「年齢」にまつわる記事

「SNSと自撮りに関する実態調査」がえげつない…「自撮りをよくする」の割合が年齢を追うごとに急激に減っていくのです

若い世代を中心に絶大な人気を集めているインスタグラム。10代から20代の2人に1人以上はインスタグラムを利用している…… カシオ計算機が10代から40代の女性655名を対象にした「SNSとカメラ・撮影に関する実態調査」では、そんな結果が出ていました。

今回の調査結果でわたしがもっとも興味をそそられたのは、セルフィーに関する質問。「あなたは普段、スマートフォンで自撮り・みんな撮り(複数人での撮影含む)をしますか?」に対して、回答が年齢によってかなりバラつきが出ているんですよ。

→ 続きを読む

孫は生後9カ月、おじいちゃんは…684カ月!? お茶目すぎるじいじの行動と笑顔に癒されます♪

「お誕生日おめでとう!」と祝ってもらっているのは、おむつも取れないちっちゃなベイビー。生後9カ月のお祝いに、おじいちゃんと一緒に、はいチーズっ☆

ベイビーのパパが撮影した「孫とじいじ」のツーショット写真。その写真が海外掲示板「reddit」に投稿されているのですが……よくよく見ると、ベイビーの胸元には「9カ月」、そしておじいちゃんのTシャツには「684カ月」と書かれてるぅ! 

これってもしや、おじいちゃんが生後684カ月を迎えたってことなのかしらね!?

→ 続きを読む

ツインテールって、何歳までOK? 【2月2日はツインテールの日】

2月2日は「ツインテールの日」。日本ツインテール協会が提案し、2012年に日本記念日協会が正式に認定したのだそうです。

恋人たちをつなぐのは2本のゴム。この日は2人の仲がほどけないようギュッと結んで、絆を確かなものとしよう。シングルの人は、ツインテールで日本を元気にしようね!

ツインテールの日が誕生した背景にはこのような意図があるそうなのです。そういや私、ツインテールをしなくなってから、いったいどれくらい時間が経ってるんだろ……。

→ 続きを読む

いくつまで「◯◯女子」って呼んでもOK? 何歳までなら違和感を感じないか聞いてみたところ…!?

ここ数年、20代や30代はもちろん、アラフォー以降のおねえさまたちを呼ぶときも「◯◯女子」と表現するのが主流になっているように思えます。「女子会」という呼び方も、これにバッチリ当てはまるわよね。

さてみなさんは、この「女子」という表現、何歳までなら違和感を感じないでしょうか。

→ 続きを読む

ショック or 大人になった証拠!?「あぁぁ年を取ったなぁ」と感じる瞬間 / ど忘れ・おばさん化・「国鉄」を知っている・思わぬ場所に白いアレ

お誕生日会は楽しいし、年を重ねるのはステキなことだけど、一方で確実に老いを感じる瞬間もありますよねぇ。

そしてそれは「大人になったなぁ」と感慨深いときもあれば、「ゲゲゲッ」とショックを受けるときも……。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、年取ったなと感じる瞬間」についてのQ&Aをご紹介します。

→ 続きを読む

20代から30代の女性5人に1人が職場で「エイハラ」を体験! 話題の「エイジハラスメント」に関する調査結果が興味深い

武井咲さん主演、テレビ朝日系で放送中のドラマ、「エイジハラスメント」。みなさんご覧になっていますでしょうか。

セクハラ、パワハラ、モラハラ。近年ならば、マタハラこと、マタニティーハラスメント。

これらはおそらく、みなさんもご存じであるかと。ですが、エイハラこと「エイジハラスメントが一体どういうものなのかよくわかっていない、おそらくそんな方も、少なくないのでは?

→ 続きを読む

「1歳から100歳までの人たちが順番にタイコを叩く」たったそれだけの3分間の動画がなぜか胸を打つ

性別も富も名声も関係なく、全ての人間に共通する運命。それは「人は生まれて、老い、やがて死んでゆく」ということ。日頃忘れてしまいがちなそんな事実を思い起こさせてくれる動画があります。

タイトルは「順番の人々:1. 年齢(People in Order: 1. Age)。1歳から100歳までの人々が順番に登場して自分の歳を言い、タイコを叩いてゆく3分間。私たちにとって忘れがたい出来事があったこの時期に、ぜひ観ていただきたい動画です。

→ 続きを読む

これは感慨深い…0歳から100歳の人々100名がひとりずつ数字をカウントしていく動画

人はオギャーと生まれたその日から、ひとつずつ歳をとり、やがて死を迎えます。

今回みなさまにご紹介するのは、動画サイト『vimeo.com』に投稿されていた、0歳から100歳までの人々100名がひとりずつ数字をカウントしていく動画『100』です。これを観ていると、人が人生において歩む歴史のようなものを否が応にも感じて、あなたはきっとちょっぴり感慨深い気持ちになるでしょう。

→ 続きを読む