「アニメーション」にまつわる記事

映画『SING / シング』はビートルズからきゃりーぱみゅぱみゅなど超人気ミュージックが大集合! 動物たちのノリノリ歌唱は爆笑と感動の渦です!

【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、あの『ミニオンズ』を製作したユニバーサル・スタジオの新作映画『SING/シング』(2017年3月17日公開)です。大ヒット作『ラ・ラ・ランド』や『モアナと伝説の海』、そして4月公開のミュージカル映画『美女と野獣』など、今年はミュージカルの当たり年になりそうな予感がします。

そんな勢いあるミュージカル映画の中でも、ヒット曲満載のポップな音楽アニメーション『SING/シング』は最高です。もう楽しくて楽しくて! ではサクっと物語をご紹介。

→ 続きを読む

「ルパン三世」誕生50周年のフレーム切手が発売されるよ / お宝グッズ感満載の純金プレートとのセットもあり!!!

昨年に続いて伊勢丹とまたまたコラボするなど、誕生50周年を迎えてもなお大人気の「ルパン三世」。関連グッズもいろいろと展開されていますが、お次はフレーム切手が登場!

伊勢丹と郵便局でしか手に入らないし、数量限定だし、そんな切手もったいなくて使えません。文字通りお宝グッズな純金プレートとのセットもあるよ!

→ 続きを読む

「鬼に勝ったらモテますか?」 ちょっと変な桃太郎『ふともも太郎』が狂クレイジーです /  川で拾われる前の桃のエピソードも輪をかけてカオス…

昨年からたくさん見かけるようになった、桃太郎をフィーチャーした各企業のCM。空前の桃太郎ブーム(?)とも言えるなか、最後の刺客が登場しています。

2016年3月、公益財団法人JKAが、Youtube「KEIRIN公式チャンネル」に公開した動画『ふともも太郎』をご存知でしょうか? 立派なふとももを持って生まれてきた男の子・ふともも太郎が、競輪島を牛耳っている鬼たちを競輪で退治するというお話です。

→ 続きを読む

ピクサーのアニメーターがダークな大人向けショートムービーを公開「アニメは子供のものという概念を壊したい」

ピクサーのアニメーター、Andrew Coats さんと Lou Hamou-Lhadj さん2人は、これまで『トイ・ストーリー』シリーズや『インサイド・ヘッド』など、数々の名作を手掛けてきた方。

そんな2人が制作、動画サイトVimeoに投稿したのは、ショートムービー『Borrowed Time(借りた時間)』。

セリフはほとんどなし。しかし、セリフを最小限にしているからこそ、ストーリーの背景にある重みが伝わってきます。深く、あまりにも大人向けな展開に、心を動かされれてしまいました。

→ 続きを読む

映画『君の名は。』新海誠監督とシャープさんのマニアックなやり取りが話題 / 懐かしのPC「X68000」が作品に登場してるんだって!

以前ポーチでもご紹介した、アニメーション監督の新海誠さんの新作映画『君の名は。』が現在公開中です。

公開前から話題を呼んでいたこの作品をさっそく観たという方は少なくないようで、ツイッターなどSNSで感想を述べる人が数多く見受けられました。みなさんはもう、ご覧になったかしら?

2016年8月29日(月)『君の名は。』に関する興味深いつぶやきを投下したのは、 “中の人” がユニークなつぶやきをすることでたびたび注目が集まるSHARPシャープ株式会社(以下、シャープ)の公式ツイッター。

→ 続きを読む

恋の相手がいつしか最強のライバルに…向かい合わせでお店を持つ男女のほっこりSFラブストーリー♪

アメリカやヨーロッパ諸国を中心としたメキシコ料理レストランチェーンの「チポトレ・メキシカン・グリル(Chipotle Mexican Grill )」が制作、YouTubeに投稿していたのは、胸がほっこり&キュンとする、とっておきのラブストーリー。

オレンジジュースの店をかまえる、若き青年アイヴァン(Ivan)は、向かい側でレモネード店を営んでいる同年代の女性、エヴィ(Evie)のことが好き。彼は彼女を一目見た瞬間から、すっかり恋に落ちてしまったらしいの。

エヴィと一緒に映画館に行き、楽しい時を過ごしたいと考えるアイヴァンでしたが、自分の店はあまり儲かっていないので、デートするお金がありません。

→ 続きを読む

ディズニー/ピクサー映画『ファインディング・ドリー』の監督に直撃インタビュー! 忘れん坊ドリーの魅力とは?

