「ブラック」にまつわる記事

「大人のシルバニア」シリーズが完全にバイオレンス!「テメェ簡単にシルバニアファミリー抜けられると思うなよ?」

みんな大好きシルバニアファミリーを、ちょっぴりブラックにアレンジ。 “毒っ気” 多めな作品「大人のシルバニア」シリーズを日々ツイッターで公開している「おはなしのくに」さん。

ある日は、『ピーターラビット』に出てくる「ウサギのお父さんがパイにされる」シーンをフィーチャー。

「テメェ簡単にシルバニアファミリー抜けられると思うなよ?」

そんな物騒なセリフを言いながら、銃を片手に持ったお母さんうさぎが子うさぎのクビをしめるシーンを。また別の日には北野武監督作品『アウトレイジ』に出てくる歯医者のシーンを再現したりと、バイオレンスな要素が満載なんですよね。

→ 続きを読む

【これはハマる】アニメーターが有名絵画に命を吹き込んだ結果…世にもシュールなブラック動画が爆誕!

オランダ・アムステルダムを拠点に創作活動をするカエタン・オバルスキ(Kajetan Obarski)さんは、フリーランスのアニメーター。仕事のかたわら、InstagramなどのSNSに自作のショートアニメを投稿し続けているようなのですが、どれもこれもシュールでブラック! いちど見始めたら最後、クリックする手が止まらなくなっちゃうんです。

カエタンさんは、すでに知的財産権が発生していない状態、または消滅した状態にある「パブリックドメイン」の絵を作品に用いています。

ジャン=フランソワ・ミレーに、フランシスコ・デ・ゴヤ、ルネ・マグリットなど有名画家の作品にちょちょいと手を加えて出来上がったアニメーションは、中毒性高し予想だにしない結末を迎えるものも多く、思わず「えええええ!!!」と叫んでしまう恐れもありますので、観る際にはどうぞお気をつけて。

→ 続きを読む

どんな花を飾ってもイケて見えるぜ! 花瓶「ウィッグ・ベース」で好きなヘアスタイルを楽しんじゃえ☆

お花を飾るのに花瓶って案外、重要なポイント。選ぶ花瓶によって、同じ花でもまったくもってイメージが変わってきたりするからね。

もしもあなたがちょっとめずらしい花瓶をお探しなら、「WIG VASE(ウィッグ・ベース)」なるアイテムなんてどう? 人間の首から上に見立てた花瓶で、頭の部分に花を生けるとまるでウィッグをつけているように見えちゃうの!

これならどんな花や草を持ってきてもインパクト抜群。むしろインパクト勝負でしかない花瓶といえそう!

→ 続きを読む

4月14日は「ブラックデー」って知ってた? 韓国では恋人がいない男女が黒い服を着て黒いものを食べる日らしいよ!!

今日4月14日は、日本では「パートナーデー」「フレンドリーデー」などとされていますが、海外に目を向けてみると韓国では「ブラックデー」なる日になっているそう。

ブラックデー……なんだか暗黒っぽい感じがただよってますが、いったいどんな日なんでしょうか。

→ 続きを読む

イギリスにあの “夢の国” を皮肉った「悪夢テーマパーク」が期間限定オープン! 手がけたのはあの超有名覆面アーティスト!!

空にそびえる青い屋根のお城、水面に浮かぶ人魚のアリエル、きらびやかなメリーゴーランド……イギリスのウェストン・スーパー・メアにこのたび誕生したテーマパーク。

一瞬、「あれっ、イギリスにもディズニーランドがオープンしたのかな!?」なんて思っちゃいそうですが、なんだか様子がおかしい。よーくロゴを見てみると……ここ、「ディズニーランド」じゃない、「ディズマランド」になってるー! しかも展示物がことごとく、悲惨だったり悪趣味だったりしてる……!!

これはいったいどういうことですか……。

→ 続きを読む

ジェイソンにジョーカー…ディズニープリンセスたちの映画の世界へ有名映画のコワ~いキャラたちが侵入したら!?

コメディ、サスペンス、SF、恋愛……映画には実にたくさんのジャンルがあります。けれど、そのジャンルを無視して有名映画のキャラクターたちがディズニープリンセスたちがいる世界へ侵入したら……?

今回、海外サイト「宅宅新聞」からご紹介するのは、そんなちょっと不思議なコンセプトの画像たち。白雪姫は『時計じかけのオレンジ』のアレックスと、アリスはシザーハンズのエドワードと、ラプンツェルは『バットマン』のジョーカーと……さて、いったいどうなる!?

→ 続きを読む

【訃報】ルンバ君が焼身自殺!? 雇い主によるブラック企業並みの劣悪条件に耐えかねた可能性

熱いホットプレートの上に溶ける足跡を残し、ただの炭になってしまった彼はいったい何を訴えたかったのでしょうか。

辞めたい、でも辞められない……ブラック企業で使い潰され、心身を病んでゆく人が後を絶ちません。なかには、自ら人生に終止符を打ってしまうという、悲しい事件も数多く起きています。

そんなブラック現象、人間界だけではなくロボット界にまで及んでいるのかもしれません。

人が見ていようがいまいが慎ましく誠実に働き、ときにはニャンコの遊び相手にもなってくれた、人気者のお掃除ロボットルンバ君。そのルンバ君が突然の自殺。我々は衝撃を受けています。

海外サイト「GEEKOLOGIE」が伝えたその悲しい事件は、オーストリアのとある家で起こりました。

→ 続きを読む

映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えると、なんだかブラックな雰囲気になるとTwitterで話題

Twitter上で、映画のタイトルの一部を「ワタミ」に変えると、なんだかとってもブラックな雰囲気になると話題になっています。「ワタミ」は外食産業をメインに展開している企業で、居酒屋チェーン「和民」など、比較的リーズナブルなお料理やドリンクを提供してくれるのが魅力です。

今、Twitterユーザーからの人気を集めているのが、「#映画のタイトルの一部をワタミにすると何もかもが労働基準法違反」というハッシュタグ。検索してみると、次のようなツイートが。

→ 続きを読む