「図書館」にまつわる記事

大学図書館で働く猫「ジャスパー」 仕事内容は疲れた学生たちのハートを日々癒すことニャッ♪

イギリス・ケンブリッジ大学の図書館、マーシャル経済学図書館(Marshall Library of Economics)には、キュートな代理司書が勤務しています。名前はジャスパー(Jasper)、5歳の茶トラ猫の男の子です。

同じく図書館で代理司書として働くサイモン・フロスト(Simon Frost)さんによってこの場所へ連れてこられたというジャスパーは、学生たちの人気者。今では図書館の “公式マスコット” 的存在なのだそうで、イベント「ジャスパーとのティータイム」を開催した際には、実に140名もの猫ラヴァーが集まったんですって!

→ 続きを読む

じわじわと人気が広がる「図書館福袋」って知ってる?  中身は秘密だけど新しい本に出会うワクワク感がそこにはありました

幼い頃から読書が大好き。自分で買うにはおこづかいが足りなかった小学生時代の私は、ひんぱんに図書館を利用していました。

ここ最近の図書館は新たな試みに挑戦しているところも少なくなく、2017年のお正月には全国各地で “図書館福袋” というサービスが実施されていたようです。

福袋といえば “買うもの” と想像しますが、そこは図書館、福袋に入っている本はすべて “貸出し” という扱いです。どんな本が入っているかは開けてみるまでわからないというところに、好奇心をくすぐられちゃいますよね♪

→ 続きを読む

図書館でシンクロナイズドスイミング!? 本棚の間で華麗な技を披露する男性たちの動画にホッコリ和みます

先日リオオリンピックが終わったばかりですが、シンクロナイズドスイミングならぬ「シンクロナイズドシェルヴィング(Synchronised shelving)」をフェイスブックで披露してくれたのは、ニュージーランドにある公立図書館「Invercargill City Libraries and Archives」スタッフのみなさん。

図書館の公式アカウントに公開された動画には「2020年の東京オリンピックに彼らを送り出そう!」というコメントも添えられておりますが、はてさて肝心の腕前は? というか、そもそも「シンクロナイズドシェルヴィング」ってなんなのよ!?

→ 続きを読む

子どものころどんなお話が好きだった? 4月23日「子ども読書の日」にちなんで思い出のあの本をもう一度読んでみてはいかが♪

今日、4月23日は「子ども読書の日」だそうです。子どものころに読んだ本って、なぜか記憶に残っているものです。そういえばあのシリーズとか、学校の図書館で借りて読んだなぁ~! って、子どものころを振り返ってみると懐かしい気分♪

あなたにとって、思い出に残っているのはどんな本かしら?

→ 続きを読む

本棚のトンネルの中で読書! 繭(まゆ)のような天井が印象的なメキシコの図書館が美しい

読書を愛する者にとって、図書館は特別な場所。独特の静けさ、ページをめくる音、そして紙の匂い。

それだけでも十分に満足ですが、本日ご紹介する図書館のように、機能性と美しさを備えた構造をしていたら、さらにリラックスできることは確実。とことん本の世界へと、没入できるのではないかしら。

→ 続きを読む

【わくわく】完全閉鎖された空間からあなたは抜け出すことができるか!? この秋 “夜の図書館” で脱出ゲームが開催されるよ~!

昨今流行りの “脱出ゲーム” を、図書館で体感! 耳にした瞬間からワクワクが止まらない企画が、この秋、東京・練馬区にある光が丘図書館にて開催されます。

舞台は、20XX年の魔法国家。隠された謎や暗号を解き明かし、完全閉鎖されたミステリー図書館から脱出を目指す……。

前回開催時の成功率は15%。今回で2回目となる脱出ゲーム「封鎖されたミステリー図書館Ⅱ ~夜の図書館からの脱出~」、ゲームの幕が上がるのは、来たる9月7日(月)、そして10月5日(月)の午後17時40分です。

→ 続きを読む

近所に住んでる方が羨ましい! 芝生で寝っ転がったまま思う存分漫画が読める「京都漫画ミュージアム」が天国すぎる

青々と茂る芝生が広大に広がる、とある場所。見ればそこには複数人がいて、思い思い、寝転がって本を読んでいます。

しかも読んでいる本はすべて、漫画。なにこの天国……どこに行けばこんな贅沢が味わえるっていうの……!?

