「アメコミ」にまつわる記事

メイク?芸術? まぶたにウルヴァリンがドーーーン!! 映画『X-MEN』キャラをモチーフにしたアイメイクが完成度高すぎる

アイルランド・ダブリンに暮らす19歳のメイクアップ・アーティスト、RACHELさん(RachelCMakeup)がインスタグラムに公開していたのは、マーベル・コミック『X-MEN』の人気キャラ「ウルヴァリン」メイク! 

ここで言う「ウルヴァリン」メイクは、ウルヴァリンみたいな顔になるメイクのことではありません。まぶたの上をキャンバスに見立ててウルヴァリンの顔を鮮明に描いた、なんとも芸術的なメイクのことなのであります。

→ 続きを読む

ひとつだけ様子が…「マーベル ツムツム」のプチケーキがコージーコーナーに登場! だがハルクが気の毒な件

これまで、ディズニー系キャラをモチーフにした激カワプチケーキを続々と世に送り出してきた銀座コージーコーナー。コロンとしたカタチのプチケーキが、いろんなキャラクターになっていて、思わずキャー! と叫んじゃうかわいさでした。

1月13日(金)~2月14日(火)、その新作として「マーベル ツムツム」デザインのプチケーキセットが登場。今回もアメコミ好きならずとも見逃せないはず……なのだけど……ちょっと待って(笑)。

→ 続きを読む

GW映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』はアクションに酔い、仲間割れの物語に大いに感情を揺さぶられる快作だ~!【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、GW最大の話題作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年4月29日公開)です。

『マイティ・ソー』『アイアンマン』など、人気のマーベルコミック映画。これらマーベルキャラがみんな登場するのが『アベンジャーズ』だと思っていたのですが、今回の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、キャプテン・アメリカがメイン。

とはいえ、もはや『アベンジャーズ』級の豪華さでマーベル祭り感が強い作品。とにかくにぎやかで楽しいのです!

→ 続きを読む

ブルボン「オリジナルアソート」がアベンジャーズみたいだと話題 / エリーゼにルーベラに…ヒーロー級のお菓子が大集合してて夢みたい!

ただいま、ブルボンの「オリジナルアソート」という商品がTwitter上で話題になっています。ブルボンのヒーロー級のお菓子が大集合していて、まるでアメリカが生んだヒーロー集団・アベンジャーズみたいだというのです。

Twitterユーザーからは、「想像以上にアベンジャーズ」や「納得のラインアップ」などの声があがっています。

→ 続きを読む

1.5cmのヒーローが大活躍する全米大ヒット作『アントマン』のペイトン・リード監督を直撃インタビュー!【最新シネマ批評・インタビュー編】

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の監督を直撃インタビューします。

今回のインタビューに登場するのは、全米で大ヒットした超話題作『アントマン』(2015年9月19日公開)のペイトン・リード監督。

リード監督は、キルスティン・ダンスト主演のチアガールの青春映画『チアーズ!』や、「イエス!」と言うことで人生が変わっていくジム・キャリー主演の『イエスマン “YES” は人生のパスワード』など、コミカルな演出が得意な監督です。

そのリード監督の最新作『アントマン』は、これまでの『アイアンマン』や『マイティ・ソー』などマーベルヒーローの中でも、いちばん親近感が沸くキャラクターでコメディ要素も豊富! 今回リード監督には『アントマン』制作の裏側を語っていただきました。

→ 続きを読む

こんな使い道があったなんて!! ポストイット3600枚を貼って作ったスター・ウォーズのウォールアートがスゴい!

もうすぐ公開となるスター・ウォーズシリーズ最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。「公開が楽しみすぎるーッ!!」ということで、ある会社がとってもユニークな作品を制作しましたよ! 

イギリスの事務用品会社「バイキング」が自社のオフィスの壁に作り上げたのは、ポストイットの壁画

どこのオフィスにもあるであろうポストイットを使って、殺風景なオフィスにスター・ウォーズのキャラクターたちのウォールアートを作り上げたんです!

→ 続きを読む

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でテレキネシスを駆使する新星エリザベス・オルセンを直撃インタビュー!【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の女優を直撃インタビューします。

今回インタビューしたのは超話題作『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年7月4日公開)に出演しているエリザベス・オルセンです。あのオシャレなオルセン姉妹の妹さんで、ハリウッド期待の若手女優です。『GODZILLA ゴジラ』にも出演し、そして今回、人気シリーズ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のメインキャストに大抜擢。まだ26歳ですが、かわいさと大人の落ち着きが同居した、大人かわいいエリザベスに直撃取材をしてきました。

→ 続きを読む

「アベンジャーズ」に「ドクター・フー」…パンケーキでアメコミキャラなどを自由自在に描いちゃう男性がスゴい!!

