「先生」にまつわる記事

新任の先生がラップで「ウェルカム」♪ 新4年生に向けて作られたオリジナルMVが素敵です

気がつけば、もうすぐ9月。日本では4月から学校の新年度が始まりますが、アメリカでは9月から新年度が始まります。

新4年生を歓迎するべくYouTubeでラップを披露したのは、アメリカはイリノイ州にある小学校「Jane Stenson School」のドウェーン ・リード (Dwayne Reed)先生!

→ 続きを読む

飼い猫を亡くしたばかりの先生を励ますため生徒たちがサプライズ! ネットの声「泣いちゃったよ……世界は優しさで溢れているね」

米テキサス州フォートワースにある高校、 Joshua High School に通う女の子たちが、大好きな先生へサプライズ! その一部始終をとらえた動画がツイッターに投稿され、全米を中心に話題になっているみたい。

海外サイト「Fox 59」の報道によれば、こちらの高校に勤務する数学の教師、アンドリュース(Andrews)先生は、飼っていた16歳の猫ブロンディ(Blondie)を先週亡くしたばかり。

→ 続きを読む

悲劇? それとも喜劇!? 「酔っ払い」体験ができるGoogleグラスを装着した生徒が先生にハイタッチしようとした次の瞬間……!!

14歳の少女が装着したのは、「酔っ払っている状態」をバーチャル体験することができるGoogleグラス。彼女はこれから、 “指定された線の上を上手く歩く“ というミッションに挑戦します。

線が途切れる場所、ゴール地点で待つのは、授業を行っていた保健の先生。

果たして彼女は無事に歩ききることができるのでしょうか。ハラハラしながら見守っていたところ……最後の最後に、あってはいけないアクシデントが起こってしまったのであります!

→ 続きを読む

水上学校のイケメン先生が日記を通じて恋に落ちる感動作! タイ映画『すれ違いのダイアリーズ』の監督に直撃インタビュー!!

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の監督を直撃インタビューします。

今回、直撃インタビューしてきたのは、タイ映画『すれ違いのダイアリーズ』(2016年5月14日公開)のニティワット・タラトーン監督です。

本作はタイで大ヒットし、米・アカデミー賞外国映画賞のタイ代表になった作品。日本では2014年の東京国際映画祭や「したまちコメディ映画祭 in 台東」でも特別上映され、満を持していよいよロードショーです。

水上学校の教師が、日記に癒され、その日記の持ち主に恋をする……という王道のラブストーリーながら、恋愛、女性の生き方、教育など様々なエピソードが心に残る『すれ違いのダイアリーズ』。プロモーションで来日したニティワット・タラトーン監督に聞いてきました。

→ 続きを読む

まるで「天使にラブソングを」みたい! 生徒たちに混じってキレッキレのダンスを披露する校長先生がスゴいっ!

DLOWの “Bet You Can’t Do It Like Me Challenge” に合わせて、激しくダンスする制服姿の生徒たち。その後ろで負けじと踊る、背広姿のひとりの紳士。いやぁ、ノリノリじゃないっすか。なんとこの方、校長先生らしいですよ!?

この先生、アメリカでは超有名な人物で、名前はロン・クラーク。これだけのダンスを披露できるとなれば、有名になるのは当然のような気もしますよね。でも、彼の名を知らしめているのは、このノリの良さだけではないんです。

→ 続きを読む

「テストの採点に赤ペンを使うべきではない」とコロラド大学の学者が発表! 赤文字が子どもたちに及ぼす影響とは!?

小学校のころのテストの採点。大学のときのレポートの添削。私たちの学生時代を振り返ってみると、先生たちが使っていたのはいつだって赤ペンでした。

ところが、イギリスのニュースサイト「Mail online」で見つけたのは、「テストや宿題の添削に赤ペンは使うべきではない」という記事。それはいったいどうして? それじゃあ何色だったらよいっていうの!?

→ 続きを読む

こんな占いは困っちゃう

今の時代、占いがあふれている。朝テレビを付ければ占い、雑誌を開けば占い、外を歩けば新宿の母に行列。これだけ占いが増えれば、おかしな占いもあるはずだ。こんな占いは困っちゃう、という占いをあげてみた。 → 続きを読む