「ドッグショー」にまつわる記事

開始1秒で大失敗! ドッグショーに登場したテリアが自由すぎる /「ど派手にすっ転ぶ」「コースを間違える」「ニオイを嗅ぎに行っちゃう」など見どころしかない

イギリスで開催された世界最大級のドッグショー「Crufts 2017」に出場。会場を大いに沸かせていたのは、ジャック・ラッセル・テリアのオリー(Olly)です。

救助犬としての機敏さを競う「Rescue Dog Agility」コースに現れたオリーは、観る者の度肝を抜く勢いの猛スピードでコース中を駆け巡るのですが……。

あまりに勢いがありすぎて、失敗もいっぱい。時折コースからはずれて壁のニオイを嗅ぎにいったりと、自由なことこの上ないんですよね。

→ 続きを読む

猫だけど「ドッグショー」に参加してみた結果…50匹の犬に鼻チュンを達成! にゃんこの度胸に犬サイドがビビりまくり!!

猫だけどドッグショーに参加してみたのは、あのディッジャちゃんと一緒に暮らす猫のBoomer(ブーマー)。犬のようにハーネスとリードを身につけ、ドッグショーにやってきたブーマーは、鼻と鼻をくっつけて次々にわんこたちにご挨拶!

自分よりも何倍もの大きさのわんこたちにも臆することなく、ぐいぐいご挨拶するブーマー。もはや怖いものなんて何にもニャイ! 

ブーマーに戯れようとする怖いものしらずの子犬もいましたが、多くの犬たちは「猫いるやん!」と、鼻をくっつけられてあとずさりしたり、体を固くさせたり、目をひんむいたりと動揺しちゃっていました。

→ 続きを読む

自分のことを犬だと思っているブタがいるそうです。英ニュースサイト『DailyMail』によると、ブタのルイは犬と同じようにふるまうことができ、今では障害物競走チームの貴重なメンバーなのだそうです。なんだか映画「ベイブ」を連想させる話ですね。

現在、生後9カ月になるルイは、敏しょう性を競う過酷なドッグレースを練習しているそうです。 → 続きを読む