「岡田准一」にまつわる記事

超ひらパー兄さん岡田准一を超えるのはアナタ! “茶番” フラッシュモブの仕掛人になって、彼氏に「逆に」サプライズをしかけちゃおう♪

V6の岡田准一さんが園長 “超ひらパー兄さん” を務める大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、新感覚フラッシュモブ「三文芝居」が開催されます。

フラッシュモブというと、突然大勢の人が現れ、踊ったり演奏したりして誰かにサプライズをしかけるもの。そして、この「三文芝居」の主役は他の誰でもないあなた。自らが仕掛け人となって、恋人や友人、家族をあっと言わせられるんですって。しかもコンセプトは「茶番」……!

たとえば、あの映画のように「これってもしかして、オレたちわたしたち、入れ替わってる~?」もやっちゃえそうな「体入れ替わりコース」など、誰もが1度は夢見たことがあるであろう “お約束シチュエーション” を、役者の手を借りて再現できます。

2017年5月13日(土)から6月25日(日)までの土日、計14日間に行われ、参加費はなんと無料! 現在公式サイトで応募を受け付けていますよ〜。

→ 続きを読む

岡田准一が20代から晩年までを演じる映画『海賊とよばれた男』主人公・国岡のことがもっと知りたくなる【最新シネマ批評】

【公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、超話題作『海賊とよばれた男』(2016年12月10日公開)です。百田尚樹の同名原作の映画化。本屋大賞を受賞したベストセラー小説ですからご存じの方も多いでしょう。

出光興産の創業者である出光佐三をモデルにした本作。石油販売で成功した出光氏は、V6の岡田准一氏が演じる国岡鐡造と名前を変えて登場します。カリスマ創業者が何を成し遂げ、どのような人生を送ったのか、20代から95歳で永眠するまでを描いたのが本作。『永遠の0(ゼロ)』の山崎貴監督と主演の岡田が再タッグを組んでいます。

→ 続きを読む

【動画は必見】「コラボ、便利な言葉やで」超ひらパー兄さんこと岡田准一さんがまたエエ感じでイジられてるで!!

大阪府枚方市にあるテーマパーク「ひらかたパーク」、通称「ひらパー」。こちらで “超ひらパー兄さん” として活躍しているのが、V6の岡田准一さんです。

超ひらパー兄さんになって、今年で早3年目。岡田さん主演の映画が公開されるたびにパロディー広告を作ってきた「ひらパー」が、2016年12月10日に新作映画『海賊とよばれた男』が公開されることを受けて、またもやパロディー広告を制作しちゃったようなんですよね。

→ 続きを読む

V6の岡田准一さんが延長コード姿に! 「超(スーパー)ひらパー兄さん」の新ビジュアルがインパクトあってオモシロすぎる!!

大阪府枚方市にある「ひらかたパーク」。そのイメージキャラクターを2013年度からつとめるV6の岡田准一さんが、今年も「超(スーパー)ひらパー兄さん」として続投決定!

このたび「園長、延長」というキャッチフレーズとともに延長コードの着ぐるみを着た衝撃ビジュアルを披露しています。岡田くん……イケメンと延長コード姿とのギャップが甚だしすぎるよ……!!

→ 続きを読む

思わず夜空を見上げたくなってしまう知的ロマンチストな時代劇映画『天地明察』【最新シネマ批評】

【映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します】

今回ピックアップするのは、9月15日より公開する『天地明察』です。主演は岡田准一、宮崎あおいで、演出は『おくりびと』でアカデミー賞外国映画賞に輝いた滝田洋二郎監督。原作は本屋大賞第一位に輝いた冲方丁の同名小説です。

私たちが当たり前のように使っている暦。江戸時代に、この暦にズレが生じていると気づき、新たな暦づくりを任された安井算哲。800年前の唐の暦にズレがあるのはなぜだろう? それは経度差があったためだけれど、当時、それに気づく者はいなかったのです。暦の権利を握るという権力闘争もあり、朝廷は、算哲が人生をかけて何年も調査を繰り返して作り上げた暦を一蹴するのです。そして算哲は、これまでの暦の間違いを決定づけるため、日食に賭けるのですが……。

→ 続きを読む