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の監督を直撃インタビューします。

今回直撃インタビューしてきたのは、待ちに待ったディズニー/ピクサーアニメ『ファインディング・ドリー』(2016年7月16日公開)のアンドリュー・スタントン監督アンガス・マクレーン共同監督です。

大ヒットした『ファインディング・ニモ』から13年! なんとドリーが主役になって帰ってきましたよ。

というわけで、この映画の裏側を両監督に聞いてきました。

→ 続きを読む

ウールの素晴らしさがよくわかる! 可愛いだけじゃなくって勉強にもなるショートフィルムアニメを見つけたよ♪

ウール100%の製品に必ずついている「ウールマーク」でおなじみの、オーストラリアの企業「The Woolmark Company」のためにデザインプロダクション「Buck」が制作したショートフィルムが、めちゃんこ可愛らしいっ! 

観ているだけで自然と癒されてしまうくらいにキュートなのだけれど、同時にウールの良いところをわかりやすく、丁寧に教えてくれているので、勉強にもなるのよね。

→ 続きを読む

可愛いけれど中身が深すぎるアニメ『あなたとは何者か』が話題 / ネットの声「我々は様々なパーツから成り立っている “構造” にすぎない」

私って何者? 子供の頃や10代の多感な時期には、誰しもいちどは考えたであろう、この問題。答えが出ることのないこの問いに、今も悩み続けている……なんて方も、もしかすると少なくなかったりして?

でもね。本日ご紹介する映像作品を観れば、その答えにたどり着くことができるかもしれませんよ。

→ 続きを読む

「ホコリVSお掃除メイド」勝つのはどっち!? モッフモフの可愛いホコリたちが活躍するCGショートアニメ『ダスト・バディーズ』が楽しい!

ある家に、ウサギのかたちをした “ホコリ” 、ダストバニーたちが暮らしておりました。

彼らの住処は、ソファの下。床に落ちているクッキーの食べかすを拾って食べたりしながら、平穏に暮らしていたのだけれど……大変! お掃除メイドさんがやってきて、掃除機をかけ始めちゃったっ! みんなこれから、どうなっちゃうのぉ〜!?

→ 続きを読む

ゴッホの生涯を綴る油絵アニメーション「Loving Vincent」の最新トレーラー公開中 / なめらかに動く絵画にゾクッとするぅ〜!

一般的なアニメーションは、イラストを動かすために、シンプルな線と塗りで描かれていることが多いですよね。それでも1秒間に12コマ、多いときには24コマ使われていると考えると、アニメーション制作って大変だなあと思うわけですが。

それを、油絵でやろうとしているチャレンジングな人々がいることをご存知でしょうか。ゴッホの生涯を、唯一無二の絵画で綴ろうという壮大なプロジェクト「Loving Vincent」。その最新トレーラーを本日はご紹介いたします。

→ 続きを読む

大自然の中で弾ける二人の友情に胸アツ! ディズニー / ピクサーの新作『アーロと少年』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、ディズニー/ピクサーの最新作『アーロと少年』(2016年3月12日公開)。2015年に全米公開されて絶賛評に包まれた感動作です。

地球に隕石がぶつからず、恐竜が進化した地球という設定の中、言葉を持つ恐竜のアーロと、言葉を持たない野生の少年のスポットの友情を描いています。これが、大人の心にもガツンとヒットし、心が洗われる物語で良いんですよ。

→ 続きを読む

整形手術がどんどんエスカレートした結果…? 美に翻弄される女性を描いたアニメーション『Supervenus』が衝撃的!

