「ご飯」にまつわる記事

ご飯の横取り、ダメ絶対! 4匹のニャンコさんの間を一蘭みたいに仕切ったら、落ち着いて食べられるようになりました

香港に暮らすニャンコ夫婦と3匹の子猫。一家の長であるミートボールパパは、その名の通り「巨大なミートボール」のようにずんぐりむっくりな体型がチャームポイントです。

だけど……食い意地が張っているのがタマにキズ!

→ 続きを読む

「思ってたんと違う!」世界中の寿司好きがツッコミたくなる “お寿司の料理動画” に胸がザワつきます

近頃ウェブでよく見かける「料理動画」。美しくも淡々とした調理過程、美味しそうな仕上がりをただじーっと眺めているだけで、気がつけば心が満たされているから不思議です。

癒し効果がハンパない「料理動画」の中から本日紹介するのは、2017年6月22日に海外版の「Tastemade」がインスタグラムに公開した、お寿司を作る動画

今や世界中にファンがいる日本食の代表格、お寿司。サーモンを具材にして巻きずしを作っているようなのですが……むむ? なんだろう、このモヤモヤした感じは……。

→ 続きを読む

レンジ7分でご飯が炊ける…!? 3COINSの「電子レンジ用ご飯ポット」の実力やいかに? 1合分のご飯が炊けるから一人暮らしに最適

その昔、トシちゃんこと田原俊彦が「ハラハラヘリヘリハラ メシ食ったか?」とご飯をすすめるCMがあったように、食事に欠かせないのが炊きたてのご飯。糖質がなんだ、炭水化物がなんだと言われようと、白米サイコーです。

一人暮らしを初めて思ったのが、「ご飯って炊けるまで意外と時間かかる」ということ。炊飯器でご飯を炊くと、1時間近くもかかるじゃないですか。「今すぐご飯食べたい」と思うときなんかは、ぶっちゃけイライラします。

ハァ~~~? 1時間後? 待てないよ! わしゃいま、炊きたての御飯が食べたいんじゃー!! パンじゃなくて、白米がいいんじゃ~~~~!!! そんなワガママを言いたくなるとき、あると思います。

そんなワガママを言っていたところ、300円均一ショップ「3COINS」に「電子レンジ用ご飯ポット」なる商品があることを知りました。なんとこのアイテムを使えば、レンジを使ってたったの7分で1合分のご飯が炊けるというではないですか!!!! これは試さねばっ。

→ 続きを読む

『カルテット』は究極の飯テロドラマだった! からあげ、ポテトタワー、チャーシュー丼など…高橋一生さんのエプロン姿もごちそうです♡

現在放送中のドラマの中で私の断トツのお気に入りは、火曜夜10時より放送中のTBS系ドラマ『カルテット』!

豪華俳優陣4人によって繰り広げられる、ミステリアスなストーリー。小気味よい会話、くすっと笑ってしまうユーモラスな演出、画面から漂う映画のようなぜいたく感、そしてふいにやってくる胸キュン展開。

エンディングで流れるメインキャストたちの歌唱シーンも含め、すべてがすべて見どころなのですが、実はこのドラマ、ことあるごとに美味しそうな食べ物が出てくるんですよね。ファンの間ではひそかに、飯テロドラマと呼ばれているのであります。

→ 続きを読む

【フジロック’16】今年もやっぱり美味しかったよフェスごはん! 田端あんじが選んだ「フジ飯」ベスト5

先日、苗場スキー場で行われたフジロックフェスティバル。ここでいただくごはんが美味しいことは、参加するフジロッカーにとっては有名な話。そこらのレストランで食べるよりもはるかに美味しいんだもの、胃袋のキャパがぜーんぜん足りなくて困っちゃう!

今年も数多くのお店が出店しておりまして、和食にフレンチ、エスニック、さらには自分で焼いて楽しめるバーベキューなど、ジャンルもメニューもさまざまでした。

今回は、記者(私)が選んだフェスごはん「フジ飯ベスト5」を紹介しちゃいます。毎年参加しているお店もあるので、来年の参考になるように♪

→ 続きを読む

「このご飯は私のものニャ!」エサを取られまいと必死に戦う子猫ちゃんたちの動画がたまらなくキュート

どんなに小さな体であろうとも、自分の食べるものは、自分で守る! そのような決意がひしひしと伝わってくる動画が2本、YouTubeに投稿されておりましたよ。

動画の主役は、どちらも子猫。目の前にあるご飯を誰にも取られまいと死守する姿に、萌えてしまうこと必至なんですよね。

→ 続きを読む

海外グルメ旅、一緒に行くなら誰がいい? 総合3位に選ばれたのは現在話題の “あの人” でした!

正月休みは終わってしまったけれど、新しい年は始まったばかり。学生さんは春休み、我々社会人はGWに向けて、海外旅行の計画など練って、次なる楽しみを準備しておきたいものです。

ひとり旅もいいけれど、友人とする旅も、とっても楽しい! 「気が合う」「長く行動を共にしても疲れない」といった点もさることながら、「一緒にご飯を食べたい」と思える相手と旅先で食事をする喜びはまた、格別ですよね。

→ 続きを読む

アメリカ版 家族の食卓を振り返る動画にビックリ! なんと日本人にとっておなじみのアレが登場しちゃうのだ!!

