「原発」にまつわる記事

福島原発事故の関係者が総出演する原発ドキュメンタリー映画「無知の知」が気になる

「東日本大震災から約3年の月日が経った。だが私は、何が正しいのか、何もわからずにいる」

本日ご紹介するのは、11月1日から東京・ポレポレ東中野ほかで公開されているドキュメンタリー映画、「無知の知」。

原発事故後、原発そのものに疑問を持ったという石田朝也監督が、福島の人々や震災当時の内閣関係者、原子力工学者や太陽光発電関係者など、様々な人々にインタビューを決行。それらすべてを記録した、注目の作品です。

→ 続きを読む

【原発事故もうすぐ3年】旧警戒区域で動物たちと暮らす男性のドキュメンタリー『原発20キロ圏内に生きる男 続編』が公開

もうすぐ3月11日、東日本大震災発生から3年が経過することになります。そして、あの福島原発事故からも。

これほど月日が経っても、未だ震災の爪跡は根深く、こと原発事故にいたっては、その解決まで途方もない時間が要されているというのが現実です。

本日ご紹介するのはメディアカンパニー『VICE JAPAN』が制作したドキュメント映像、原発20キロ圏内に生きる男 続編

→ 続きを読む

理屈抜きに胸に響く……本質をずばりととらえた台湾の反原発CMが話題に

2011年に起きた東日本大震災、そしてその後起きてしまった福島原発事故。わが国ではこの事態を受け、「原発は必要か否か」という議論が今もなお継続して行われています。

そんな中、台湾で放映されている反原発を訴えたCMが、ツイッターなどを通じて話題になっている模様。理屈抜きに胸にズシンと響くその内容に、原発問題について改めて考えようとする人が増えているようなのです。

→ 続きを読む

豪ABC放送が取材し放送した「福島第一原発4号機の燃料プール問題」が衝撃的 / 腕時計型カメラでの潜入映像も

いまの日本が抱える大きな問題、それが「原発」。つい先日の7月1日には、福井県にある関西電力大飯原発3号機が再稼働。全国各地で再稼働に反対するデモが行われたのは記憶に新しいところです。

そんななか、オーストラリア放送協会(ABC)が取材・放送した、福島第一原発4号機の燃料プール問題についてのニュースが注目を集めています。

有志によって日本語の字幕が付けられた動画「(豪ABC) 4号機燃料プールの危険性について」もYouTubeには公開されているので、気になる人は要チェック。どんな内容なのかというと……

(「」内は動画に表示されている字幕を引用)

→ 続きを読む

食品の放射線量って、どうやって測るの? 放射線モニタリングセンターへ行って来たぞ!

大気中の放射線量を測るには、主にガイガーカウンターという専用の測定器で測定することは、もう皆さんご存知のはず。

でも、もっと気になるのは毎日食べる食品に含まれる放射濃度なんですよね。ガイガーカウンターでは、食料や水に含まれる放射性濃度を測ることはできないし……じゃあ、いったい、どうやって測定したらいいの? → 続きを読む

各テレビ局が放送拒否? 放送されなかった『通販生活秋冬号』のCM「原発国民投票」の真相に迫る

― 原発、いつ、やめるのか、それともいつ、再開するのか。それを決めるのは、電力会社でも役所でも政治家でもなくて、私たち国民一人一人。通販生活秋冬号の巻頭特集は、『原発国民投票』―

名優、大滝秀治さんのナレーションが自然と心に沁みてくる、シンプルな映像が印象的な、『通販生活秋冬号』(株式会社カタログハウス)のCMが今、話題を集めています。 → 続きを読む

東京電力が福島原発作業員の食事無償提供を打ち切り / ボーナス出るのに理解不能との声も

現在もいっこうに収束の気配を見せない、福島原発事故問題。復旧の度合いのみならず現場で必死に復旧活動をされている作業員の方たちの健康も心配されるが、目を疑うような報道が本日発売の東京新聞に掲載されていた。

なんと、福島原発作業員へ東京電力から無償で配布されていたレトルトのカレーなどの食品提供を打ち切るというのだ。今後作業員は飲食物について福島県楢葉町にある活動拠点「Jヴィレッジ」で購入しなければならないというが、東京新聞を読んだネットユーザーたちは以下のような怒りの声をあげていた。

→ 続きを読む

東電社員お断りの風俗店がネットで大絶賛される / 店「迷ったがどうしても許せなかった」

一向に事態が収束しない福島原発の放射能漏れ事故。厳しい国民世論は、東電社員や御用学者など、原発推進関係者らへ向けられ続けている。

そんななか、札幌にあるセクシー系メンズエステ『オリーブガーデン』が英断を下した。なんと、「東京電力の正社員お断り」というのである。これに対し、ネットでは絶賛の声があがっている。 → 続きを読む

福島県民のささやかな願いこもった…思わず故郷に帰りたくなる応援ソング

東日本大震災から半年。被災地では徐々に復興が進んでいますが、今でも多くの人が避難所で暮らしたり、ふるさとを離れたり、不安な日々を過ごしています。なかでも福島県は、震災による原発の影響で、風評被害など大きな苦しみを抱えています。 → 続きを読む

