「戦争」にまつわる記事

満島ひかり&永山絢斗共演で話題の『海辺の生と死』戦時下の奄美で紡がれる切ない恋と島唄が心に響く【最新シネマ批評】

【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、満島ひかり&永山絢斗共演作『海辺の生と死』(2017年7月29日公開)です。作家の島尾敏雄と島尾ミホの出会いと愛し合う日々を、太平洋戦争を背景に描いた物語です。

と、書くと「戦争映画、重そう……」と思うかもしれませんが、これが全然違います!

いろんな意味で予想を良い意味で裏切ってくれる作品でもあり、とても深くて清らかな恋愛映画です。では物語から。

→ 続きを読む

覚悟して見るべし! 遠くで起きた爆発による「衝撃波」のスゴさと怖さがわかる動画

目視でようやく見えるほどの距離で爆発が起こった、その数秒後。突如爆音と共にカメラを激しく揺さぶったのは、衝撃波!

数多くの戦闘に関するビデオをYouTubeに投稿し続けるユーザー「FUNKER530 – Veteran Community & Combat Footage」による作品に、あなたもきっと大きな衝撃を受けることでしょう。 “衝撃波” だけに、ね。

→ 続きを読む

【今読んでおきたい】広島に落ちた「原爆」を3Dインタラクティブに知ることができるデジタルマップ『ヒロシマ・アーカイブス』

2015年7月は、広島と長崎に原爆が落とされてから、ちょうど70年目に当たる節目のときでした。

このタイミングを機に、首都大学東京システムデザイン学部の渡邉英徳研究室は、広島女学院中学高等学校と共同で、膨大な被爆資料と最先端技術を融合した多元的デジタルアーカイブズ「ヒロシマ・アーカイブ」を大幅にバージョンアップ。

「広島原爆の日」の1カ月前となる同年7月6日に公開された、広島原爆の実相を世界に伝える多元的デジタルアーカイブズ 「ヒロシマ・アーカイブス」を、本日はみなさまにご紹介したいと思います。

→ 続きを読む

今こそ観ておきたい…戦争のむごさと無意味さを塚本晋也監督が描いた『野火』は “忘れたらいけない” トラウマ映画だ【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップしたのは、塚本晋也監督作『野火』(2015年7月25日公開)です。1959年に市川崑により映画化された大岡昇平の同名小説を、塚本晋也監督の脚本、製作、主演により再び映画化。

今や世界の塚本といっても過言ではない塚本監督ですが、この映画は塚本監督、念願の映画化作品です。戦地をさまようひとりの日本兵が体験した世界を描いており、主人公が見た世界を観客も疑似体験できるというか……。かなり衝撃的な映画ですが、戦争をしない国ニッポンが戦争へと傾きかけている今こそ見るべき作品です。

→ 続きを読む

【心霊?】親友の葬儀にダサいドレス姿で出席した兵士の画像に意外な声/心霊写真じゃないか?

ハデな蛍光グリーンのドレスを着た男性。しかし、明るい衣装に対して表情は悲痛です。それもそのはず、彼が訪れたのは墓地。その日はなんと、アフガニスタンで戦死した彼の親友ケビンのお葬式だったのです。

いったいなぜワンピースを着て参列しているのか? その理由が泣けるとネット上で話題になっています。

→ 続きを読む

2日間で1000万回再生! シリアの子供たちの現状を訴える93秒間の衝撃作『今、世界のどこかで起きていること』

3月15日でシリア紛争ぼっ発から3年が経過します。

連日各メディアを通して大きく取り上げられていたシリア紛争ですが、最近ではめっきりその報道も減少、日々私たちの記憶から遠ざかっていることは否めません。

本日みなさまにご覧いただくのは、子ども支援専門の国際組織『セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)』が制作した、93秒間の衝撃的な映像作品今、世界のどこかで起きていること:Most Shocking Second a Dayです。

