「ダウンロード」にまつわる記事

ヴィーナスも生理痛に…!? フリーペーパー「ヘルス・グラフィックマガジン」の表紙が毎回攻めてて面白い!

以前から「表紙のセンスがよすぎる!」と話題を呼んでいる、アイセイ薬局のフリーペーパー『ヘルス・グラフィックマガジン』

2017年3月現在、特別号が配布されているのですが、今号の特集は「生理痛」。……うんうん、わかるわかる。女性にとっては本当にツライものですよね。でも、深刻な案件のはずなのに、今回もまた表紙を見るとクスリと笑いが起きちゃうからスゴい……!!

貝殻の上に裸の女性が立っているという絵は「ヴィーナスの誕生」そっくりなんですが、女性は笑顔どころか、お腹をおさえて苦悶の表情を浮かべているではないですか!

→ 続きを読む

この15年間でいちばん使われた「着メロ」はちょっと意外なアノ名曲! 「着信メロディ15年間ランキング」発表

着信音のチョイスには、人柄が出るそうで。

帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」を「残念な相手」からの着メロとして設定している勇気ある人をたまに見かけますが、そんな曲を設定していることが相手にバレたときって、一体どんな空気が流れるのでしょうか。ものすごく気になります。

さてさて本日は、着メロのメガサイト「GIGA エンタメロディ」でこの15年間にダウンロードされた着信メロディのランキングをご紹介します。15年間の世の中の流れを感じることができる、興味深いランキングとなっていますよ。

→ 続きを読む

1970年代後半、映画好きにとってシティーロードやぴあを毎月購入して、次はどの映画を映画館へ見に行こうかと検討するのを楽しんでいました。「家で好きなときに寝ころんだまま映画を見られたらどんなに良いことか」という記事が掲載されることも。映画は映画館で、吹き替え映画はゴールデンタイムにTVで鑑賞できる。これが日常の娯楽だった良き時代のお話。

いまや映画は新古関係なくネット配信で見られる時代に突入しました。

先日のLAタイムスによればアメリカで2010年度にインターネット上でダウンロードされた映画の売上高が有線TV放送の売上高を初めて上回ったそうです。 → 続きを読む