「インテリア」にまつわる記事

究極的に人をダメにするベッドが発売♪ スピーカーに本棚、マッサージチェア、USBポートもついてて起き上がれる気がしません

多機能すぎる家具は、便利すぎてときに、 “人をダメにする” といわれることがあります。

中国生まれのブランド「Di Yu Xuan」から発売されているベッドは、あれもこれも付いた、至れり尽くせり感がハンパない “人をダメにするベッド”

一体何が付いてくるのかというと、手元を照らしてくれるベッドサイドランプにスピーカー、USBチャージポートに暗証番号付き金庫。キャビネット、サイドテーブル、さらにはマッサージチェア(!)まで備わっていて、1度座ったが最後、1歩も動けなくなってしまうこと必至なんですっ!

→ 続きを読む

ちょっと “ドット絵” っぽいけどかなりリアル!? 猫や犬モチーフのブロック彫刻を作れるおもちゃ「JEKCAブロック」

香港発のおもちゃ「JEKCAブロック」は、新たな特許技術を使用し、ブロック同士がしっかりとかみ合うように作られているのが特徴。このブロックで制作されたのが、犬や猫の彫刻です。これがね、けっこうリアルな出来栄えなんですよ。

小型犬や中型犬をモチーフにしているブロック彫刻もそれはそれは精巧なのですが、今回注目したいのは猫モチーフのほう。

→ 続きを読む

灯りを点けると…サボテンがぽわんと出現 / 壁に模様が浮かび上がるおしゃれ照明を発見したよ

照明ひとつでお部屋の雰囲気ってぐっと変わりますよね。

さて、夏に向けて模様替えで、他にはないユニークな照明を探しているなら、海外サイト「Popup Lighting」で販売されているサボテンライトはいかが?

サボテンライト本体の大きさは10cm×10cmとコンパクト、一見するとただの植木鉢のように見えます。しかし灯りをつけるとアラ不思議、光がサボテンのような形となって、壁に映し出されるという仕組みになっているのですよ~!

→ 続きを読む

おしゃれな本を開くとスツールやテーブルに早変わり! およそ900kgまで耐えられる「ブックニチュア」が便利そう

閉じた状態では、どこからどう見ても本。ところが開くと、椅子やテーブルに早変わり! グッドデザインかつ機能性に優れたこの商品。名前は、本(Book)と家具(Furniture)を掛け合わせたかのような「ブックニチュア (BOOKNITURE)」です。

デザイナーのマイク マク(Mike Mak)が手がけた「ブックニチュア」は、使用しないときは幅18センチ×高さ33センチ×奥行4センチに畳んでおけて、その姿は本にしか見えません。

→ 続きを読む

イケアから「インドの女性たちを支援する」限定コレクションが登場! 伝統技巧や刺しゅうを施した夏らしいデザインです

自分が気に入って商品には、作り手が必ずいます。

自らお金を支払ったことが、やがてインドの女性たちの支援へとつながってゆく。それを実現してくれるのが、2017年6月1日より全国のイケアで発売される、「HEMGJORD / ヘミョルド 限定コレクション」です。

→ 続きを読む

「Apple」のデザイナーが手がけた砂時計がラグジュアリーすぎる / お値段たったの133万円です

オーストラリア・シドニー生まれのプロダクトデザイナー、マーク・ニューソンさんは、デザイン界の大御所。

家具メーカー「IDEE」のデザインやauの携帯電話「Talby」のデザイン、さらにはAppleとも仕事をしてきたニューソンさんが新たに手掛けたのは、限定100個の砂時計。お値段は聞いて驚くなかれ、日本円でおよそ133万円です。もう1度言います、133万円、です!

→ 続きを読む

石じゃなくて、フェルト! 川底を泳ぐお魚の気分になれちゃう石を敷き詰めたようなラグ

川辺などでよく見かける角の取れたまあるい石を敷き詰めたようなラグが現在ハンドメイド通販「Esty」で販売されています。

ごつごつした見た目は、肌に触れるとひんやりしそうですが、実はこのラグは羊毛やヤギの毛、アルパカの毛などのフェルト素材でできているため、足で踏むとふっかふかなんだそうです。

→ 続きを読む

【オシャレだと思ったら…】小学生が喜びそうな照明が誕生! スタイリッシュなランプに浮かぶ3文字は…

Pouchでも以前紹介したメロンパンが肉まんの味になる醤油など、ユニークな商品を開発するYK STORES株式会社が開発したのは、ズバリ、 “点けたら消したくなる照明”

点けたら消したくなるって……それ、照明のコンセプトとしてどうなの!? 斬新ではあるけれども、頭のなかにぽっかり浮かんだ「?」が全く消えてくれません。

その照明の名は「objet de merde(オブジェ ド メルド)」。名前だけ聞いても普通の照明にしか思えないのですが……。はてさて一体どこらへんに、 “点けたら消したくなる” 要素があるのでしょうかね?

→ 続きを読む