「広瀬すず」にまつわる記事

広瀬すずさん×是枝裕和監督のタッグ再び! 映画のワンシーンのようなファイブミニ新CM『恋よりセンイ。』篇

東京タワーをじっと見つめている、美しい横顔。ふーっと深いため息をついていたのは、女優の広瀬すずさんです。

広瀬さんが出演したのは、2017年5月20日よりオンエアが開始される「ファイブミニ」の新CM『恋よりセンイ。』篇。映画『海街 diary』の是枝裕和監督と再びタッグ、本人役を演じ切る等身大の広瀬さんに、気がつけばつい見惚れてしまいます。

→ 続きを読む

「明日なに着て生きて行く?」のアースミュージック&エコロジーの新CMに鈴木京香さんと広瀬すずさんが登場 / やるせない想いを抱いてバッティングセンターに並ぶ3人に共感

「明日なに着て生きて行く?」というCMのキャッチコピーでもおなじみのブランド、アースこと「アースミュージック&エコロジー(earth music & ecology)」。

このブランドのテレビCMに、女優の宮崎あおいさんがメインキャラクターとして初登場したのは、2010年のこと。「ヒマラヤほどの 消しゴムひとつ〜♪」と、THE BLUE HEARTSの『1001のバイオリン』の歌の一節を口ずさみながら、河原の土手を歩く宮崎さんの姿に、なにか特別なものを感じたのは私だけではなかったはず!

そして2017年3月から公開された春の広告ビジュアルでは、宮崎さんに加えて、鈴木京香さんと広瀬すずさんが新たに登場しているんです。

→ 続きを読む

広瀬すずさんの振袖姿がまるで『ちはやふる』から抜け出てきたみたい! 2年連続で着物専門店「やまと」のイメージキャラクターに

きもの専門店「やまと」のイメージキャラクターが、2年連続で女優の広瀬すずさんに決まったようです。

2017年に創業100周年を迎える老舗の顔に再び抜擢された広瀬さん。2016年12月に新作振袖コレクションとして登場した「かっこいい」「可愛らしい」「クラシカル」「正統派」といった4タイプの着物を、美しく、キュートに着こなしております。おかっぱ風の髪型にもマッチしていて、めちゃめちゃ画になるう!

→ 続きを読む

【可愛さ反則級】広瀬すずさんがショートカットにイメチェン!!  2時間で「いいね」が約5万越えと大反響です

ドラマやCM、映画にひっぱりだこ、大人気の女優・広瀬すずさんのトレードマークといえば、 “おかっぱボブヘア” でしたが、なんとこのたび、映画『先生!』の役づくりのため、ばっさりカット。ショートヘアにイメージチェンジしたみたい!

大ヒットコミックの映画化で、広瀬さんは生田斗真さんとともに、ダブル主演を務めます。

→ 続きを読む

信頼していた人は指名手配の犯人かも…あなたならどうする? 映画『怒り』は人を信じる難しさと苦しみをつきつける【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、2016年秋の邦画の中でも超話題作の『怒り』(2016年9月17日公開)です。原作は吉田修一の同名小説。監督は李相日。映画『悪人』と同じ原作者と監督が再びタッグを組んでリリースしたのが本作で、キャストも豪華かつ実力派の俳優陣が勢ぞろい。まずは物語からいってみましょう!

→ 続きを読む

おしゃれな寺カフェで百人一首の真剣勝負! 「かるたCafe」が大人の部活っぽくて何やらとっても楽しそう!!

広瀬すずさん主演で映画化も決定している人気マンガ『ちはやふる』。その影響でここ数年、競技かるたや小倉百人一首がジワジワと注目を集めています。

今回ご紹介するのは、百人一首の美しさに思いをはせつつ真剣勝負を楽しめるという「かるたCafe」

面白いのは、このカフェがあるのは西武池袋線椎名町駅を出てすぐのところにある「金剛院」。つまり、お寺なんです!!

→ 続きを読む

鎌倉四姉妹のさわやかさが最強すぎる!梅雨のジメジメを吹き飛ばす清らかな映画『海街diary』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという美女4人が共演する話題作『海街diary』です。カンヌ国際映画祭にも出品され、残念ながら受賞はなりませんでしたが、この映画に出演している美人女優たちがレッドカーペットを歩く姿は艶やかで素敵でした。

吉田秋生の同名漫画の映画化でストーリーはシンプル。大事件が起こるわけじゃないけど、とにかく目が離せないのです。そこはさすが数々の名作を残してきた是枝裕和監督作、登場人物たちの交流と心の微妙な変化に目が釘付けになってしまうのです。

→ 続きを読む