「平成28年熊本地震」にまつわる記事

【知ってた?】役立つと好評の防災ブック『東京防災』が無料の行政情報アプリ「i広報紙」で配信されているよ!

平成28年熊本地震発生から、もうすぐ1カ月が過ぎようとしています。

今回の地震を機に、防災に対する意識が高まったという方も少なくないことでしょう。そこで、必ず手元に1冊持っておきたいのが、東京都が発行する『東京防災』。

→ 続きを読む

【熊本地震】車中泊・テント宿泊世帯や避難所の乳幼児がいる世帯などにキャンピングカーを無償提供する取り組みを開始

5月3日(火・祝)から、熊本地震被災地の車中泊およびテント宿泊世帯、避難所の乳幼児がいる世帯、ボランティア宿泊者向けに、キャンピングカーの無償貸し出しが行われています。

この試みはライドシェアサービス「notteco」を手がける株式会社ガイアックスによるもの。その第1弾として、5月のGW中に、熊本県益城町、南阿蘇村、益城郡美里町、熊本県内の障害者施設などにて提供を行うというものです。

→ 続きを読む

【未然に防ぐために】避難先では女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVが増加する傾向に / 周囲が目を光らせることが大切です

平成28年熊本地震発生から、10日以上が過ぎました。

熊本市男女共同参画センター「はあもにい」によれば、地震などの大規模災害における避難所や避難先では、困っている女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVなどが増加するのだそう。

「はあもにい」ではこのような被害を防ぐべく、各所と連携して啓発チラシを作成。「ぜひシェアをお願いします!」と同団体のFacebookアカウントにて呼び掛けています。

→ 続きを読む

【熊本地震】急場に役立つiPnoneアプリ『家庭の医学』1900円を無償提供 / 約2,000ページ分を凝縮! 健康度セルフチェックもあり

平成28年熊本地震による被災者に向けて、株式会社保健同人社がiPhoneアプリ『家庭の医学』を期間限定で無償提供しています。

無償提供期間は4月20日(水)から5月31日(火)まで。2,000ページ近い家庭医学辞書を凝縮したこちらのアプリの有償版は1,900円、そう考えると今回の提供がいかにお得であるか、よくわかりますよね。

→ 続きを読む

【熊本地震】ボランティアに行く前に…自分ができることや得意なことを宣言できる「できますゼッケン」を覚えておこう!

2016年4月14日(木)九州地方を襲った「平成28年熊本地震」。時間が経つごとに被害の深刻さが明らかになっています。その状況を知るにつけ「いてもたってもいられない」「ボランティアに行きたい」と考えている方も少なくないのではないでしょうか。

多くのボランティアが全国各地から集まるからこそ、知っておきたい試み。それが、避難所で生活する被災者やスタッフひとりひとりが “自分にできること” を宣言する「できますゼッケン」です。

→ 続きを読む

【熊本地震】紙おむつがないときは「スーパーのレジ袋」が使える! 赤ちゃんがいるなら覚えておきたいアイテムです

2016年4月14日(木)夜に九州地方を襲った「平成28年熊本地震」。大きな災害が起きて運良く命が助かっても「必要な物資が手元にない」といった事態が起こることが予想できます。

特に、幼い子供や赤ちゃんがいる皆さんにとっては「おむつがない」「母乳が出ない」「ほ乳びんがない」「ミルクがない」……想像するだけでも恐ろしい状況です。

もしそのような事態に陥ってしまった時、必ずや役立つであろうアイテムが「北極しろくま堂」ウェブサイトにて紹介されておりました。

→ 続きを読む

【熊本地震】避難所の場所や物資の有無がわかるYahoo!の「避難所マップ」 / 寄付した額が2倍になるプロジェクトも

2016年4月14日(木)夜21時26分ごろ、九州地方でマグニチュード6.4の地震が発生。熊本県益城町(ましきまち)において最大震度7を観測した大規模な地震に対し、気象庁は「平成28年熊本地震」と名付けたと発表しました。「NHKニュース」の報道によれば、地震災害に名前が付くのは、5年前の「平成23年東北地方太平洋沖地震」以来とのことです。

→ 続きを読む