「恋愛」カテゴリーの記事

愛する恋人との別れは、非常に悲しく辛いもの。”いつまでも一緒にいたい”そんな思いが誰しもあるからでしょう。「別れを乗り越えて人は強くなる」とも言いますが、別れを乗り越えられずに以前交際していた女性の「人形」を作ってしまった50歳のビジネスマンが話題になっています。
→ 続きを読む

悩みや質問を投稿すると、他のネットユーザーが回答してくれるQ&A型コミュニティサイト「OKWave」にとある独身男性の悩みが投稿され、ネット上で話題となっています。

タイトルは「月収18万では結婚してやっていけませんか?」

本文については以下となります。(以下太字OKWaveからの引用) → 続きを読む

現代の男性は、女性に比べると愛情をストレートにわかりやすく表現するのがやや苦手な傾向にあるように思います。実は愛されているのにまったく気付かないという事態にならないために、今回、男性が恋をしているという10の兆候を紹介します。
→ 続きを読む

昨今、携帯電話はとても便利な半面、すぐに連絡があって当然。と思い込んでしまうこともあります。恋愛の場合は特に。

例えば女性だと、彼からの電話やメールがちょっと途切れると“不安”になってしまいませんか。しかもその“間隔”が開くにつれてさらに不安はつのって“不信感”になっていく・・・こんな悩みを、英国の恋愛エキスパートたちが「女性目線」で解決法を指南しています。その方法とは・・・

→ 続きを読む

あなたは最近、愛しているパートナーに対してちゃんと「I Love You(愛している)」と言っていますか。

この言葉は万国共通。でも、忙しい日常に追われるうちについ言うのを忘れているかもしれません。「愛している」の言葉がなぜ大切なのか、10の理由を紹介します。

→ 続きを読む

満月の夜に『氷を入れたロゼ・ワイン』を飲むと男子にモテモテ?これって本当?

満月の夜には、神秘的なオーラを放つ女性が多くなるといいます。それはもしかしたら、あながち嘘ではないのかもしれません。満月の夜にウミガメが一斉に産卵するように、月の引力と生態系には特別な因果関係がある可能性は十分にあるはず。ということは、満月のチカラを正しく活用すれば、誰もが美しくなれるのかも! そこで、カピバラに激似と言われ続けて三十ウン年の、もう後がない干物女代表の記者が、この世に存在する“満月イベント”なるものを全身全霊をかけて実体験。その効果のほどをお伝えします。

「満月の夜にロゼ・オン・ザ・ロック(氷を入れたロゼ・ワイン)を飲むと、男子にモテてしまう!」という、消しゴムに名前を書いただけで恋が叶っちゃうみたいな、夢のような噂を聞きつけました。何か、こっそり特別なエッセンスでもワインに投入されているのでしょうか。真相を確かめるべく、氷入りロゼ=ロゼ・オン・ザ・ロックを実際に出してくれるお店を訪ねてみることにしました。 → 続きを読む

大阪で「天神さん」として親しまれている大阪天満宮は、オフィス街のなかにあってまさに“都会のオアシス”的な存在。しかも“日本一長い”といわれる天神橋筋商店街から近く、さらにすぐそばには上方落語の定席『天満天神繁盛亭』もあります。1年を通してにぎやかな場所です。

今回、大阪天満宮の中に“恋愛”にまつわるスポットがあると聞いたポーチ編集部の記者が、そのスポット「星合池」に足を運んでみました。恋愛のスポットとはいかに・・・

→ 続きを読む

たとえばテレビドラマの人気シリーズ、最近では映画も大ヒットした『Sex and the City』。4人の登場人物たちの友情は、紆余曲折を経ても長らくずっと続いています。でもしょせんドラマの世界であり、実際のリアルな世界ではそうはいかないことも。「オンナの友情は固くてもろい」・・・特に男がらみになると一瞬で崩壊することも無きにしも非ず。

そんな女性同士の友情は、実は恋愛と同様、相当なハードワーク、貢献、そして努力が必要だとYahoo!米国版の女性向けサイト『Shine』で紹介されています。あなたの友情もピンチかもしれない、そんな6つのサインが以下の通りです。

→ 続きを読む

日本が世界に誇る観光地・京都には、女性を魅了するスポットがたくさん点在しています。歴史ある寺社仏閣をはじめ、和菓子スイーツなどの京グルメ、京雑貨、パワースポットなど、京都に20年近く足しげく通うポーチ編集部の女性記者がおすすめのスポットを紹介します。今回は、日本全国でも指折りの、特に「恋愛」にご利益があるといわれるパワースポットに行ってきました。

京都市内の北部に位置する、世界遺産にも指定されている下鴨神社の中に、縁結びの神様がまつられている『相生社』があります。広い下鴨神社の境内で、大きな朱色の門『楼門』のすぐ南側にあって、すでに女性たちがたくさん集まっていたのですぐわかりました。

→ 続きを読む

カッコいい男性を「イケメン」、育児に協力的な男性を「イクメン」と呼びます。では、最近新たに出てきた「イヌメン」ってなんだかご存知ですか? 実は「イヌ」という言葉から愛犬家の男性をさします。このイヌメンたち、実は近ごろ「婚活」の場などでも “モテモテ” のようです。

→ 続きを読む

恋愛における男女の立場が逆転しつつあるようです。「婚活」や「恋活」に熱心な女性たちを「肉食女子」と呼ぶ一方で、仕事にも恋愛にも趣味にも消極的な男性は「草食男子」と表現されています。まるで動物のようですが、特に恋愛に関してどちらかというと女性にパワーがあるのは、もはや周知の事実ですね。

そんな肉食女子たちのさらに上を行く女性たちがいるようです。その名も「狩女(カリージョ)」。もはや彼女たちにとって恋愛も「ハンター」のごとく狩りにいくものなのでしょうか。でもそのカリージョたちの掟、意外に慎重な面もある!?