今よりもっと、美しくなりたい。女性ならおそらく誰しも抱くこの欲望が暴走したら、果たしてどうなるのか? その結末をグロテスクに描いたアニメーション作品『Supervenus』を、本日はみなさまにご覧いただきたいと思います。

ただし、かなり衝撃が大きいので、心して観るようにしてくださいね。

→ 続きを読む

30年後は全仕事の半分を機械が行っているのかも…? なにもかもがオートメーション化された世界を描いたアニメ作品におもわず鳥肌

英「The Guardian」が製作したアニメーション作品『The last job on Earth: imagining a fully automated world』の舞台は、今から30年後の世界。

昨今、多くの科学者たちが「30年後には人間に代わって、機械が仕事の半分を請け負っているだろう」と言及しており、同作はこれをアニメ化。

「地球上の最後の仕事」に従事するアリスを主人公に、完全オートメーション化された “起こりうる未来の姿” をリアルに描いています。

→ 続きを読む

【ヤオイチック】フランスの名門アニメ学校の生徒が描いた日本の『衆道』…清く儚くそしてエロティック!

雪上で兵刀を交えることとなった、2人の侍らしき男たち。

彼らの名前は、ハヤテ(Hayate)とイワ(Iwa)。 なぜ彼らは戦うことになったのかについては劇中では触れられていませんが、2人がただならぬ関係にあったことだけは、動画の内容、さらにはタイトルを観ればすぐにわかります。

→ 続きを読む

日本人による自主制作アニメ『東京コスモ』の完成度があまりに高い! ただいま世界中から大注目を浴びています

現在投票が行われているコンテスト、第17回「DigiCon6 ASIA Audience Choice」にエントリーされた、ある日本人制作のアニメーションムービーが、国内外で注目を集めているみたい。

「Audience Choice(観客賞)」と銘打っていることからもわかるとおり、最も多く票を集めた作品が大賞に輝く同コンテスト。エントリーされているのは、アジア10地域から集まった、選りすぐりの10作品。

ここに彗星のように現れた、1本の映画。それが、「東京コスモ」という作品なのです。

→ 続きを読む

【ちょいグロアニメ作品】運転中の「イライラ」は恐ろしい…度が過ぎるとトンデモナイことが起こっちゃうかも!

延々続く、大渋滞。信号もなかなか変わらないし、変わったと思ったらまたあっという間に、赤信号で足止め。あ~、イライラ。イライライライライライラ。ストレスが溜まりすぎて、もうどうしたらいいのおおおおお!!!

車を運転されるみなさまならば、必ずや直面したことがあるに違いない、「運転中のイライラ」。

でもね、苛立ったところで、渋滞が緩和されるわけでも信号が青になるわけでも、ありません。それどころか大抵、ロクなことが起こらないのです。

→ 続きを読む

名作児童文学「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が3DCGアニメに! 10月公開の映画「GAMBA ガンバと仲間たち」にネットがざわざわ

1972年に刊行された斎藤惇夫さん著の児童文学作品「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」(アリス館牧新社、のち岩波書店)。

世代を超えて今なお愛され続けているこちらの作品が、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ「永遠の0」「STAND BY ME ドラえもん」らを手掛けたトップクリエイター集団「白組」によって、3DCGアニメーション映画「GAMBA ガンバと仲間たち」に。来る10月10日(土)、全国公開されます。

→ 続きを読む

「千と千尋の神隠し」がファミコン風ショートアニメに! 8ビット化した八百万の神々が可愛すぎます♪

千が、ハク様が、坊(ぼう)が、カオナシが……8ビット化してるーーー!!

ご紹介するのは、宮崎駿監督による名作アニメーション映画「千と千尋の神隠し(英題:Spirited Away)」を、8ビットゲームで再現したショートムービー。

かつてのファミコンゲームを思い起こさせる素朴さ&キュートさが、見事ジブリアニメの世界観とドッキング。意外や意外、すんなり馴染んでいるうえ、8ビットと化したそれぞれのキャラクターがもう、身悶えするほどに可愛らしいんですっ。

→ 続きを読む

永遠の24歳!! サザエさんが全国を駆け巡る「ありがとう45周年! みんなのサザエさん展」〜東京開催は2月16日まで

思えば昔、自分がタラちゃんより年が大きいと自慢していた頃がありました。その後気付いたらワカメと同学年になり、カツオに追いつき、青春のゴタゴタを終えて一息ついたら余裕でサザエさんを追い越していた記者(=私)。次なる目標はフネさんでしょうか……

子供の頃から今に至るまで、日曜日の夕方18時半にテレビをつけると、いつもそこにいてくれた「サザエさん」。

そんなサザエさんのアニメ放送開始45周年を記念して現在、「ありがとう45周年! みんなのサザエさん展」が日本中で順次開催されています。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2