これまでにも当サイトで何度かご紹介している「パンケーキアート」。焼き加減の濃淡や色の違いでキャラクターや動物などを描くというものです。

そして今回、またまたスゴ技のパンケーキアーティストを発見! Instagramで自身の作品を発表しているのは“ドクター・ダン、ザ・パンケーキマン”、ことダニエル・ドレイクさん。

アベンジャーズ』や『ドクター・フー』に登場するキャラたち……これがすべて、パンケーキで食べることができるだなんて!!

→ 続きを読む

【寝てませんて】眠気に耐えつつこちらを凝視するヒーローたちに萌えキュン! 「バットマン」「スパイダーマン」「ハルク」のアイマスクを見つけたよ

ヒーローは、眠らない……。

この、アメコミヒーローが口にしそうなセリフがそのまま商品名になったアイマスク、それが本日ご紹介する「HEROES NEVER SLEEP!(ヒーローは決して眠らない!)」です。

海外サイト「Shuba Gift Factory」にて購入することができるこちらのアイマスクに描かれているのは、バットマンに超人ハルク、そしてスパイダーマンの3名。

→ 続きを読む

スーパーヒーローたちが必殺技を繰り出し何でもアリなサッカーをする動画 / 最後はあの魔法使いが…

スパイダーマンにスーパーマン、ハーマイオニーにスーパーマリオ……映画やゲームに出てくるスーパーヒーローたち。一同に介したらいったい誰がいちばん強いの?

今回YouTubeからご紹介するのは、皆さんおなじみのスーパーヒーローたちがサッカーをする動画。しかしそれぞれが自分の必殺技を使って、なんだかはちゃめちゃなことに……!?

→ 続きを読む

大人気漫画「進撃の巨人」が「マーベル・コミック」社とコラボするかも!? 編集者によるつぶやきとティーザー広告がネットで話題に

「スパイダーマン」など有名アメコミを多数出版している「マーベル・コミック」社の作家・編集者C.B.セブルスキーさんが、昨日4日の午前3時頃に以下のようなツイートをして、一部ネットユーザーが騒然

「Not a joke, folks. Attack on Titan and the @Marvel universe are crossing over! In 2 weeks. In Japan. Want a teaser?(みなさん、ジョークではありませんよ。 “進撃の巨人” とマーベル・コミック社がクロスオーバーします! 2週間、日本でね。ティーザーが見たいですか?」

→ 続きを読む

アメコミ世界のプリンセス!? ディズニーの白雪姫をモチーフにしたレッド・ヴァレンティノの新作コレクションが激カワすぎるぅッ!!

白雪姫といえば、グリム童話のひとつにしてディズニーが誇る名作アニメーション映画。どちらかというとクラシカルなイメージがありますが、今回ご紹介する白雪姫モチーフのお洋服は超ポップでキュート! まるでアメコミの世界から飛び出してきたかのようなかわいさなんですっ!

2014年秋のコレクションとしてディズニーの白雪姫をモチーフにしたファッションを発表したのはレッド・ヴァレンティノ

→ 続きを読む

古代エジプトの壁画風に変身! 味わい深くなったスーパーヒーローたち

みんな大好き、マーベル・コミックス・DCコミックらが生んだ、アメコミスーパーヒーローたち。そして日本が生んだ、世界に誇れる特撮ヒーローたち。

本日みなさまにご覧いただくのは、世界中で親しまれるスーパーヒーローたちが、古代エジプト壁画風に描かれた、一風変わったシリーズ作品『HERO GLYPHICS』です。

→ 続きを読む

スーパーマン史上最も孤独で影がある!? 誕生のヒミツを描く映画『マン・オブ・スティール』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、スーパーマン誕生の秘密を描く『マン・オブ・スティール』です。女子的には「これって男向きの映画じゃないの?」と思われるかもしれないけど、それが違うのですよ。

今回のスーパーマンは苦悩するスーパーマン。今まで一番陰影があり、どこか孤独を身にまとっているような姿はちょっとセクシーで素敵です。女子的にはそこが注目どころでしょう!

→ 続きを読む

アメコミ・ヒーローがピカソ風になっちゃった! キュビズム手法で描かれた独特の構図がスゴイ

キュビスム。

それは、20世紀初頭にかのパブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始された、いろいろな角度から見た物のかたちをひとつの画面に収める画法。著名なピカソ作品のほとんどがこの手法によって描かれている、と聞けば、きっとあなたも想像がつくのではないでしょうか。

本日みなさまにご覧いただくのは、キュビズム手法で描かれた、有名アメコミ・ヒーローたち

→ 続きを読む

GW映画の大目玉!『アイアンマン3』の前に立ちふさがっていた最大の壁とは【最新シネマ批評】

【映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。】

今回ピックアップするのは4月26日公開の3D映画『アイアンマン3』。人気シリーズのパート3です。

アイアンマンことトニー・スターク役が当たり役となったロバート・ダウニー・Jr。ヒーローとはいえ、バットマンのような影はなく、スーパーマンのような優等生でもなく、自己中心的な俺様キャラクターはロバートの個性にピッタリとマッチ。しかし、今回は最後のアイアンマンという噂も? こんなに人気あるのに?さてその真相は?

