「ライブ」にまつわる記事

山下達郎が「あなたの歌を聴きに来ているのではない」とライブ中に大声で歌う客に苦言 / 他にもどんな客が困るのかライブ好きに聞いてみた

シンガーソングライターの山下達郎さんが、2017年9月17日に放送されたTOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」に出演。

「スポニチアネックス」ウェブサイトによると、このとき山下さんは金沢市のリスナーから「ライブ会場で大声で合唱してしまうのはいけないことか」質問され、「ダメです」とハッキリ答えていたようなんです。

ちなみに、山下達郎さんは2017年6月15日に大宮ソニックシティで行われたコンサートでも、わざと変なタイミングで手拍子をしていた観客を注意。演奏していた曲を再度やり直す場面があったことでも話題になりました。

「歌ってはダメ」な理由として、「あなたの歌を聴きに来ているのではないので」と話したという山下さん。この意見に対しては賛否両論寄せられているようなのですが、さてみなさんはどう思うでしょうか? 歌っちゃダメだと、思います?

→ 続きを読む

温度によって髪色がチェンジ!! ヴィヴィッドな色合いを楽しめるヘアカラー剤が魔法みたい

髪の色が温度によって変化する。子ども用のお人形ではすでにありますが、このたび人間用のヘアカラーでそうしたものが登場したんです!!

PRAVANAというメーカーが開発した「VIVIDS MOOD COLOR(ヴィヴィッドムードカラー)」なるアイテムがそれ。動画を観てみると、ドライヤーやヘアアイロンの熱でみるみるうちに髪色がチェンジ! ほえぇー、何これ、魔法でも見てるみたいなんですけどーーーっ!!

→ 続きを読む

「天才なの!?」子供たちと歌っていたら…ひとりだけ歌がうますぎる少年がいた! 名曲「レット・イット・ゴー」を披露し拍手が止まりません

2013年にアメリカで公開され、全世界で大ヒットを記録したディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』。2014年に日本でも公開され、アナ雪旋風を巻き起こしたのは記憶に新しいところです。ええ、うちの娘もあのころは毎日毎日、レリゴーレリゴー歌って踊り狂っておりました。

その『アナと雪の女王』でエルサ役の声優を務めたのは、ブロードウェイミュージカル女優として知られるイディナ・メンゼル。彼女が2017年7月にダラスでおこなったライブが、海外サイト「Mashable」に取り上げられ話題となっています。

当日、ライブのステージにイディナが観客の子どもたちを呼び出したのですが、その中のある男の子の歌唱力が素晴らしすぎて会場がトリコになったというんです。その歌いっぷりや、いかに……!?

→ 続きを読む

【サマソニ2017】「ブラック・アイド・ピーズ」「サチモス」など出演者が続々決定! 誰を観るか妄想スケジュールを組んでみたよ

ニッポンの2大夏フェスといえば、フジロックフェスティバルと、サマーソニックです。

先日わたしは「妄想フェス」というテーマのもと、今年のフジロックはどのライブを観るか、3日間のスケジュールを妄想してみましたが、今回は大規模屋内フェスの代表格 “サマソニ”こと、サマーソニックをフィーチャー。すでに発表されている出演アーティストの中から、一体誰のステージを観るのか? 妄想でスケジュールを組んでみたいと思います。

2017年5月11日現在、タイムスケジュールはまだ発表されていないので、観る順番はわたしが勝手に出演順を予測したものです。

ただし「誰がどのステージに出るのか」という情報は明らかにされているので、その点は考慮しました。なにせ会場が広~いので(無料送迎バスやタクシーで会場間を移動する人多し)好きなアーティストがどのステージに出るのか? という点は、サマソニではかなり重要なポイントなのですよ。

→ 続きを読む

暗闇でピカピカ光る♪ ひと粒ダイヤみたいなクリスタルガラスのピアスが大人可愛いのです

季節が変わり、暗くなるのがどんどん早まっていく今日この頃。ちょっぴり寂しい気持ちになるけれど、せっかくだから、夜の暗闇を活かしちゃいましょう!

というわけで本日紹介するのは、暗闇でぱあっと輝きを放つ、LEDライト内蔵のピアス「Night Ice」。ショッピングサイト「Fancy」で30$(約3000円)で販売されています。

→ 続きを読む

リニューアルした「岩下の新生姜ペンライト」に大興奮! 特大サイズだし振りまくっても安心だしめちゃうれしいです♪

見た目がスゴイ! と大きな話題を呼んだ「岩下の新生姜ペンライト」がリニューアルしたようです。ストラップが付いたり、グリップがピンク色になったりしたみたいですが、サイズはやっぱり特大。ライブ会場で振りまくれば、目立つこと間違いなしです。

→ 続きを読む

【奇跡】客が投げたビールをバンドのボーカルが見事キャッチ! そのままゴクゴク飲み干しちゃいました

暖かくなるにつれて、だんだんと野外ライブが恋しくなってきた記者(私)です、こんにちは。

本日はみなさまに、YouTubeに投稿されていた、ライブ中に起こった面白ハプニング映像をご紹介しちゃいます。観客のボルテージが最高潮なときに突然こんなことが起こったら、会場がより一層、ヒートアップしそうっ!