→ 続きを読む

スピルバーグ監督作品『リンカーン』名演を見せるダニエル・デイ=ルイスが凄い理由【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回は4月19日公開のスティーヴン・スピルバーグ監督作『リンカーン』をピックアップしました。第85回アカデミー賞では最多ノミネートながら、ベン・アフレック監督作『アルゴ』に作品賞も話題も持っていかれてしまった同作品。

が、しかし、やはり最多ノミネートは伊達じゃない。いまこそ見るべき映画であると確信できるし、本作で、アカデミー賞史上初3回目の主演男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイスが、神! のような演技を見せる映画でもあるのです。

→ 続きを読む

イスラエル国防軍の若者たちがアップした、インスタグラム写真に見る「戦場で生きるという現実」

昨年9月より「宣伝活動」の一環として開始された、イスラエル国防軍(IDF)兵士たちによるインスタグラムのアップ。現在もなおパレスチナと衝突中のIDFですが、この試みが開始されてすぐインターネット上で話題になったのは、実際に起きている悲惨な状況とIDF兵士たちがみせる表情のギャップでした。

ガザ空爆により多くの罪のない人々の命が失われているというのにも関わらず、インスタグラムにアップされる写真のほとんどは、そのことを微塵も感じさせない笑顔の兵士たちの姿。当時、「不謹慎だ」などと多くの人々から集中砲火を浴びたことを記憶している方も、もしかしたらいらっしゃるのではないでしょうか。

→ 続きを読む

過去1008年の間に起きた戦争が5分でわかる動画『World Battleground, 1000 years of war in 5 minutes』

人類はこれまで、数え切れないほどの戦争を体験してきました。そして今なお、悲しいことに、世界のどこかで争いごとが続いています。

今回ご紹介するのは、動画サイトyoutubeに投稿されていた、1000年から2008年の1008年間に世界中で起きた戦争を視覚化した映像、『World Battleground, 1000 years of war in 5 minutes』です。映像中にある戦争名のクレジットや爆発の大きさは、戦争の規模を表しているのだそう。そのため観ているだけで、人間が過去に「どこで」「どれほどの規模の」戦争をしてきたかが一目瞭然です。

→ 続きを読む

この100年はまさに『破壊の歴史』だった! 争い続ける人類の歩みを10分で振り返ってみる動画

人類はこれまで、破壊と再生を繰り返して歴史を作ってきたと言っても過言ではないでしょう。戦争や紛争、独裁政治に環境破壊。振り返ればどれをとっても、わたしたちの祖先は決して賢い選択をしてきたとはいえません。

今回ご紹介するのは、動画サイト『youtube』に投稿された、1911年から2011年までの100年を振り返る10分間の映像です。過去100年の間に起きた歴史的な出来事や、その間名を残した多くの人々を知ることのできるこの映像は、人類が歩んできた道が「いかに愚かで血なまぐさいものだったか」ということを、否が応にも強く思い知らされる仕上がりになっています。 → 続きを読む

戦地に赴いた「兵士たちの顔」の変貌ぶりがネット上で話題に!

上の写真をご覧ください。3つの写真の被写体はすべて同一人物です。目や鼻などの各パーツは確かに皆同じようにも見えますが、なぜでしょう。左から右に視線を移していくにつれ、表情が沈み、どんどん老化が進んでいくように感じられますよね。

この画像が今、ネットで話題になっているのです。 → 続きを読む

愛する人の死や幼少時代のトラウマなど、誰にでも忘れてしまいたい記憶のひとつやふたつはあるもの。そんなつらい記憶だけを消せる錠剤が、アメリカで開発されました。

ジョンズ・ホプキンス大学のRichard Huganir教授が率いる研究グループは、つらい記憶が生まれたとき脳のなかでタンパク質が生成されることを発見。タンパク質は分解されやすい物質であり、それを薬で取り除いてしまえばつらい記憶を永久に消去できるのだとか。 → 続きを読む