→ 続きを読む

失恋は胸が痛むもの。彼や思い出を早く忘れるために、やけ食いに走る女性も少なくないことでしょう。でもやけ食いしたからといって、自分を責めてはいけません!イギリスのインターネットニュースサイト『Daily Mail』が、失恋とやけ食いの関連性が科学的に明らかになったことを伝えています。

男性に(女性同士の場合もありますが)別れを告げられた女性たちは、これまでは愛で満たされていた心を、チョコやワインなどの食べ物で満たそうというという傾向にあるというのです。

→ 続きを読む

長引く不況、就職難、そして増え続ける自殺率。ちょっと前までなら耳を疑うような悲惨な事件も全国で続々と起こっています。今の日本にもはや「夢がない」のでしょうか。

そして恋愛では「肉食系」といわれる女性の元気さ、強さばかりが目立ちます。かたや男性は「草食系」といわれ、仕事にも恋愛にも趣味にもイマイチ情熱が持てない若者たちが確実に増えています。

→ 続きを読む

京都の有名な観光スポット・清水寺にも「パワースポット」好きの女性たちが集まる人気の場所がいくつかあります。本堂や舞台をはじめ、3筋の水が流れ落ちる「音羽の滝」などです。そして清水寺の名称の由来もこの音羽の滝からきているのです。

→ 続きを読む

「旅先での出会い」って、なんてロマンティックでしょう。でもそんなドラマのような出会いなんてなかなかないと思いがち。でも、先日発表されたとある調査で、なんと5人に1人が旅先で恋に落ちていることがわかったんです!

→ 続きを読む

デートの定番といえば「夜景デート」という女性は多いはず。美しい夜景を2人で眺めると、とてもロマンチックな気分になりそうです。さて、その夜景スポットでのデートに関する調査で、やはりカップルたちの夜景デートの人気は高く、93%が「好き」だと回答しています。しかも、62%が「恋人と夜景をバックに写真を撮りたい!」とのこと。さらに、カップルに人気の首都圏にある夜景スポットのベスト5も!

この調査は「夜撮りキレイテクノロジー」によってさまざまな夜景のシーンが撮影できるコンパクトデジタルカメラ『COOLPIX S6000』を販売する『ニコンイメージングジャパン』が実施。1都3県在住の25~39歳の恋人のいる未婚男女500人を対象に「夜景に関する意識調査」を質問、調査期間は2010年6月17日~18日、インターネットで行われました。

まず「夜景デートをしたことがありますか?」という質問に、93%が「ある」と回答。そして、これまでに夜景デートをした回数の平均は「14.7回」で、中には「200回」(31歳・女性)と答えた“夜景フリーク”もいたそうです。いかに夜景デートがカップルの定番なのかがよくわかりますね。

そして「夜景デートの魅力」について聞くと「ロマンチックなところ。(26歳・女性)」「ムードが良くなるところ。(29歳・男性)」などの意見があり、「夜景デートをしたいと思う季節」については、最も多かったのが「夏」(33%)でした。この夏も、夜景スポットにはたくさんのカップルが集まりそうです。

また「夜景デートで、夜景をバックに恋人と写真を撮りたいと思いますか?」という質問には62%が「思う」と回答。その理由として「2ショットで写真を撮ると相手との距離が近くなるから」(37歳・女性)、「一生の思い出になるから」(33歳・男性)といった意見がありました。一方、写真を撮りたいと「思わない」と38%が答えていて「夜景がきれいに撮れないから」(29歳・女性)、「人と景色を同時に綺麗に撮るのが難しいから」(25歳・男性)などの理由で、夜景での撮影が日中より難しいという意識が垣間見れます。

さらに「撮影したいと思う、1都3県の夜景スポット」についての質問で一番人気だったのが「東京タワー」(28%)。以下、「六本木ヒルズ大展望台 東京シティビュー」(17%)、「ランドマークタワー スカイガーデン」(15%)、「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」(13%)、「湘南平」(4%)と続いています。


東京タワーは、映画やテレビのドラマなどでもよく登場することでもおなじみ。しかも、季節やイベントなどで色とりどりにライトアップされていて、何度行っても飽きないのも人気が高い理由の1つかもしれませんね。

Screenshot from Creative Commons (chez_sugi) & nikon-image.com
This image is used in accordance with copyright law number 32

デートのプラン、男女のどちらが決めているのか? けっこう男性が決めている印象がありますが、実は女性が決めているケースが「56%」と半数以上にのぼっていることが、スターツ出版の調査でわかりました。男性がすべてデートをセッティングしてカッコよくエスコートする、というのは、もはや遠い過去になってしまったかもしれません。

→ 続きを読む

デートでどの「お店」を選ぶかは、とても肝心なこと。でも選んだお店によっては、女性が満足できなくて相手に対するイメージダウンにまでつながっていることがある、という調査が『ぐるなび』から発表されました。

→ 続きを読む

顔の形やメイクで理想といわれる “黄金比率”。実は魅力的な「瞳」にも、その黄金比率があるのをご存知でしょうか? 「輝く瞳」推進委員会が提案する黄金比率は「1(白目):2(黒目):1(白目)」。これが、女性の魅力を引き立てる最高のバランスとのことです。

そして「魅力的な瞳を持っている女性はモテる」というその理論を裏付けるのが、同委員会の調査結果です。男性が「女性の顔で最も注目するパーツは?」という質問に、なんと全体の76%が「目」と答えています。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 56
  4. 57
  5. 58
  6. 59
  7. 60
  8. 61
  9. 62
  10. 63