と、ここまで聞いてピンときたあなたは、関西地方出身者、かも? というのも、この天国みたいな場所の正体は、京都国際漫画ミュージアム。京都市中京区の旧・龍池小学校跡地にある漫画の博物館であるこの施設内では、なんと所蔵されている漫画を、屋外の芝生へと持ち出して読むことができちゃうんですっ!

→ 続きを読む

「晴れた日には空の下で本を」世界の野外図書館&本屋いろいろ

めっきり春めいてきた今日この頃、暖かい日には外で本を読むのも気持ちのいいものです。でも野外にある図書館や本屋って、そう多くありません。 

単純に管理が難しいからだと思いますが、「青空の下での読書は気持ちがいい」って、けっこう多くの人が感じているのではないでしょうか。ということで、今回はそんな野外図書館&本屋の素敵な例をずらっとご紹介します。

→ 続きを読む

シャワーから図書館や水族館まで! 世界の公衆電話ボックスのリユース・アイデアが素敵

携帯電話の普及で、今やほとんど街で見かけることがなくなった公衆電話。これは日本だけじゃなく、世界共通の流れのようです。ふと思い出す公衆電話で話す人々の姿。そこには色んなドラマもあったはずで、何か残念な気もします。

そんな公衆電話ブースですが、撤去するだけが能じゃないのかもしれません。今回は、海外サイトで見つけた「世界の公衆電話リユース・アイデア」をご紹介。素敵なアイデアが沢山ありますよ! 

→ 続きを読む

TIME誌の「2012年ベストブログ25」にも選出! 本フェチなら絶対見るべきブログ「ブックシェルフ・ポルノ」

皆さんは本が好きですか? たぶん、「読書が好き」という人は大勢いるでしょう。でも、図書館や書店の雰囲気がたまらない、本がたくさん並んでいるのを見ると興奮してしまう、という本フェチな人はどのぐらいいるのかしら?

今回ご紹介するのは「BOOKSHELF PORN(ブックシェルフ・ポルノ)」というアメリカのブログ。画像ばかりを集めたサイトですが、とにかくその量が膨大!

→ 続きを読む

すべて制覇したくなる! いつかは行きたい世界の美しすぎる図書館

近年のインターネットの普及で、「調べ物をするため図書館に行く」ということがめっきり減った、なんて方も少なくないのではないでしょうか。

でも図書館って、あの静けさ、匂い、そして独特の時間の流れが、たまらなくイイんですよね。求める本や資料がハナからなくても、ただじっと、そこにいたい。図書館には、そう思わせるなにかがあるように思います。

今回みなさまにご紹介するのは、海外サイト『funcage.com』に掲載されていた、世界の美しすぎる図書館の数々。写真はクラシックなものから近代的なものまで、幅広くチョイスされているようです。

→ 続きを読む

竣工したばかりのシェアライブラリー「co-ba library」へ行ってきたよ

ゴールデンウイーク明けの5月7日、渋谷のコワーキングスペース「co-ba」の上に「co-ba library(コーバライブラリー)」がオープンします。

記者はひと足お先に内覧会へおじゃましてきたのですが、4000冊もの収容が予定されている本棚にはまだ何もない空っぽの状態。これらがすべて埋まったらどうなるんだろう……とワクワクする気持ちになりますよね♪

→ 続きを読む

文庫本サイズがないアメリカの本は場所をとるので気軽に買っていると大変なことに。ということで地元の図書館を愛用しています。オンラインで予約もでき、同じ市内なら自分の希望の図書館まで持ってきてくれるのでとても便利です。 → 続きを読む