文部科学省「放射線量等分布マップ」を発表/土壌の採取地点が近くても濃度に大きな差が生じる

文部科学省は30日、放射性物質の分布状況などについての調査「放射線量等分布マップ」のうち、「放射性セシウムの土壌濃度マップ」を作成、発表した。

同省が発表した、主な調査方法は次の通り。 → 続きを読む

フジTVドラマ「イケパラ」で非難された「LITTLE BOY」のTシャツブランドが判明/コンセプトはアメリカンカジュアル

フジTVのドラマ「イケメンパラダイス2011」(8月7日放送)内で、主演のAKBの前田敦子が背中に「LITTLE BOY」と書かれた黄色いTシャツを着用していた件がネットで非難されている

リトルボーイ (Little Boy)というの は、第二次世界大戦でアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾のコードネーム。そんな話題の渦中にある、Tシャツのブランドが判明した。 → 続きを読む

8月7日に放送されたフジテレビのドラマ「イケメンパラダイス2011」のなかで、主演のAKBの前田敦子が背中に「LITTLE BOY」と書かれた黄色いTシャツを着用していたことがネットで話題になっている。

リトルボーイ (Little Boy)というの は、第二次世界大戦でアメリカ軍が広島市に投下した原子爆弾のコードネーム。奇しくもドラマが放送された前の日6日は、ご存知、広島に原爆が投下された日だ。 → 続きを読む

電気も自給自足…呼吸で自己発電できるマスク登場! ネックレスにもなってオシャレ!!

ブラジルのデザイナー、マルティナ・パグラさんとペドロ・ナカザト・アンドラーデさんが、画期的な発電機を開発しました。

なんと、自分の呼吸で発電するというのです。原発など不要とされる時代が早くも到来したというのでしょうか? → 続きを読む

福島県郡山市。原発から約58キロの県のほぼ中央に位置し、連日2.0マイクロシーベルト前後の放射線量が測定されるなど市民の不安は募る一方です。

しかしながらここでもまた、原発付近から避難に訪れた3000人近い人々が不便な生活を送っています。

郡山市内で、最も避難者数が多い「ビックパレットふくしま」には、富岡町と川内村から約2000人が避難しています。彼らはどのような思いで避難生活を送っているのでしょうか。 → 続きを読む

「ザ!鉄腕!DASH!!」(日テレ)で約10年もの長い間放送を続けてきたDASH村。主にTOKIOメンバーらが、村人たちと共に昔ながらの生活を体験するという趣旨の番組で、視聴者に暖かさや田舎の素晴らしさを思い出させてくれる番組です。

震災後、この村の所在地は福島県浪江町にあることが判明。震度6の地震と大津波、そして原発事故により避難指示が出ており、その後の村人たちの安否が心配されていました。 → 続きを読む

「本当に母乳に放射能汚染はないのか」。

ある市民団体が独自調査に乗り出したところ、被験者の母乳からヨウ素131が検出されて問題になっています。

活動を始めたのは、福島県内の有志が昨年11月に結成した市民団体「ハイロアクション福島原発40年」。福島第一原発1号機が今年の3月26日で40年を迎えたのを機に、「廃炉と廃炉後の地域社会を考え行動しよう」というスローガンの元に発足された団体です。

今回の原発事故で、母乳への影響などの調査がされていないことを不信に思った彼女たちは「母乳調査・母子支援ネットワーク」を新たに発足。自分たちで調査に乗り出しました。 → 続きを読む

3月11日、福島県いわき市でも震度6強の強い揺れが大地を揺るがし、大津波が海岸地域を直撃。そういえば、全国のワープロ愛用者たちがこぞって修理を依頼しているというワープロ修理専門店の所在地も、確か「いわき市」だったはず。今、あの店はいったいどうしているのでしょうか。 → 続きを読む

東日本大震災の被災者を招いて徹底討論する様子が収録された、11日午後7時放送予定の「ビートたけしのTVタックル春の3時間SP」(テレビ朝日系)。この収録でタレントのビートたけしさんが原発事故について持論を展開したことをサンケイスポーツが伝えています。 → 続きを読む

なんと、福島原子力発電所で働くアルバイトを募集しているそうです。今、地上で最も危険でデリケートな施設として世界中から注目されている原発の作業員を、にわかに雇われたアルバイトが安全に務められるのでしょうか? → 続きを読む

福島第一原発からおよそ200キロに位置する東京都でも、微量ながら飛散し続けている放射性物質。日々数値が減少しているとはいえ、こうなった以上はうまく対処するしかありません。はたして、普段の生活を送る上で何が良くて、何をしてはいけないのか?

放射線量の高い福島県は、長崎大学大学院の山下俊一教授と高村昇教授を放射線健康リスク管理アドバイザーに任命。県民を対象に行った説明会で、参加者から寄せられた主な質問と回答をまとめて公表しました。 → 続きを読む

  1. 1
  2. 2