「フジテレビ」にまつわる記事

「サザエさん」のキャラボイス入りオモチャが楽しそう / マスオさんの「えぇ~?」がいつでも聞けるとか胸が熱くなります!!!

「サザエさん」は、日本人ならたぶんみんな知ってる国民的アニメです。主人公のサザエさんをはじめ、個性豊かな磯野ファミリーの家族模様にほのぼのしちゃいます。

全国のフジテレビショップ各店や、オンラインショップ「フジテレビe!ショップ」で発売されている「サザエさん」の新しいオモチャは、いつでも、どこでも、あの名セリフを聞けるオモチャなんだって。楽しすぎる(笑)。

→ 続きを読む

【見るしかない!】EXILEのATSUSHIをリスペクトする男たちが大集合! 「ATSUSHIだらけの大運動会」が開催されるそうな

4月20日(水)夜22時より放送される、フジテレビ系『人生のパイセンTV春のブチアゲ胸キュンモテ祭りモテ髪モテ技すべて見せます90分SP』に、EXILEのボーカルATSUSHIさんのそっくりさんたちが登場。

全国から集まったATSUSHIさん似の男性12名が一堂に介した、「ATSUSHIだらけの大運動会」が開催されるんだってー!……ってなにそれ、どゆこと!?

→ 続きを読む

【本日最終回】お昼の人気番組『ライオンのごきげんよう』が約31年間の歴史に幕! 最後は生放送&小堺さんの独り舞台だそうです

ニッポンのお昼を代表する番組『笑っていいとも!』終了から、早2年。お昼を代表する、もうひとつの長寿番組『ライオンのごきげんよう』が、いよいよ本日3月31日(木)に最終回を迎えます。

およそ31年間もの間、老若男女に愛されてきたこの番組。みなさんにもきっと、それぞれの思い出があることでしょう。

→ 続きを読む

東日本大震災から1年後の人生…投稿映像による映画『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ] 』の成田監督は語る!

2011年3月11日、東北大震災が起こった日。あれから1年後、みんなはどのような生活をしていて、どのような思いを抱えて生きているのでしょうか。

『グラディエーター』などで知られる英国が生んだ巨匠リドリー・スコット監督が製作総指揮をつとめる『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ] 』。本作は、2011年3月11日の東日本大震災から1年後、2012年3月11日の映像を一般から大募集したところからスタートしました。世界12カ国から8000もの投稿が集まり、それらの映像を編集して作り上げたソーシャルネットワークムービーが『JAPAN IN A DAY [ジャパン イン ア デイ] 』なのです。

本作はこのたび第25回東京国際映画祭特別オープニング作品に決定! 11月3日公開に先立ち、10月20日に同映画祭の特別招待作品としてワールド・プレミア上映されることになりました。「この話題作を放っておくわけにはいかん!」というわけで、ポーチは、本作の監督のひとりである成田岳監督にインタビューをしてきました!

→ 続きを読む

11月14日放送フジテレビ系「SMAP×SMAP」。SMAPと男性ゲストが、一般女性100人からとったアンケートを元にオンナの本音を推測する人気クイズコーナー「女の気持ちどっちがわかってる?」に、大御所明石家さんまが初登場し、白熱バトルを繰り広げた。

このコーナーは、SMAPメンバーや男性ゲストの恋愛観が垣間見れるという楽しみ方もさることながら、一般女性が抱く本音を知ることができるのが最大の魅力といえよう。今回注目すべきアンケートは、「つきあって3カ月の彼氏がひどい風邪をひいた。看病に行った際にキスを要求されたとき、あなたならどうする?」というもの。 → 続きを読む

世界の北野武がフジ批判に違和感「いやなら見なきゃいいんじゃねーか」

世界的にも名監督として知られているお笑いタレントの北野武さんが、夕刊スポーツ新聞「東京スポーツ」の紙面で、最近のTwitterでの騒動に苦言を呈しています。北野さんは「嵐の櫻井翔さんの宿泊先暴露事件」「なでしこジャパンの合コン実況事件」などを取り上げ、書き込みを規制する法案でも作った方がいいと、大胆な提案。

さらにフジテレビへの韓流抗議デモにも触れ、「いやなら見なきゃいいじゃねーかってだけだけどな」と、バッサリ。これに対してインターネットユーザーからは「たけしが言うならそうなんだろ」、「正論すぎワロタ」など、北野さんの考えに賛同する意見が相次いでいます。 → 続きを読む

ストレスなく夫婦円満になる秘訣はコレだ! フジテレビブログで紹介された雑誌編集スタッフの「韓国風王様ごっこ」

アンニョンハセヨ! 皆さん韓国ブームに乗ってますか? まだブームに乗り切れていないみなさんも、本日ご紹介するブログを読めば、夫婦円満になり、かつ、フジテレビの韓国ゴリ押しが好きになるかもしれませんよ!

それはフジテレビのサイトに掲載された婦人誌「ESSE」の編集スタッフによる、ある日のブログ。彼女はよほどの韓国好きと見え、韓国語の語尾「ニダ」(~です)を連呼するほど。

→ 続きを読む