→ 続きを読む

「手痛い失恋」から立ち直るには? 突き刺し系シンガーソングライター間々田優に聞いてみた / とことん堕落してもがき苦しめオトメたち!

失恋というのはツライもので、立ち直るにもなかなか時間がかかります。どうしてフラれたんだろう……とか、ほかに好きな人ができたってどういうこと!? とか、いろいろ考えちゃって、枕を涙で濡らす夜が続くワケです。納得いかないわ!

まあ、そんなときは、失恋ソングなんかを聴くのがイイね! 今年、失恋した記者がよく聴いていたのは、突き刺し系ソングライターこと間々田優さんの歌でした。

これだけ “刺さる” 歌を歌う間々田さんだから、いろいろな恋愛経験を積んでいるに違いない(確信)。そこで、間々田さんに「失恋の癒し方」を聞いてみることにしました。

→ 続きを読む

【フジロック’15】今年も素晴らしかったぜ「フジロック」! 同フェス常連記者が独断で選ぶ2015年ベストアクト・トップ5!!

新潟県苗場スキー場にて開催される年に1度のロックのお祭り、「フジロックフェスティバル」。毎年レポをアップしている記者ですが、もちろん今年も行ってまいりましたよ~~~!!

開催日は、7月24日(金)から26日(日)までの3日間。前夜祭を入れたら、計4日間。

「台風がやってくるかも」との前情報に戦々恐々としていたものの、ふたを開けてみれば、3日間ずーーーっと “雨無し” 。ほんのり日焼け、加えて飲みすぎ&熱中症になりかけましたが、無事に帰ってくることができましたっ。

→ 続きを読む

アニソンの歴史を支える歌神が集結! 大人が感涙するフェス「日本コロムビア アニメソング 50th THE LEGENDS」開催決定

ここ数年、増えに増えた、アニソンイベント。アニメソングを愛する方々にとってはたまらない現状であると思われますが、本日ご紹介するのは、アニソン界におけるレジェンドたちが集結する “いぶし銀” イベント!

来たる9月27日(日)、東京・江東区 Zepp Tokyoにて開催される「日本コロムビア アニメソング 50th THE LEGENDS」は、アニメソングを手掛けてから今年ちょうど50年を迎える日本コロムビアならではの、プレミアムライブなのです!

→ 続きを読む

【本音調査】今年の夏ファッションのマストアイテムは「花かんむり」らしい / 男性の声「ハワイじゃないのに」

毎年、さまざまなトレンドアイテムが登場します。ファッショントレンドに疎い記者(私)なんかは知らなかったのですが、今年の夏ファッションのマストアイテムは「花かんむり」だそうです。ハイセンスな乙女たちの中には、「もうゲットしたよぉ~」なんて人も多いかも。

かわいい女子が「花かんむり」を頭にのっけていたら、とってもかわいいワケですが、男性から見たらどうなのでしょうか? やっぱり「かわいい」って思うのカナ? 本音を聞いてみたくなったので、Pouch編集部の男性陣に質問してみました。

→ 続きを読む

伝説のカリスマバンド「レベッカ」がこの夏待望の再結成! 20年ぶりとなるライブの会場となるのは横浜アリーナ!!

「再結成してほしいバンド」というお題を出すときには必ず名前があがる伝説のバンド、レベッカ(REBECCA)。

1995年、阪神淡路大震災の復興ライブの際に2日間限定で復活した同バンドは、数多くのミュージシャンが「リスペクトするバンド」だと公言するほどに、今なお圧倒的な支持を誇っています。アラフォー世代のみなさまならば、きっと1度や2度、コピーするバンドを学園祭などで目にしたことがあるのでは?

→ 続きを読む

1秒たりとも目が離せない! アイスホッケー場がコンサート会場に変わるタイムラプス

言うまでもありませんが、ライブ会場に1歩足を踏み入れると、そこはまぎれもなく “ライブ会場” の様相をしています。

しかしながら、そもそもは競技場、体育館など、別の用途として使用されている会場も多々。

本日は、あるスポーツに特化した施設が見事ライブ会場へと姿を変え、再び元のかたちへと戻っていく様子。その全貌をタイムラプスでとらえた貴重な映像を、みなさんにご覧いただきたいと思います。

→ 続きを読む

【ニャンコ好き大集合】猫雑貨いっぱいのイベント「ニャンフェス」が開催されるよ~!!

ふにゃあぁぁんとかわいいニャンコたち。ホンモノももちろんキュートだけれど、猫ちゃんグッズに癒やされる~という人も多いのでは!?

そんなニャンコ好きの皆さんにオススメのイベントをご紹介! 来月4月19日(日)、東京で『ニャンフェス』が開催されます。これが右を向いても左を向いてもみーんな猫、猫、猫の、ニャンコづくしのステキなイベントなのです!!

