「アート」にまつわる記事

これ描いたの5歳児って本当…!? すでに100枚以上の絵を売っているキャシーちゃん / 売上金の一部は慈善団体に寄付

オーストラリア・シドニーに暮らす5歳の女の子カサンドラ・ジー(Cassandra Gee)ちゃん、通称キャシーちゃんは、3歳からプロの画家「CassieSwirls」として活躍しています。

国内のみならず国外でも人気のようで、展覧会も開催。これまでに売った絵は100作品以上にもおよび、売り上げの一部は各慈善団体に寄付してきたのだそうです。

もうなにからなにまで、スゴイとしかいようがないキャリアですよね……!

→ 続きを読む

【カッコいい】ヘアアレンジというよりもはやアート! 髪が手になったり、植物になったりする「ヘア彫刻」

インスタグラマーのLaetitia KYさんは、アフリカ・コートジボワールを拠点に活動するクリエイターでファッションデザイナー。

以前から、他の追随を許さないオリジナリティーあふれるヘアスタイルを公開して人気を集めていたようなのですが、特に目を引くのはヘアアレンジというよりもアート作品と呼びたくなる髪型の数々。髪の毛を彫刻に見立てたような大胆なヘアに、思わず目を奪われてしまいます。

→ 続きを読む

完成までの所要時間はわずか1時間…繊細な模様に見入っちゃう若きカービング職人の「アボカド彫刻」

以前 Pouch で紹介した、野菜や果物に彫刻を彫り続けている若きカービング職人、ダニエール・バレシさん

オーストラリア・シドニー在住で、わずか7歳の頃からカービングをスタート。野菜、果物のみならず、チーズや石鹸などにも彫刻をしてきたというダニエールさんがこのたび材料として選んだのは、女子が大好きな野菜の代表格 “アボカド” です。

→ 続きを読む

ウェディングケーキはこの人にお願いしたい♡ 本物の花束みたいな「ロービーガンケーキ」がとっても素敵です

「ベジタリアン」と一口に言っても、食の内容によってかなり細分化されています。

なかでも厳格な「ロービーガン」と呼ばれる人たちが食べているのは、加熱しない生の野菜や、未加工の食物。そんなロービーガンの人でも食べることができる「ロービーガンケーキ」を作って販売しているのが、ドイツ・ベルリンのシェフ、ジュリアナさんです。

自分自身も15年間ベジタリアンだというジュリアナさんが手がけるケーキは、どれもこれも見目麗しく、まるで花束のよう! 

→ 続きを読む

えっ、便器に花!? お花を飾れるトイレ便器が登場したよ / 確かにおしゃれ空間を演出してくれそうだけど…

最近のトイレといえば、高機能になったり、おしゃれな空間にリニューアルするデパートやホテルが増えてきたり、なにかと進化しています。

そんななかオーダーキッチンやバスルーム空間などを提案する「リブラン」は6月15日、「花を生けられるトイレ」の輸入・販売をスタート。「え、花を生けられるトイレ」!? それはステキ。でもおしゃれ空間を演出してはくれるだろうけど、ちょっと変わってるというか、「どうした?」と聞きたくなるというか……。

→ 続きを読む

ちょっぴり背筋が寒くなる!? 「SNSに潜む闇」をテーマにしたポップな風刺画にドキッ

ポップなカラーリングと、50年代から60年代を思わせるビンテージな画風。誰もが目を奪われずにはいられないキャッチーなポスターの正体は、皮肉がピリッと効いた風刺画

フェイスブックの「いいね」を “エゴ” というお皿(しかもペット用)にぶちまけている光景。お腹に「BANK(銀行)」と書かれたブタからミルクをもらおうと必死な男性たち。ツイッターの「t」というマークから点滴を受け、命をつなぐ少女……。

ドキッと胸を揺さぶる作品を手掛けているのは、イギリスのイラストレーター、ジョン(John Holocraft)さん。作品の数々は、海外サイト「Etsy」で購入できます。

→ 続きを読む

純白のウェディングドレスの裾をカラースプレーで染めたら…まるで紅葉のような美しさ!

