「キラキラネーム」にまつわる記事

2016~2017年 女の子の名前ランキングが発表されたけど…1位「心陽」2位「心桜」3位「和楓」ってなんて読むの~!?

親から子への最初のプレゼントになる「名前」。最近は個性的なキラキラネームにつづいて、古風な名前が「しわしわネーム」と呼ばれちゃったりもするようですよ〜。

そんななか、スマホ向けアプリ「赤ちゃん名づけ」を提供するリクスタが、ひな祭りにあわせて「2016~2017年 女の子の名前ランキングベスト30」を発表しました!

→ 続きを読む

2016年に最も多かった赤ちゃんの名前ランキングが発表されたよ / 女の子は「陽葵」、男の子は「蓮」が人気!

キラキラネームなんて言葉が誕生してしばらくたちますが、例えキラキラしていなくても子どもの名前をつけるのってたぶん難しいものです。あんまり古風な名前だと、シワシワネームとかいわれちゃうみたいだし……う~ん。

「たまひよ」が、2016年1~10月に生まれた赤ちゃん1万8029名を対象に、名前についての調査を実施。人気の名前ランキングを発表したのだけれど、ハイカラでかわゆい♪

→ 続きを読む

キラキラと世界に羽ばたけそう…? 外国語にちなむ「名づけ」の本が発売されたなり / 「穂風」「尊樹」「美初」「衣瑠須」など

どうやって読むのか分からないと、たびたび大きな話題を呼ぶキラキラネーム。「飛哉亜季」や「大男」、「苺苺苺」、「愛保」など、独創的で、ホントにどうやって読むのか分からない!

あまりにも古風な名前だとシワシワネームなんていわれちゃうみたいだし、子どもの名づけって難しいんですねぇ~。

さて、世界文化社より『世界で通じる名づけBOOK』という名付け本が発売されました。外国語にちなんだステキな名前が掲載されているのだけれど、これまた個性的ダワ……。

→ 続きを読む

キラキラネームに対する名前は「シワシワネーム」!? このネーミングに超絶メラメラする人続出

先日、ある新聞にて「キラキラネームに対する名称として、古くからある名前が “シワシワネーム” と呼ばれている」というコラムが掲載されたことを受け、ネット界で論争になっているようなんです。

→ 続きを読む

【なんて読む?】2014年「年間キラキラネーム ベスト30」→「苺愛」「黄熊」「男」など

ここ数年、話題にのぼることの多い「キラキラネーム」。

このたび無料アプリ「赤ちゃん名づけ」・「赤ちゃん名づけ実績 No.1 / 無料赤ちゃん名づけ(Web)」・無料アプリ「キラキラネームクイズ」らを運営する「リクルーティングスタジオ」株式会社が、気になるランキングを発表した模様。

その名も「2014年 年間キラキラネームアクセスランキングベスト30」! 12月25日(木)に発表されたばかりの同ランキング、どうです? あなたもその中身、ちょこっと覗いてみたいでしょ?

→ 続きを読む

世界の「不許可になったヒドすぎる子供の名前ワースト10」日本もでてくるよ!

近年「キラキラネーム」と呼ばれる子供の名前が増加傾向にある、我が国ニッポン。

以前当サイトでもお伝えしましたが、「飛哉亜季(ひゃあい)」「大男(びっぐまん)」「苺苺苺(みるき)」「愛保(らぶほ)」などなど、一見して予想もつかないような読み方かつ不可思議な名前のオンパレードに、首をひねらずにはいられません。ってかどの名前も、よく思いついたよね~!

でもね、こういった「キラキラネーム」をつけるのは、どうやら日本だけではない模様。そのことを証明してくれるのが、動画サイトYouTubeに投稿されていた映像作品『10 Illegal Baby Names』です。

→ 続きを読む

息子に「バットマン」と名付けた結果(苗字はスーパーマン)/ トンデモネームは日本だけの問題じゃなかった

友達に子供ができるたび、ドキドキしちゃうこと。それは名付け。

極めて常識的だったあのコがつけた、「読めない・書けない・説明できない」トンデモネームに、目を泳がせちゃったことありませんか? 一生背負っていく名前。それがトンデモネームだと、いらぬハンデまで背負わされてしまうもの。そんなトンデモネームが問題になっているのは日本だけではありません。

シンガポールでは、あの世界的なスーパーヒーローBatman(バットマン)の名を持つ彼が騒ぎを起こしました。

→ 続きを読む

男性医師の訴え「キラキラネームやめて」ってどう思う? 「そのとおり!」や「病院側の問題」などTwitter上では賛否両論

Twitter上で、ある男性医師の発言が物議を醸しています。その内容とは、「キラキラネームをやめてください」というもの。これに対してTwitter上では、賛同する意見のほか、「病院側の問題なのでは」などのコメントが飛び交っています。

→ 続きを読む

「飛哉亜季」「大男」「苺苺苺」「愛保」…今ドキのキラキラネームは読めないなり/Twitterユーザーの声「嘘だろ」「さすがに不憫」

Twitter上で、6月24日発売の週刊誌『週刊現代(7月6日号)』の記事が注目を集めています。今ドキのキラキラネームを紹介するという内容なのですが、そのあまりにも独創的な名前の数々に、Twitterユーザーからは「嘘だろ」や「さすがに子どもが不憫」などの声があがっています。

→ 続きを読む

生まれた赤ちゃんにつけた名前は「ハッシュタグ」。海外のキラキラネームもかなりすごい件

近年、日本で話題になっているキラキラネーム。先日は自民党の安倍晋三総裁までもが講演でこうした名付けについて苦言を呈したとか。たしかに、「光宙(ぴかちゅう)」や「永久恋愛(えくれあ)」などはひと昔前なら想像だにもしなかったような個性的な名前ですよね。

これは漢字がある日本ならではのことかと思いきや、そうではない様子。海外では現在、生まれたばかりの女の子に「ハッシュタグ」という名前をつけた親がいるとのことで大きな話題となっています!

→ 続きを読む