピ〜アメリカ編〜

アロ〜ハ! 濃厚な卵のソースを半熟卵とパンに絡めて食べる、カフェの新定番「エッグズベネディクト」。 美味しいよね〜、これ。

一見難しそうだけれど、準備から完成まで約20分足らずで作れちゃうんです。 でも、それには彼や旦那さんの協力が不可欠! ポーチトエッグを作るのは彼、ソースを作るのは私、というように役割分担を決めて、手際よく仕上げてね。恋愛も仕事と同じようにチームワークが大切よ。

→ 続きを読む

サクッフワッ! ビールにピッタリ絶品「フィッシュ&チップス」/外国人の彼ご飯レシピ 〜イギリス編〜

ボンジュール! 暑い中、キッチンで恋するお料理作りを頑張っているイヴォンヌです。

今の時期はキンキンに冷えたビールが最高よね! 今年は女子向けのオシャレなビアガーデンが流行っているから、女子としてはうれしい限り。え、あまりの暑さに外へ出かける気にならない? 

それならおうちでビアガーデン気分を味わえるイギリスのパブ料理「フィッシュ&チップス」を作ってみてはいかが? 衣からふわっと香るビールが食欲をそそるこのお料理、 驚くほどカンタンに作れるのに味は本格的。 ビールをたくさん用意して、さぁ始めましょ。

→ 続きを読む

日本人の女子が勘違いしがちなこと/ヨーロッパ人が好きな女性のタイプは「カワイイ」ではなく「セクシー」

AKB48やももいろクローバーZを筆頭とする日本のアイドルは、みんな「カワイイ」のがウリ。セクシーな大人美女は、モデルを除いて脚光を浴びることが少ないようです。さて、それはなぜか?

日本人男子は可愛い女子が大好きだから(なかには、セクシーな女子が好きという人もいるとは思いますが)。ヨーロッパに限らず日本人女子は世界のどこでも人気が高いけれど、それは20代まで。三十路を過ぎても「カワイイ女」を目指していては、気色悪がられちゃうこともあるかもしれないわよ!

→ 続きを読む

外国人の彼をイチコロにするご飯レシピ〜中東編〜「シャクシュカ」/とろ〜り卵&濃厚なトマト味がたまらないよ!

こんにちは! 「恋に効くお料理」に夢中のイヴォンヌです。

お肉と野菜の煮込み料理「タジン」や、お肉の串焼き「ケバブ」などは日本でもお馴染の中東料理。では、スパイスの効いたトマトソースで卵を煮込んだイスラエルの家庭料理「シャクシュカ」はご存知かしら? 

もともとは北アフリカのチュニジアが発祥のお料理だけれど、イスラエルでは朝食の定番メニュー。イスラエル出身の彼(旦那さん)なら、「ママの味!」と感激してくれるはず。

イスラエルでは朝食だけれど、食欲の減退する今の時期ならチキンとパンを添えて夕食にしてもいいかもしれないわ。スパイスのおかげで食欲もアップ! 彼がイスラエルの出身でなかったとしても、手軽にできておいしいのでチャレンジしてみてね。

→ 続きを読む

外国人の彼も夢中にさせちゃう「ふわふわチョコバナナトースト」

手間をなるべくかけずに、ちょっとオシャレなおやつを作ってみたいというのは誰もが思うことなんじゃないかしら? 

そこで、チョコレートクッキー利用したカフェ風のチョコバナナトーストを考えてみたわよ。 サクサクしたクッキーとカリカリのナッツ、ねっとり濃厚なバナナと甘〜いチョコが絡み合って抜群のおいしさ! 女子が大好きなチョコ&バナナは、 西洋系男子にも大人気の組み合わせなの。

このレシピではオーストラリアのクッキー「ティムタム」を使っているけれど、手に入らないようならお気に入りのチョコクッキーを使用すればOK。コーヒーを彼に淹れてもらっている間に、ささっと作っちゃいましょう。

→ 続きを読む

イケてるヨーロッパ人の彼を作る方法/実はすっごくカンタン

外国人男子とお付き合いしてみたいなぁ、なんて思ったことない? 

外国人と言っても、シンガポールや韓国などのアジア人からアメリカやフランスなどの欧米人まで色々な国の人がいるわよね。これはあたしの偏見かもしれないけれど、日本の女子はどうも欧米人に弱い気がするの。

白人男性を目前にして、きゃ〜と騒いでいる女子を夜の六本木や銀座のクラブでよく見かけるもの。だから、今回はヨーロッパ人の彼を作る方法を書いてみることにするわ。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2