→ 続きを読む

ノエル・ギャラガーの「直接会って質問に答えてくれる」告知動画がじわじわくる!

「兄弟そろって口が悪い」でおなじみ、イギリスが生んだ偉大なバンド「OASIS(オアシス、オエィシス)」のギャラガー兄弟。

そのお兄ちゃんで、元ギタリスト&ボーカリストだったノエル・ギャラガーさんが、自身のソロ・プロジェクト「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」による新作アルバム「チェイシング・イエスタデイ」をひっさげて、今年待望のジャパンツアーを決行するよ~~!

4月6日より開催される同ツアーは、大阪からスタート。ソニーミュージック公式サイトによれば、なんと同地で、「ノエル兄貴に直接質問をぶつけてみよう!」といった企画が実行されるとのこと。

→ 続きを読む

【ちょっといい話】NYの地下鉄構内で演奏するカルテットにまさかの共演者あわらる! 偶然通りかかったのは〇〇〇軍団だった / ネットの声「これこそがニューヨーク!」

ニューヨーク市内の8番街駅の地下鉄構内で、とあるカルテット(弦楽四重奏団)が無料のコンサートを開いていました。しかし、急ぎ足の乗客たちは、特に足を止めることなく黙々と通り過ぎていきます。

ニューヨークでは良くある光景だよね~、と思った次の瞬間、まさかの「共演者」が登場! それは、〇〇〇軍団だったのだ!!

→ 続きを読む

浜崎あゆみによる「Movin’ on without you」のライブ映像がめちゃ話題 / ネットユーザーの声「意外にいい」「あゆは別格」

浜崎あゆみさんによる「Movin’ on without you」のライブ映像が、インターネット上で話題になっています。1月2日に動画共有サイトYouTubeに投稿されてから、すでに14万6000回以上という再生回数を記録。インターネットユーザーからは「意外にいい」や「あゆは別格」など、好意的な意見が多くあがっています。

→ 続きを読む

【サマソニ報告】いつもは洋楽しか聴かない記者が興奮した「邦楽アーティスト」ベスト5

先日8月16日(土)17日(日)、東京と大阪で行われた国内最大級の都市型音楽フェス、サマソニこと「サマーソニック」。当サイトでたびたびフェス好きをアピールしている記者、今年数年ぶりに、サマソニに参加してまいりましたよ! 

向かったのは千葉マリンスタジアムおよび幕張メッセにある、東京会場。しかしながら、「コレだけは絶対に観たい!!」というアーティストは1日目に出演する米ヒップホップグループ「De La Soul(デ・ラ・ソウル)」のみというユルさだったので、今回はサマソニならでは、充実しまくりの邦楽アーティストを中心にライブ行脚を決行することに。

→ 続きを読む

【刺激的な夏を】お化け屋敷をそのまんまバーにした「怪談ライブBAR」に行ってみた / 本当に…涼しくなる結果が…

8月もあと残り半分になりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

異国の地へ旅に出かけたり、海へ出かけたり、ときにはライブにあけくれ、そしてBBQを楽しむ。ステキな出会いもどんどんやってくる!! 今年の夏は一生の思い出になりそう、というリア充のみなさんはもちろんですが……、

何もないまま夏が過ぎ去ろうとしている皆さま、仕事が忙し過ぎて夏季休暇がとれないままになっている皆さまに、ぜひオススメしたい場所があります! それは夏の風物詩「怪談」を60分で思う存分味わえちゃうバー「怪談ライブBARスリラーナイト」!!

本格的な怪談ライブが体験出来ちゃうこのバーは、元々は札幌・すすきのにあったのですが、お化け屋敷のような斬新すぎる店内とリーズナブルに楽しめる怪談ライブが話題を呼び、一時期予約をしなければ入れないほどの人気店に! そして今年5月、満を持して東京・六本木に進出したのです!

怖がり過ぎてお化け屋敷を全速力で走り流血事件を起こした過去を持つ記者ですが、「バーなんだから余裕でしょ!」とお守り握りしめて早速取材にいってきました! (恐がり人はこの記事を読んで予習してから挑戦してね)

→ 続きを読む

【フジロック’14】今年の記者的ベストアクトTOP5はこれだ! ロック・ダンス・ジャム・ヒップホップと今年も大満足なラインナップ!

フジロック最大のお楽しみ、それは言わずもがな、100を超える国内外アーティストが魅せる、圧巻のライブパフォーマンス!

お目当てのアーティストにまっしぐら、あるいはあらかじめ予習しておいた、気になるアーティストをチェック。そういった楽しみ方が、おそらく夏フェス参戦定番の、ライブ鑑賞パターンなのではないでしょうか。

ですがフジには、また別の楽しみ方があるの。「ふらりと通りすがったステージから聴こえたライブ、足を止めしばらく堪能してみたら、コレが意外とよかった!」

このような予期せぬ出会い、それこそがフジロックライブ鑑賞における醍醐味だと、記者は思うのですよ!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2