「○○の歴史 100年」シリーズでおなじみ、海外サイト「Mode」がこのたび手掛けた新作の主役は、 “食べ物” ! 「ファミリーディナーの100年」を振り返る作品が、動画サイトYouTubeに投稿されておりました。

いつもの「ファッションの歴史」とは一種異なる映像に登場するのは、時代を象徴するメニューの数々。

→ 続きを読む

【災害対策】台風などで電気やガスが使えない時に……日本赤十字社が「ポリ袋でご飯を炊く方法」を紹介しているよ!

2015年9月9日に西日本や東海地方に上陸し、今なお日本列島を北上し続けている台風18号

これに伴い、東京都内も天気が荒れに荒れておりますが、みなさん、日頃からこのような「まさかの事態」に備えた災害対策、行っていらっしゃるでしょうか。

2011年に起きた東日本大震災をはじめ、土砂災害に台風襲来。このような災害時に、ライフラインが止まることはままあるもの。そして「避難した先に調理するための道具がない」といった状況も、十分起こり得ること。

電気やガスが止まってもお湯を沸かすくらいなら、カセットコンロ等があれば、かろうじてできる。でもこういうときこそ、温かい、炊きたてのご飯が食べたくなるもの……。

そんな事態に直面したときに必ず役に立つ方法を、日本赤十字社のサイトで紹介しています。

→ 続きを読む

【高円寺】ご飯に1番合うおかずは何だ! 茶碗片手に商店街を練り歩くイベントが革新的な件/これは次回にも期待

「うーん! ご飯3杯はいけるな!」

その美味しさを賞賛するとき、このように表現されることの多い「おかず」。たしかに、ご飯が進む=優秀なおかずであるのは間違いないけれど、その実態は万年引き立て役。そんな折、ある勇敢なおかずがつぶやいた。「俺たち、いつまでご飯の引き立て役をするんだ……?」

長年の夢であった主役になるべくおかずたちは一風変わったイベントを開催することに。その名も、ご飯に1番合うおかずを探すイベント「Gメシ★88」。杉並区の後援のもと、商店街の活性化を狙ったものでもある。

2/22(土)、マイ箸とマイ茶碗をカバンに忍ばせサブカルシティ高円寺にやってきた記者。茶碗の被り物を忘れてきてしまったことを後悔していたのだが、受付の際おにぎりを被ったスタッフを発見したので拝借することに。これで良し。ではイベントの様子をご紹介。

→ 続きを読む

ごはんにピザポテトをかけて、とろけるチーズを乗せてチン! すると「ドリア」みたいになる!!

意外な組み合わせの食材が、思わぬおいしいレシピに変わることがよくあります。プリンにしょう油をかけたらウニの味がしたり、きゅうりにはちみつをかけるとメロンの味がしたり。組み合わせ次第で、新しいテイストに出会えるものです。

あまりご存知ないかも知れないのですが、ポテトチップスとご飯の相性はなかなか良い感じ。特にピザポテトをご飯にかけて、チーズを乗せて電子レンジでチン! すると極ウマ!! さらにマヨネーズをかけてちょっと牛乳を足すと、ドリアのような味になるから不思議です。 → 続きを読む

【アラサー流・恋愛奮闘記】家庭的な部分をゴリ押ししない、ズボラ料理で勝負しよう

【第19回 家庭的な部分をゴリ押ししない、ズボラ料理で勝負しよう】

意中の男性と何度かデートを重ね、ついに自宅に招くことになったとしましょう。時間帯は夕刻。このままお酒に酔わせてベッドに誘い込めば、あとはこっちのもの……と、ほくそ笑む前に、おさえておきたいポイントがいくつかあります。 → 続きを読む

【有名人ごはん】まるでチキンナゲット!木下隆行「ごはんの唐揚げ」

TBS系バラエティ番組「さんまのからくりテレビ」内で、人前で食べるのはちょっと恥ずかしいけれど、ひとりでいるときについついやってしまう自分だけの美味しい食べ方を紹介していているコーナー「はじメシ」。今回は、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さんが提案した肉を使わずにできるの「ごはんの唐揚げ」をご紹介。

→ 続きを読む

放送作家、脚本家の小山薫堂さんと株式会社石神邑(いしがみむら)が梅を“食べる調味料”としてプロデュースしていることがPouch取材班の調べで明らかになりました。

最近では、食べるラー油が流行っていますが、日本の伝統食材をベースにした食べる調味料がないことから、この「ニッポンの食べる調味料をつくるプロジェクト ~400年つづく梅の郷・石神邑の伝統を守る~」が発足したよう。開発は、株式会社石神邑さん。和歌山県にある会社で梅の製造から販売までを行っている会社です。

ではなぜ小山薫堂さんは梅に注目したのでしょうか? → 続きを読む