イギリスでオーダーメイドのドレスを制作しているフェリシティーさん(Felicity Westmacott)が手がけたのは、秋の紅葉をイメージしたウェディングドレス。

真っ白なドレスの裾には、赤や黄色、オレンジなどの鮮やかな色がグラデーション状に染められていて、じっと見入ってしまいそうな美しさ。その制作過程が、フェリシティーさんのホームページやインスタグラムなどにアップされています。

→ 続きを読む

まるで魔法…石のバランスだけで組み立てる「ロックバランスアーティスト」の作品がめちゃくちゃ和みます

様々な形や大きさの石を、バランスをとりながらただただ積み上げていくロックバランスアート。自然との融合を感じ、自分の心のバランスさえ取り戻せそうなくらいまったりしちゃう不思議な作品を紹介したいと思います。

手がけているのは、スウェーデン在住のポントス・ヤンソンさん(@pj.85 / Pontus Jansson)。まさかそんな配置で大丈夫なの? と心配になってしまうくらいありえない積み上げ方をしていきます。

→ 続きを読む

【圧巻】巨大パズルで懐かしゲーム「パックマン」や「テトリス」を再現しながらピースを埋めていく動画に鳥肌です

世界で最もピース数の多いジグソーパズルを使ってストップモーションを作った動画が、観ているだけで思わずガッツポーズをしたくなる達成感を感じられちゃうので、ぜひご覧いただきたいと思います。

子どもの頃の記憶を掘り起こしてみると、パズルって1000ピースくらいでも相当大変だったんですが、33,000ピースとなるとまさに未知の領域。途中から「すごおおおおい…」という言葉しか出ないくらい圧巻なのですよ。

大きなパズルを完成させるだけでもすごいのに、しかもパズルを使って、テトリスやインベーダーゲーム、パックマン、スーパーマリオブラザーズの画面を再現しているのです!

→ 続きを読む

石じゃなくて、フェルト! 川底を泳ぐお魚の気分になれちゃう石を敷き詰めたようなラグ

川辺などでよく見かける角の取れたまあるい石を敷き詰めたようなラグが現在ハンドメイド通販「Esty」で販売されています。

ごつごつした見た目は、肌に触れるとひんやりしそうですが、実はこのラグは羊毛やヤギの毛、アルパカの毛などのフェルト素材でできているため、足で踏むとふっかふかなんだそうです。

→ 続きを読む

キャンディーの包み紙で作ったドレスが可愛い! 制作期間は4年、使った包み紙はなんと1万枚‼︎

流行りのオフショルダーにひざ上ミニスカート、ボディーにほどよくフィットするフォルム。誰もが思わず目を奪われるカラフルなドレスを身にまとっているのは、アーティストのエミリーさん(Emily Seilhamer)です。

とてもよく似合っておりますが、驚くべきはこのドレスがエミリーさんが自分自身の手で作ったものであるということ。さらに驚くのは、使用されている材料がキャンディーの包み紙(!)であるという点です。

→ 続きを読む

ゴッホの『星月夜』にスヌーピーやスポンジボブが…! カラフルポップでちょっぴり奇妙なアート作品が素敵です

オランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作『星月夜(The Starry Night)』をモチーフに、スヌーピーやトトロなどの人気キャラクターを登場させたリメイク・アート作品を手掛けているのは、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動するアーティスト、アジャ(Aja Trier)さんです。

海外ショッピングサイト「Etsy」内ショップ「SagittariusGallery」で購入することもできる作品の数々は、ポップでキュートで、ちょっぴり奇妙。

ゴッホ作品ではおなじみの「ぐるぐる」とした筆のタッチと、独特な青。不思議な色合いの空をバックに見慣れたキャラクターたちが佇む姿に、つい目を奪われてしまいます。

→ 続きを読む

【撮影OK】目黒雅叙園でニャンコをフィーチャーしたアート展を開催中! 文化財「百段階段」に1000点の猫作品が集います

GWはどこへも出かけなかったというみなさん。長らく部屋に閉じこもりすぎて消化不良気味だというのであれば、東京目黒区にある「ホテル雅叙園東京(旧:目黒雅叙園)」へと出かけてみてはいかがでしょうか。

こちらの館内で2017年4月26日から5月14日まで開催しているのは、およそ1000点、計6ジャンルの猫アートを楽しむことができる展覧会「『福ねこat百段階段』展~和室で楽しむ ねこアート」

東京都指定有形文化財「百段階段」に集うのは、絵画、立体、陶芸、人形、彫刻、写真で表現されたニャンコたちです。会期中は毎日、朝10時から18時まで(最終入館は17時半)オープンしているので、猫好きさんは今すぐGO GO GO~!

→ 続きを読む

【めっちゃ楽しい】食品サンプルが作れる「3Dドリームアーツペン」 不器用さんでも楽しめたよ♪

GWウィーク、みなさまいかがお過ごしでしたか? せっかくの休みはやっぱり一番リラックスできるお家でダラダラ過ごしたい根っからのインドア派の黒猫葵です。コンニチワ!

