「ジャンクフード」にまつわる記事

【必見動画】命にかかわる不摂生! 倒れた超肥満男の人生を巻き戻してみると…衝撃の原因が明らかに!!

病院に緊急搬送された後、手術室らしき場所に運ばれたひとりの男性。見たところ、大きな怪我をしている様子はありません。

ということは、ふくよか……というよりも、太りすぎに思えるその体が、ここに彼がいる原因なのでしょうか……?

ご紹介するのは、米団体「Children ’s Healthcare of Atlanta ’s Strong4Life」によって動画サイトYouTubeに投稿された1本の映像作品、「Rewind the Future(将来を巻き戻せ)」。

→ 続きを読む

うつに陥りやすい妊婦さん、その食生活が胎児のIQに影響を及ぼす可能性

「妊娠した体って、会社でいえば、経営理念と事業内容が突然変わったようなもの。もう、大混乱よ」と言っていたのは、2児の母となった同級生。そんな妊娠中の女性の10人に1人は、軽度のうつに陥ってしまうそう。一生のなかでも、妊娠中や産後は、うつ病がよく起こりやすい時期だといわれています。

ロンドン精神医学研究所のエドワードバーカー博士は、British Journal of Psychiatryのオンラインサイトで6979人のママを対象にした研究結果を公開しました。そのなかで、妊娠中にうつを感じた女性の食生活と、その子供たちのIQスコアに関連性があると発表しています。

→ 続きを読む

ダイエット女子は要注目ッ! 驚くなかれ、これぜ~んぶ2000キロカロリーなんです!

季節は春。来るべき露出の時期に備えて、ダイエットに勤しんでいる、なんて方も多いことと思います。

そこで今回みなさまにご紹介したいのが、動画サイトYouTubeに投稿されていた映像作品、『What 2000 Calories Looks Like』。こちらに映るのはすべて、2000キロカロリー分の食材なんですっ。

2000キロカロリーといえば、成人女性が1日に摂取する目安となるカロリー。食材によっては、「え! たったコレだけで2000キロカロリーなの!?」と驚愕するものもしばしば見受けられます。

→ 続きを読む

今の常識からは考えられない昔のトンデモ広告/ 歯痛にはコカインを! ビールはママと赤ちゃんの健康によい! など…

愛らしい少年と少女のイラストに添えられているのは、「歯の痛みにはコカインのドロップを」の文字。これ、1885年のアメリカの広告なんだけど、これって一体、どういうことーっ!?

今回ご紹介するのは、19世紀後半~20世紀始めにかけてのジャンクフードの広告。今でこそジャンクフードは栄養価の低いもの・健康的でないものとして認識されているけれど、当時はコカインやソーダ、チョコレートなどは医者も太鼓判を押す健康食品扱いだったというからビックリ!

→ 続きを読む

「子供にはジャンクフードを食べさせるな」

巷でよく聞くこのセリフは、やっぱり本当でした。

海外サイト『dailymail.co.uk』によると、最新の研究で、幼い頃からジャンクフードを食べているとIQが低下するという事実が判明したとのこと。「健康に悪い」という理由から常々言われてきた「子供はジャンクフードNG説」は、IQという観点からもNGだったってことなのねっ!

この調査は、様々なパターンの食生活をしている生後6カ月から24カ月のこどもたち7千人を対象に、長期に渡って行われました。被験者はそれぞれ、伝統的な食生活をする者・インスタントのベビーフードを多用している者・授乳中心の者・ジャンクフードをよく与えられる者など、多種多様です。

→ 続きを読む