「ベッキー」にまつわる記事

週刊文春が提供するLINEスタンプが意外とカワイイ…と思いきや見覚えるのあるブラックな内容も!! 「両成敗」や「謝罪会見風」など

2016年はベッキーさんと川谷絵音さんの不倫騒動をはじめ、「文春砲」なるスクープがドッカンドッカンと炸裂しまくった総合週刊誌『週刊文春』

2017年もその勢いはとどまるところを知らなそうですが、1月10日よりスタートしたのは、文春の最新スクープが毎週LINEで読めちゃうLINEでの有料記事ニュース配信

さらに現在、『週刊文春』とLINEスタンプで人気の毒舌キャラクター『ゲスくま』がコラボしたLINEスタンプが誕生! とってもカワイイ……けど、文春らしさがしっかり演出されているスタンプになっています。

→ 続きを読む

ベッキーさんが新聞広告でヌードを披露 / “裸一貫” の再出発を果たした彼女だからこそ訴えられることがある

2016年9月29日、日本経済新聞全国版の朝刊。ある新聞広告に目が釘付けになってしまった人は多いのではないでしょうか? 30段見開きという大きさでカラーで掲載されたのは、タレント・ベッキーさんのヌード姿

上半身であり背中側しか写っていないとはいえ、清純派というイメージのあったかつてのベッキーさんからは考えられないような大胆ショットといえるでしょう。

けれどその写真には性的ないやらしい感じはいっさいなく、凛とした潔さが感じられます。添えられたコピーは「あたらしい服を、さがそう」。発信したのはこれまでにも話題を呼ぶ広告を数多く送り出してきた宝島社です。

ファッション雑誌のリーディングカンパニーとしてさらに盛り上げていきたいという想いからこの広告を制作したとのことですが、そこにはどんなメッセージが込められているのでしょうか。

→ 続きを読む

海外グルメ旅、一緒に行くなら誰がいい? 総合3位に選ばれたのは現在話題の “あの人” でした!

正月休みは終わってしまったけれど、新しい年は始まったばかり。学生さんは春休み、我々社会人はGWに向けて、海外旅行の計画など練って、次なる楽しみを準備しておきたいものです。

ひとり旅もいいけれど、友人とする旅も、とっても楽しい! 「気が合う」「長く行動を共にしても疲れない」といった点もさることながら、「一緒にご飯を食べたい」と思える相手と旅先で食事をする喜びはまた、格別ですよね。

→ 続きを読む

ファッションブランドViSとベッキーがコラボ!『TOKYO RUNWAY』のステージで実際に会えるかも

2012年9月17日に開催される、日本最高峰のリアル・クローズフェスティバル『TOKYO RUNWAY』。

女子なら誰しもがあこがれるイベントですが、今回はあのカワイイカジュアルからエレガントなアイテムまでこだわりのファッションを提案する、20代の女性に人気のセレクトショップ『ViS』が初参加!

現在ViSがベッキーとコラボした、「TOKYO RUNWAYでベッキーに会える!」ラッキーチャンスキャンペーンを特設ページで開催しているようです。1等に当選するとベッキーと一緒に写真が撮れちゃうとは!かなり豪華ですね。

→ 続きを読む

7月7日放送フジテレビ系「VS嵐」。対戦ゲストに、今田耕司を中心とした芸人軍団「今田耕司チーム」を迎えて、宮川大輔や千原ジュニアなど最強の芸人たちを相手に接戦を繰り広げた。

一方、嵐チームの助っ人となるのは、タレントのベッキー。嵐もベッキーも、力を合わせて勝利を掴もうとしていたのだが、少しずれた方向にがんばってしまった者がいた。そのメンバーは、自身のオシャレな衣装を台無しにするほどの奮闘も空しく、結果も残念、もちろん格好も残念、というさんざんな目にあってしまったのである。 → 続きを読む

6月30日放送TBS系「ひみつの嵐ちゃん」。VIPリムジンのゲストにタレントのベッキーを迎えて、二宮和也と松本潤が、カメラを忘れてのんびりデートを楽しんだ。

デート中、ふとした会話がきっかけとなり、なぜか嵐のふたりがパンツを見せ合うという展開に。話を振ったベッキー自身が赤面してしまうという事態になってしまったのである。

今回のデート場所は、なんとベッキーの自宅。しかもやることを一切決めずに、ひたすらダラダラ過ごすというのがテーマ。事前に行った打ち合わせの際に、ベッキーがぽつりと漏らした「プライベートでは、がんばりたくない」という一言がきっかけで、急遽このような展開になったのだ。 → 続きを読む

最近の女子の化粧を、「盛りメイク」と呼ぶのをご存じだったろうか? 「付けまつげの3枚重ね」や「マジックで書いたような太いアイライン」など、その過剰さゆえに「盛る」と表現されている。近ごろは化粧品も進化しており、自然な盛りメイクが主流になりつつあるようだ。多くの女子が理想の目に近付くため に、努力と工夫を重ねていることが、アンケート調査で明らかになった。 → 続きを読む