でもせっかくのお休みなので、いつもとは少し違うことにも挑戦したいという気持ちもなくはない……。

そこで、お家で楽しめる「3Dドリームアーツペン」で遊んでみました。なんとこれ、不器用な人でも自宅で簡単に食品サンプルが作れちゃうのですっ。

→ 続きを読む

【使ってみたい】ブラックホールみたいに真っ黒! 世界でいちばんマットな「究極の黒い絵の具」が誕生

イギリスのアーティスト、スチュアート・センプルさんがこのほど完成させたのは、 “世界一マット” な黒のアクリル絵の具。なにもかもを覆いつくしてしまいそうな底の見えない黒さに、見ているだけで引きこまれてしまいそうなブラックカラー。

「BLACK 2.0」と名付けられたこの絵の具、アーティストはもとより、色を研究する科学者、化粧品産業や建築物コーティングの専門家たちの力を借りて、センプルさんが作り上げたのだそう。

→ 続きを読む

【肉球の時間です】ワンコとニャンコの肉球をとことん堪能できる写真シリーズ「Underlook」 / ウサギバージョンと馬バージョンもあるよ

リトアニアを拠点に活動する「Under -Crew」が作り続けているのは、動物たちを真下から撮影した写真「Underlook」シリーズ。最初に手掛けたのは、猫を真下から撮影した「アンダー・キャッツ」です。

透明の板の上に猫を乗せて、下から撮影。種類の異なる50匹の猫たちをとらえた写真が話題となって、ドイツの出版社から『Unter – Katzen(Under -Cats) 』というタイトルの写真集が出版されました。後に犬バージョンの写真集も発売されて、続く最新作は、なんと馬(!)なのだとか。

→ 続きを読む

【豆知識】ヨックモック青山本店のカフェはピカソの作品だらけ! 美味しい食事と一緒にハイレベルなアートが楽しめる凄すぎ空間

「シガール」など手土産スイーツの定番ブランドともいえるヨックモック。ちょっと前には13年ぶりの新作としてシガールの抹茶味が登場し、話題になりましたよね。

そんなヨックモックの青山本店には、なぜか本物のピカソの作品がたくさん飾られているというウワサが。ピカソって美術館などに行かないと鑑賞できないものだとばかり思っていましたが、そんな身近で目にすることができるなんて意外☆ というわけで、お店をチェックしてきましたーー!

→ 続きを読む

新たな流行!? 海外ファッショニスタに人気の眉メイク「フェザーブロウ」 鳥の羽のように眉毛が上下に広がってます

女性の眉は時代を反映する鏡。ここ数年は太目の眉が流行っておりますが、最近では徐々に細い形状へとシフトしていっている人が増えているように思います。

現在オシャレなインスタグラマーの間で注目を集めているのは、眉毛を鳥の羽のかたちに見立てた「フェザーブロウ(Feather Brows)」。そもそも太目の眉でなければできないアレンジですので、眉の太さに自信のあるみなさんは今のうちにトライしてみるといいかも~!

→ 続きを読む

【芸術的】東洋と西洋のデザインが半分こ! 左右で絵柄も形も異なる「セレッティ」のお皿やグラスが美しい

本日みなさんに紹介するのは、東洋と西洋のイイトコどりといえる芸術的なお皿「ハイブリッド(Hybrid)」。

東洋と西洋のイイトコどり。そう聞くとおそらく多くの人が、双方がうまいこと融合して1つの作品が成り立っているんだろうな~と、想像することでしょう。たとえるならばそう、アフリカ、ヨーロッパ、アラブをつなぐ交易の十字路として発展し独自の文化を築き上げたモロッコのような、エキゾチックな雰囲気をね。

しかし「ハイブリッド」は、そういうのとはちょっと違うのです。そのことは作品を観れば一目瞭然! なんと皿の半分は西洋風デザイン、もう半分は東洋風デザインとなっていて、まったく異なる皿を真ん中で継ぎ合わせたようなビジュアルをしているのです~!

→ 続きを読む

ウエディングケーキじゃなくて「離婚ケーキ」!! なんで離婚したのかわかっちゃうドラマチックな離婚ケーキの様子をご覧ください

当サイト「Pouch」で以前紹介した離婚を祝う(?)ケーキが、今なおじわじわ、増え続けている模様。

インスタグラムのハッシュタグ「#divorcecake」には、可愛らしいケーキから恐怖映画も真っ青なビジュアルのケーキまでラインナップされておりまして、デザインの幅が広いことこの上なし。

本日はその中でも、比較的ソフトな印象のものをピックアップしてお届けしたいと思いますっ。前に見ていただいたのが、その、かなりグロテスクだったからね……。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 38