「侵入者」にまつわる記事

大使館に侵入して捕まったのは…ハリネズミ! 取り調べで噛み付くなど反抗的な態度が見られたものの、証拠不十分で釈放されたもよう

2017年4月10日、「在クウェート日本国大使館に予期せぬ侵入者が!」との第1報を伝えたのは、クウェート大使館の公式インスタグラム。

「セキュリティスタッフが侵入者をとらえました」というコメントとともに “犯人” の姿が公開されていたわけなのですが……おや? これはどこからどう見ても、ハリネズミではないですか!!

→ 続きを読む

ボールボーイかと思ったら…イグアナやないかーい! テニス「マイアミ・オープン」試合中に起きた珍事にドッキリ

野球やサッカーなど、スポーツの試合中に予期せぬ侵入者が現れることは稀にありますが、これほどまでに “珍妙な侵入者” は類を見ないかも!?

事件の現場(?)となったのは、アメリカ・フロリダ州で行われていたテニスの試合、マイアミ・オープン。男子シングルス1回戦、ドイツのトミー・ハース(Tommy Haas)選手とチェコのイリ・ベセリ(Jiri Vesely)選手の試合中にスコアボードに突如出現したのは、大きなイグアナ

→ 続きを読む

【注意喚起】鍵はむやみに他人に見せてはならぬ! 合鍵を知らない間に作られてしまう可能性があるのです

先日、警備サービス会社「セコム」がツイッターにこんなツイートを投稿しました。

「9月に松山市マンションで女子大生の部屋に男が侵入、鉢合わせし逃走。 翌日警察は自首の男44歳を合鍵使い侵入の住居侵入容疑で逮捕。男は事前に女性宅訪問。管理会社社員装い鍵見せさせ製造会社と刻印ナンバー覚えインターネットで合鍵注文。」

セコムは同時に「鍵は人に見せない用心を」と注意喚起しています。というのも、合鍵は元になる鍵がなくても、番号と製造業者がわかれば作れちゃうようなのです。

→ 続きを読む

歴史に残る犯罪は数多くありますが、これから紹介するエドワード・ジョーンズのお話は、有名人をターゲットにした「ストーカー」の先駆けです。彼はわずか14歳のときに、バッキンガム宮殿に忍び込みヴィクトリア女王の下着を盗みました。しかしどうやら彼の目的はヴィクトリア女王ではなく、宮殿そのものにあったらしいのです。

→ 続きを読む