→ 続きを読む

世界中が惚れた!!  「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれたイラストレーターが描く、超クールな「スパイス・ガール」

スーパーヒーロー・ヒロイン風の衣装に身を包み、華麗に敵を倒すアジアの女の子たち。アメコミにスーパーヒーローを描いた絵は数あれど、アジア風で、しかも女の子が主役のこのような絵は、あまり目にすることはありませんでした。

この、戦うアジアン・スーパーガールズを描いたのは、東京出身で現在ニューヨークを拠点に活躍する日本人イラストレーター、清水裕子さん。

『ニューヨークタイムズ』や『ニューヨークマガジン』など、数多くの有名誌に引っ張りだこの彼女は、2009年ニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれたほどの、実力者です。

→ 続きを読む

どんな困難もたちどころに解決…できないねこれ! たぶん地球は救えないアメコミ式「頼りなさすぎる特殊能力」16選

自分に超能力があったら、なんて思いませんか? 特に月曜日の朝なんか。ああ今、一瞬にしてメイクと着替えを完了し、会社の入り口に立てる能力があったなら! なんて思うこと、ありませんか。わたし(記者)は非常によくあります! あ、あと、瞬時に原稿を上げる能力と即座に誤字を直す能力がほしいです。

アメリカのコミックヒーローたち、そして日本のマンガの主人公たちは昔から、通常の人間ではありえない固有の特殊能力(スーパーパワー)を武器に活躍してきました。スーパーマンは「空を飛ぶ」「強靭な肉体をもつ」、『One Piece』のルフィなら「全身がゴムのように伸びる」など。ほかに身体の一部が銃や翼に変化するなどの変化系もよく見られます。そうした多種多彩な超人的能力はヒーローたちの活動を助け、結果としてこの地球は何度も救われてきたのでした。

でもね、何もそんな都合のいい能力じゃないんですよ。使える能力ってものがあれば、その裏にはビミョーな能力があったりするってもんですぜ、旦那。

今回は、ビミョーな「スーパーパワー」をアメコミスタイルで描くWebサイト「The Daily Superpower」から、選りすぐりの「頼りなさすぎる特殊能力をご紹介します! 紙とペンによる真に迫ったアメコミ描画、別の言葉でいうと才能の無駄遣いっぷりにも注目ですよ。

→ 続きを読む

映画『アベンジャーズ』の主人公に黒歴史…日本人を次から次へとひねりつぶしていた/少し考えてみる戦争のこと

アメリカン・ヒーローを一堂に集めた人気映画『アベンジャーズ』。その宣伝コピー「日本人よ、これが映画だ。」に対して作家の矢作俊彦氏が噛みついたのは記憶に新しいところです。

ハードボイルド小説のみならず、無駄な開発事業を批判するなど日本を憂うルポでも知られる矢作氏。CGを多用する派手な娯楽映画である『アベンジャーズ』が「これぞ本物の映画」と名乗っている、しかも「日本人に教えてやろう」という上から目線であるということに相当カチンと来たようで、ツイッターで「これほど不快な惹句を他に知らない。日本のスタッフが書いたなら、そいつを探し出して二重橋前で吊るしたい」などと辛辣な批判を浴びせました。

記者としては「なんて沸点の低い」と少し思う一方で、人によって趣向がひどく違う「映画」というものについて良し悪しを語るのは宗教論なみに難しいのでは、という感想を抱いたものです。特定のジャンルが好きな人は、それ以外のジャンルが理解できなかったりするもの。女子のなかには「バトルが見どころ」という映画に興味がない人も相当数いるわけで、その意味ではくだんのコピーからは「お前の観てるソレは映画じゃねえから」という「地獄のミサワ」調のニュアンスを感じてちょっと……というと裏読みのしすぎなのでしょうか?

さて矢作氏の怒りのツイートはこのあと、同映画の主人公をやり玉に挙げます。曰く、「7、80年前、君たちのおじいさんやひいおじいさんを無残に殺して勝ち誇ってた野郎だぞ」。それはいったい、どういうことなのでしょう?

→ 続きを読む

秀逸キャラクターコスプレ風ファッション特集/アメコミバージョン

ポーチをお読みになられているファッショニスタ女子のみなさま、こんにちは。

さて今回も、前回に引き続き、大好評を博している「Belさんのコスプレ風ファッション特集」をお送りしたいと思います! 第2回目の今日は、『アメコミキャラクター風ファッション』ですっ!!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2